うつうつ,サインバルタ,デパケンR,バルプロ酸ナトリウム,リチウム中毒,リモートワーク

身体に悪そうなものは美味しい
名称色・形・記号用法服用タイミング
炭酸リチウム錠200mg「フジナガ」白色夕食後内服薬 2錠
炭酸リチウム錠100mg「アメル」白色夕食後内服薬 1錠
バルプロ酸ナトリウム徐放錠A200mg「トーワ」(デパケンR)白色就寝前内服薬 4錠

先週までは変わらず暑い状況は変わっていませんでした。そのおかげで水分の取るバランスがおかしいのか相変わらず下痢を伴う腹痛が多く辛い状況が続いていました。本当に在宅勤務に救われた感じです。

しかし、週末にようやく涼しさが戻ってきたところで大分体調が戻ってきている感じがありました。なにより腹痛の回数が減っていたのでその分さらに楽になった感じがあります。しかし、それと変わって気圧の変化による頭痛を感じる機会があったので、どの部分がトレードオフになっているのか気になるところです。

服用する薬の種類、量ともに変化なしです。これは結局のところこの季節の変わり目に移行したことによる体調の変化と薬の変化を見極めるのが難しいことから考慮された結果になります。あと涼しくなったことで睡眠もとても楽になった感じなのですが、入眠タイミングが遅くなったこと、睡眠時間が長くなったこともあり、次回から軽い睡眠導入剤が追加される予告がありました。

うつうつ,サインバルタ,デパケンR,バルプロ酸ナトリウム,リチウム中毒,リモートワーク,炭酸リチウム

涼しい朝方と夕方以降に見かけるようになった
名称色・形・記号用法服用タイミング
炭酸リチウム錠200mg「フジナガ」白色夕食後内服薬 2錠
炭酸リチウム錠100mg「アメル」白色夕食後内服薬 1錠
バルプロ酸ナトリウム徐放錠A200mg「トーワ」(デパケンR)白色就寝前内服薬 4錠

一時期に比べれば気分についても症状についても気温について大分落ち着いた感があります。とはいえ内的要因なのか外的要因なのかはっきりしておかないと今後の対応を間違える可能性があるので、どこかにメモしておき後々見直せるようにしておく必要があると思います。

内的要因

  • 業務が相変わらずリモート勤務のため、通勤等のストレスがない
  • 服用している薬の副作用による腹痛などの際に気兼ねなくトイレに駆け込める

外的要因

  • 気温が下がってきて過ごしやすい

服用している薬で言うと炭酸リチウムの下痢症状のおかげで本当に仕事がしづらいです。また外出もしにくいのでそれも、今後炭酸リチウムからバルプロ酸ナトリウムに切り替わっていくことで問題が改善していくと思っていますし、先生もそのつもりのようでした。

ちなみに先週の血液検査の結果は以下の通り。バルプロ酸ナトリウムについて基準値が示されていないのですが、先生に確認した限りでは大丈夫とのことでした。炭酸リチウムについても今後服用量が減るので問題ないだろうとのことでした。

検査項目名称基準値結果値
バルプロ酸ナトリウム60.4
リチウム(S)0.3 – 1.20.46

以前書いた特定薬剤治療管理料ですが、バルプロ酸ナトリウムも対象みたいで、現在はどちらとも服用しているタイミングのためちょっと診療費が多くなっていました。

ちなみにようやく酷暑といわれるような気温から脱したようですが、熱帯夜は相変わらず残っているのでその辺りに注意しておこうと思います。ここからもう少し下がれば外的要因からの影響が減るので気分的にも安定すると期待しています。

うつうつ,サインバルタ,デパケンR,バルプロ酸ナトリウム,リチウム中毒,リモートワーク,炭酸リチウム

最近は暑すぎて姿を見かけないんですけどね・・・
名称色・形・記号用法服用タイミング
炭酸リチウム錠200mg「フジナガ」白色夕食後内服薬 3錠
バルプロ酸ナトリウム徐放錠A200mg「トーワ」(デパケンR)白色就寝前内服薬 3錠

前回、薬の副作用などによる体調不良が酷いことを書きましたが、この2週間は逆に安定していました。激しい頭痛も吐き気もほとんど感じられることがなかったです。

要因として考えられるのは、

  • 炭酸リチウム3錠のバランスがようやく体に馴染み始めた。
  • バルプロ酸ナトリウム2錠が体に馴染み始めた。
  • 暑すぎて体の水分不足だったり下痢だったのが、改善されてようやく規定量摂取できるようになったから。
  • その他生活環境

