[IPv6][ISC Kea][自分用メモ] ISC Kea使用環境でstateless DHCPv6でDNS情報が配布されない。その2

2019-04-26 09:57:14AIX、UNIX、LinuxDHCP, DHCP6_SUBNET_SELECTED, DHCP6_SUBNET_SELECTION_FAILED, DHCPd, dhcpv6, ipv6, Kea, linux, RDNSS, stateless, Windows10

先日以下のような記事を書きましたが、ISCのWebサイトをちゃんと確認したところ、この件についてちゃんと記載がありましたね

ISCの関連Webサイトはこちら。

Many DHCPv4 implementations, such as ISC DHCP, make certain assumptions regarding network topology. For example, to serve subnet 192.0.2.0/24 via the eth0 interface, it expects there to be some address from the served subnet configured on the local interface. This is generally not required in DHCPv6; therefore, Kea controls this behavior explicitly. If you want directly connected clients to be served from a certain subnet, please add the following to your subnet definition:

https://kb.isc.org/docs/kea-dhcpv6-design-considerations

太字はこちらで修正しました。 直接接続されたクライアントに特定のサブネットからサービスを提供したい場合は、サブネット定義に以下を追加する必要がある、ということで、先日の記事のようにパラメータとしてインターフェースを指定する必要があるそうです。

"interface": "eth0"