Willcom

ウィルコム沖縄、国内通話定額のオプション「だれとでも定額」 – ケータイ Watch /
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100409_360189.html

月額980円で10分以内の国内全通話が無料――ウィルコム沖縄の「だれとでも定額」 – ITmedia +D モバイル /
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1004/09/news079.html

ウィルコムの子会社であるウィルコム沖縄は、国内の携帯電話や一般電話、IP電話への通話が1通和文10分まで無料となる、「だれとでも定額」オプションを開始しました。

引用元:Impress k-tai

 適用するとウィルコム同士だけでなく、国内携帯電話および、一般電話、IP電話への通話が1通話10分まで無料となる。10分経過後は「新ウィルコム定額プラン」と「新ウィルコム定額プランS」の通話料が適用されるが、10分経過前に一旦切断し、再び電話をすれば何度でも10分間は無料で通話できる。新規契約と同時加入の場合は、初回月額料は無料。


とりあえずウィルコム沖縄限定のサービスらしいですが、親会社のウィルコムが大変な状況の中、このようなサービスを打ち出してきたことに感心するとともに、出来るのであれば対象ユーザを全国にも広げていただきたいものです。
沖縄に在住の方でウィルコムユーザの方、通話をメインで使用されている方はこの機会にオプションの変更を検討してみてはいかがでしょうか?

Willcom

ラウンドアップ:ウィルコム、再生支援決定までの道のり:モバイル – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20410339,00.htm

ウィルコム再生 PHSは継続、XGPは新会社に譲渡 – ITmedia +D モバイル /
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1003/12/news074.html

決定が度々先送りされていたウィルコムの再生支援ですが、ようやく内容が決定したようです。
本業であるPHS事業は継続となり、次世代PHSとしていたXGPについてはソフトバンクとアドバンテッジパートナーズが新会社として譲り受ける形となり、XGPはウィルコムから手放されることになりました。
まぁ、実際、次世代PHSとしてのXGPは、その開発やインフラ整備が大きな負担となっていた面もあるので、これはよい判断といえるのではないでしょうか。

さらにウィルコムは負けじと、PHSパケットが無料になるという次の一手を打ってきました。

PHSパケット通信が無料に:HYBRID W-ZERO3の「新ウィルコム定額プランG」料金改定 – ITmedia +D モバイル /
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1003/12/news064.html

HYBRID W-ZERO 3のPHSパケット料金が無料に、XGP事業はソフトバンクへ譲渡 /
http://japanese.engadget.com/2010/03/12/hybrid-w-zero-3/

引用元:PHSパケット通信が無料に:HYBRID W-ZERO3の「新ウィルコム定額プランG」料金改定 – ITmedia +D モバイル

 新ウィルコム定額プランGでは、当初基本料金の1450円に加えて、利用するパケット通信量に応じて、PHSを使った場合は0円~2800円、3Gデータ通信については0円~5250円を課金する2段階定額制を採用していたが、この改訂により、月額1450円の基本料金を払うだけでPHSを利用したパケット通信が使い放題になる。


今までPHSと3Gを併用すると1,450+2,800+5,250=9,500円(最大使用時)かかることがネックになっていましたが、今回のプラン変更により1,450+5,250=6,700円(最大使用時)になるということで、月額利用料としては、十分良い金額になったのではないでしょうか。少なくともPHSだけを使用するだけであれば月額1,450円で済むというのは非常にインパクトも大きいですし、ウィルコム同士であれば無料であるとすれば、今までよりも十分な訴求力を持ったプランになったともいえるとお思います。

一ウィルコムユーザとしては、今後とも是非ウィルコムには頑張っていただきたいです。

Willcom

ウィルコムが会社更生法申請を発表 負債総額2060億円 – ITmedia プロフェッショナル モバイル /
http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1002/18/news058.html

ウィルコム、会社更生手続開始へ–負債総額は2060億円、サービスはこれまで通り継続:ニュース – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20408825,00.htm

今更な記事ですが、唯一のPHS事業者であるウィルコムが会社更生法の申請を行いました。経営は困難ではあるが、再建の見込みがあるとの見込みがあるとのことで同法の申請となったようです。

会社更生法 – Wikipedia /
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%9B%B4%E7%94%9F%E6%B3%95

当分の間はPHS事業を継続するとのことですが、実際にPHS利用者は少ないと思いますし、ここからどうやって巻き返していくのか気になるところです。

引用元:ウィルコムが会社更生法申請を発表 負債総額2060億円 – ITmedia プロフェッショナル モバイル

 今後は企業再生支援機構とソフトバンク、投資会社のアドバンテッジパートナーズなどの支援を受け、再建を目指す。なお、ウィルコムは利用者に対して従来通りのサービスを継続して提供するとしている。


個人的には現在のHYBRID W-ZERO3の料金プランが3年縛りであること、現在のDoCoMoから借りている3G回線についてもソフトバンク資本が入ることでどうなるのかが気になるのですが。Willcom core 3Gはソフトバンクとかに切り替わることになるのでしょうか?

