2015-05-01 10:06:31Firewall, Networkauto-ipsec, config, fortigate, FortiOS 4.0, トランスペアレント, バーチャルスイッチ, 設定

https://forum.fortinet.com/tm.aspx?m=113403

購入したFG100Dをようやくラッキングして、テスト稼働に入ったわけですが、ちょっとモードの切替に難儀したのでメモ。

物臭な私は自宅のネットワーク環境を大きく変更したくなかったので、デフォルトのNATモードからトランスペアレントモードで使用することに決め、切り替えようとしました。

2015-04-20 10:13:36Firewall, NetworkFG-100D, fortigate, FortiOS 5.0, IYH

https://ascii.jp/elem/000/000/713/713980/
https://www.fortinet.co.jp/doc/FGT100DDS.pdf

都内某所の某店に現行機種であるFortigate 100Dが入荷したという情報をもらって悩んでいたのですが、入手できるチャンスは早々無いだろうなぁと悩んだ結果IYHしてしまいました。

また、

2015-02-16 16:13:23FirewallFirewall, FreeBSD, m0n0wall

https://m0n0.ch/wall/end_announcement.php

FreeBSDベースのFiewall/Network ソフトウェアであるm0n0wallですが、誕生から12年目の日に開発者から開発の終了のアナウンスがなされました。

2013-05-09 10:28:07Firewall, PC、Gadget300A, fortigate, IYH, Watchguard, x750e, メモリ

UTM系はpolicyなどを書く量にもよりますが、メモリは多めにある方が何かと便利です。
Fortigate 300AはDDR-400 PC3200の256MBが2枚搭載されていますが、これを512MB2枚に交換してみました。

結果としては問題なく動作することを確認しました。

2013-04-25 10:14:46FirewallFirebox, LCD, LCDProc, pfSense, Watchguard, x750e, 液晶

現在自宅でどうにかIPoEの環境で接続できないか試しているのですが、その片手間でWatchguardのFirebox x750eにpfSenseを入れて遊んでいます。

pfSenseはDeveloper版でないと、IPv6に対応していないのでDev版を入れて試しています。

それでなんですが、pfSenseを動かすためにBIOSを改変したところ、筐体に付いているLCDに「booting OS…」と表示されるだけの寂しい状況になっていました。

そこで某方に聞いたところLCDProcなるものがあるということでそのパッケージを導入してみることにしました。

POINT

pfSenseはpackageという形で機能拡張することができます。

2013-04-17 10:11:52Firewall, Network500A, format, fortigate, FortiOS 4.0 disk, log, tftp, フォーマット

Welcome to Fortinet Customer Support Page /
http://emea.fortinet.net/fortinet/iht/index.php (リンク切れ) 

普段常用しているFortigate 500Aはオプションでログ用のHDDを搭載することができます。

しかしながら私のものには搭載されていないので、HDDから購入してくる必要があります。

というわけで秋葉原にて2.5インチIDEなHDDを入手して来ました。生産年月日が10年前になっていますが、まぁ大丈夫でしょう。

2013-03-29 13:40:52Firewall, Networkconfig, fortigate, FortiOS 4.0, HE, Hurricane Electric Internet Services, ipv6, 設定

IPv6で作る夏の思い出 – ipv6labs.jp /
http://negi.ipv6labs.jp/data/ipv6study/ipv6study_20110723.pdf

https://www.sixxs.net/wiki/Fortigate
http://he.net/

ipv6studyの主催をやりつつすっかりご無沙汰だったIPv6に関する勉強なのですが、ようやくやる気が出てきたので実行に移すことにしました。

おおまかなやり方については、以前ipv6studyで講師をしていただたipv6labsさんの資料を参照していただければ助かります。