2019-04-26 09:57:14AIX、UNIX、LinuxDHCP, DHCP6_SUBNET_SELECTED, DHCP6_SUBNET_SELECTION_FAILED, DHCPd, dhcpv6, ipv6, Kea, linux, RDNSS, stateless, Windows10

先日以下のような記事を書きましたが、ISCのWebサイトをちゃんと確認したところ、この件についてちゃんと記載がありましたね

2019-04-24 10:53:21AIX、UNIX、LinuxDHCP, DHCP6_SUBNET_SELECTED, DHCP6_SUBNET_SELECTION_FAILED, DHCPd, dhcpv6, ipv6, Kea, linux, RDNSS, stateless, Windows10

Screenshot_2019-04-24 [Kea-users] DHCPv6, anybody got it working

時間を見つけては、ISC DHCPdからISC Keaへの移行が出来るか設定変更してみています。

とりあえずKeaのAdministrator Reference Manualのサンプルコンフィグを弄った程度で、実際にWindows10なクライアントPCにDNSサーバ情報が設定されるか確認していたのですが、なんかうまくいきません。

2018-06-18 10:26:01AIX、UNIX、Linux, Container, Networkbridge, compose, container, docker, ipv6, ndp, ndppd, proxy

はじめに

しっかりとDockerのipv6周りについては理解していないです。ドキュメントも読んでみたのですが、私の知識不足がたたってか、あまり呑み込めていないです。

Dockerを使用する前から、自宅のネットワーク環境にIPv6を整備しつつあったのですが、機能の一部をDockerに移していたところ、IPv6での疎通がうまくいっていないことをTwitterで呟いていたりしました。

で、改めてチャレンジした次第。

最も参考になったのは以下のWebページ。

2017-12-17 10:21:59AIX、UNIX、Linux, Containerarm, arm64, container, CoreDNS, DNS, docker, github, ipv6, k8s, kubernetes, linux, 設定

Kubernetes(k8s)、触ってます? 私はベアメタル全盛の現場にいるので触ったことすらありません。昔ちょろっとDockerとかやったぐらいで、Container管理とかは全くです。

しかし、実はqiitaを覗いていたところDNSのコンポーネントであるCoreDNSというのを知って、少し興味が出たので触ってみました。

2017-09-10 10:21:40NetworkDS-Lite, IPoE, ipv6, JPNE, Mikrotik, Routerboard, v6プラス

以前からIPoEを使用したIPv6環境を導入しており、IPv6については非常に快適だったのですが、18時から24時までの間のIPv4 PPPoE環境での速度の低下が辛い状況でした。

ということで、IPv4環境側も快適になるように切り替えることにしました。

IPv4 PPPoE環境においても該当時間以外は100Mbpsを超えることもあり問題がなかったのですが、該当時間内については100kbps程度しか出ないこともあり、通常のWebブラウジングはまだ影響が少ないのですが、GithubからソースのCloneやARMボードのOSイメージをダウンロードするのに、かなり支障をきたしていました(仕方がないのでバックグラウンド処理でダウンロードを仕掛けることが多かったです)。

2016-12-26 10:58:54AIX、UNIX、Linuxipv6, IPv6AcceptRA, IPv6PrivacyExtensions, network, systemd, systemd-networkd

systemd-networkd – ArchWiki

最近Ubuntuのネットワーク設定については、systemd-networkdを使用するようにしています。
こちらについては記述が簡単なので重宝しています。

systemd-networkdのオプションについては、ArchWikiがかなりの情報で掲載されているのですが、英語版にしかない記述もあったりで、かなり困ったのでメモしておきます。