Willcom

ウィルコムのFeliCa対応PHSで「EX-ICサービス」利用可能に | 携帯 | マイコミジャーナル /
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/19/064/index.html

ウィルコム、モバイルSuicaで新幹線のチケットレスサービスが利用可能に:モバイル – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20406936,00.htm

半年ほど前に「後日対応」とアナウンスされていた、Felica対応PHSでの東海道・山陽新幹線チケットレスサービス「EX-IC」の対応ですが、今年の2月14日から利用可能になるとの発表がありました。
今のところ対応しているのは以下の機種のようです。

WX340K
BAUM<WX341K>

ビジネスなどの利用の多いウィルコムのPHSなので、もうちょっと対応機種を増やしていけばウィルコムユーザにとって利用しやすいサービスの一つになるのではないでしょうか。

ただでさえ、ADRなどを申請するなどして崖っぷちなのですから、積極的に新サービスの展開を行っていただきたいモノです。

Willcom

ウィルコム、PHS+3.5G対応のスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」発表 – ITmedia +D モバイル /
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0911/11/news053.html

ウィルコム、PHSとW-CDMAに対応したHYBRID W-ZERO3を発売–2010年1月より:モバイルチャンネル – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20403397,00.htm

速報:ウィルコム HYBRID W-ZERO3発表、PHSとW-CDMA 両対応(※画像追加) /
http://japanese.engadget.com/2009/11/11/hybrid-w-zero3/

ウィルコムより、PHS・W-CDMAのハイブリット携帯「HYBRID W-ZERO3」発表 : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ /
http://www.gizmodo.jp/2009/11/phsw-cdmahybrid_w-zero3.html

ウィルコムが新型スマートフォン「HYBRID W-ZERO3」を発表、3GとPHSの両方が利用できる世界初のハイエンドモデルに – GIGAZINE /
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091111_hybrid_w_zero3/

高解像度画像で徹底解説するウィルコムの新型スマートフォン「HYBRID W-ZERO3」 – GIGAZINE /
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091111_hybrid_w_zero3_all/

最近くらい話題ばかりのウィルコムですが、遂にWillcomから「Windows Mobile 6.5」搭載のスマートフォンが発表されました。その名も「HYBRID W-ZERO3」だそうで、PHSと3.5Gの両方を搭載した機種になるそうです。
WILLCOM 3Gなどを利用した下り7.2Mbpsにも対応しており、一気に通信速度の問題がクリアされることになりそうです。

引用元:速報:ウィルコム HYBRID W-ZERO3発表、PHSとW-CDMA 両対応(※画像追加)

ハードウェア面ではQWERTYキーボードがなくなり、縦スライド式のテンキーに。あまり好評とはいえなかったイルミネーションキーではなく懐かしのXcrawlが復活しています。液晶タッチパネルは3.5型、解像度は480×854。そのほかオートフォーカス・手ぶれ補正つき500万画素カメラ、Bluetooth、IEEE802.11b/g、GPS、赤外線通信、microSDカードスロットと、さすがにゴージャス。用途不明の「モーションセンサー」なる表記もあります。CPUはQualcomm MSM7200A ARM11(528MHz)。

一方でアプリにOperaの名前はなく、Flash Lite 3.1、撮影写真をPDF化するPDF SHOT、名刺リーダなど。大きさはWILLCOM 03よりほんのすこし大型となる53 x 120 x 16.9mm、重さ158g。色はノーブルブラックとプレミアムゴールド。同梱されるW-SIMはW-OAM typeGに対応する新型のRX430AL。オプション発売されるW-SIM型GSMモジュール CM-G100を用いることで、海外でも利用できます。


今回はキーボードが搭載されないようで、代わりに「テンキースマートフォン」と呼ばれる機構が搭載されるようです。また、利用料金についても従来の料金プランではなく、「HYBRID W-ZERO3」用の料金プランが用意されるとのことです。

引用元:ウィルコム、PHS+3.5G対応のスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」発表 – ITmedia +D モバイル

料金プランはHYBRID W-ZERO3専用のものを提供する予定。詳細は決定していないが、「業界最安の定額サービスを目指す」(ウィルコム)という。


詳細な画像についてはGIGAZINEに掲載されていますので、そちらをご覧ください。
私が所有しているアドエスも丁度2年になるので、来年1月に発売されるのに併せて機種変更をしようかと画策中です。あとはサードパーティから大容量バッテリが出てくれば文句ないのですが。
Willcom信者な方やスマートフォンマニア、アドエスを所有していた方は、是非検討してみてはいかがでしょうか。

gearbest

Willcom

ウィルコムの PHS 電話機で「モバイル Suica」サービスを7月5日開始 – japan.internet.com 携帯・ワイヤレス /
http://japan.internet.com/allnet/20090611/1.html

とりあえず以下の端末だけが対応しているようですが、今後も対応端末が増えていけば便利になるかもしれません。
まぁ、とりあえず「Suica」ユーザでPHSを所有している方は選択肢に入れても良いんじゃないでしょうか?

引用元:Japan.internet.com

現在販売されている対応端末は「WX340K」「BAUM(バウム)」(型番:WX341K)の2機種。


追記

ウィルコム端末向け「モバイルSuica」、7月5日午前4時にスタート – ITmedia +D モバイル /
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0906/11/news052.html

Willcom

ウィルコムメールに「@willcom.com」導入、2009年1月から – ITmedia +D モバイル /
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0810/28/news060.html

ようやくですが、ウィルコムのメールアドレスのドメインが@willcom.comになるみたいですね。
既存のpdx.ne.jpも使えるみたいですが、これで漸く見ただけでWillcomユーザーなのが分かるようになりますなぁ。
この問題って誰かが個人的にドメイン取得したために起きた問題だったような気がしましたが、それを交渉などの所有権が移行したってことでしょうか?

Willcom

ウィルコム、タッチパネルを採用した「WILLCOM 03」を6月27日より発売:モバイルチャンネル – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20375553,00.htm

WILLCOM 03発売日決定!6月27日 – 伊藤浩一のW-ZERO3応援団 /
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/20080618/p5

WILLCOM 03は6月27日発売、6月20日より予約開始 – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/06/18/willcom-03-6-27-6-20/

ついにWILLCOM 03の発売日が決定したようです。
発売日は2008年6月27日のようで、予約は6月20日より全国のウィルコムプラザ、ウィルコムショップなどで開始されるようです。
Windows Mobile 6.1日本語版を搭載した初のスマートフォンだけに色々と期待できそうです。

価格は、W-VALUE SELECTで新規一括購入した場合は63,120円、分割のW-VALUEだと1,650円が毎月割り引かれるそうです。

デザインなどは格段に良いので早く機種変更したいですが、去年の12月に購入したばかりなので、とりあえず1年ぐらいは指を咥えて見ているしかなさそうです。

Willcom

「新つなぎ放題」に月額980円で定額の「話し放題(仮称)」オプション登場(useWill.com) /
http://kamo.pos.to/dpoke/c/willcom-infomation_78.html

ウィルコム、月額980円で070番号へ通話無料の「話し放題(仮称)」を10月より開始:モバイルチャンネル – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20375489,00.htm

新つなぎ放題に通話プランがきた!『話し放題(仮称)』(月額980円) – 伊藤浩一のW-ZERO3応援団 /
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/20080617/p6#tb

10月からではありますが、ウィルコムはなんと月額3880円の「新つなぎ放題」にオプションとして月額980円で話し放題なるプランが追加されるようです。
ということは、3880円+980円=4860円ですか。現行のウィルコム定額プランの5000円よりも安いので吃驚ですね。
しかも4xが使えるとなると、これはもう変更するしかないような気がします。

あー、はやく10月にならないかなぁ。

Willcom

ウィルコムD4は7月11日発売、7月4日から予約開始 – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/06/17/d4-7-11-7-4/

ウィルコム、Atom搭載UMPC「WILLCOM D4」をiPhoneと同日に発売 /
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0617/willcom.htm

発売を延期していたウィルコムD4ですが、遂に発売日が決定したようです。
その発売日がなんと、アップルのiPhoneと同じなようで。これって偶然なんですかねぇ。
たぶん、人気とか販売数でいったら勝負にはならないのでしょうが、それぐらい気合いを入れていると思って、ウィルコムには頑張って欲しいものです。

引用元:Impress PC

 WILLCOM D4は、Centrino Atom、1,024×600ドット(WSVGA)表示対応5型ワイド液晶、OSにWindows Vista Home Premiumを搭載するUMPC。メインメモリは1GB、ストレージは容量40GBの1.8インチHDD、通信機能としてIEEE 802.11b/g無線LAN、PHS(W-OAM対応W-SIM)、Bluetooth 2.0+EDRを備える。

広告