この辺りは医師にも確認していますが、下痢で水分不足になる、さらに規定量摂取がされないのでさらに調子が悪くなる、辺りが結果として怪しいのではないか、とお話しいただきました。そういう意味ではこのタイミングで体調が安定しているので、医師が結果を想定しやすい範囲でバルプロ酸ナトリウムを増量することになりました。というわけで改めて服用のスケジュールが変わりそうな感じです。

あと、体調の変化について水分量と規定量摂取ができているか確認するため、毎月血液検査することになりました。

うつうつ,サインバルタ,デパケンR,バルプロ酸ナトリウム,リチウム中毒,リモートワーク,炭酸リチウム

8月入るまではまだ元気そうでした
名称色・形・記号用法服用タイミング
炭酸リチウム錠200mg「フジナガ」白色夕食後内服薬 3錠
バルプロ酸ナトリウム徐放錠A200mg「トーワ」(デパケンR)白色就寝前内服薬 2錠

タイトル通りです。

前回からサインバルタが消えて、炭酸リチウムは維持、バルプロ酸ナトリウムが新たに加わったのですが、サインバルタが完全に0になったのもあるのでしょうが離脱症状が大きく出てきました。離脱症状については以前触れたことがありますが、以下のような症状が確認されています。

https://www.lillymedical.jp/ja-jp/answers/71345

私の場合は大きく身体症状としてめまい・頭痛・吐き気が発生し、頭痛は時には七転八倒するぐらい強く出るタイミングがあり平日は仕事にならない時もありました。また、常時めまいもしているためこれはこれで立って作業が出来ないこと、PCを使う作業でも画面を見ていられないなどがあり、さらに常時吐き気がしているという、もうぐしゃぐしゃでした。

また併せて減薬していく予定の炭酸リチウムについても、こちらの副作用である下痢がほぼ毎日強く出ることもあり、服用後すぐにトイレにこもる、すぐに下痢で出してしまうため先生が想定しているよりも薬の効果が小さくなっている可能性がある、腹痛が続くため就寝のタイミングが遅くなった、暑くなってきたこともあり水分不足の心配が出てきた、というもうどうにも日常生活に支障きたしてます。

先生の想定としてはバルプロ酸ナトリウムと追加した分でそちらに影響を行かないようにしてバルプロ酸ナトリウムのいい部分だけ引き出したかったそうですが・・・ まぁ薬の副作用についてはどうしても個人差や体質があるので仕方がない部分もあると思います。先生もサインバルタの離脱症状と炭酸リチウムの副作用がここまで大きく出た人は片手で数えられるほど、とも仰っていたので。

なんにせよこれから暑い夏に本格的に突入することから、水分の問題が出ること、めまいが暑さと相まって襲ってこないか心配であること、吐き気と下痢が収まらないと外出に難儀することから、早く服用する薬のバランスの取れたところに落ち着きたいです。

うつうつ,サインバルタ,デパケンR,バルプロ酸ナトリウム,リチウム中毒,リモートワーク,体力づくり,散歩,炭酸リチウム

太々しいけどかなり体調悪そうでした
名称色・形・記号用法服用タイミング
炭酸リチウム錠200mg「フジナガ」白色夕食後内服薬 3錠
バルプロ酸ナトリウム徐放錠A200mg「トーワ」(デパケンR)白色就寝前内服薬 1錠

今まで長い付き合いになっていたサインバルタカプセルについてついに卒業になりました。個人的には離脱症状っぽい頭痛に悩まされていたのでいいも悪いもあると思うのですが、感情面ではだいぶ効いた気がするのでお世話になった感じです。

また、前々回から吐き気やめまいに苦しんでいる炭酸リチウムですが、先生と相談したところやはり自分には合わないということで、新しい薬に切り替えるべく減薬していくことになりました。代わりに試していくことになるのは「バルプロ酸ナトリウム」、以前まではデパケンRと呼ばれていたものになります。炭酸リチウム同様に”感情の高ぶりを抑える”ことに期待するものらしいのでこちらでは効いてくれるといいなぁと思っています。
またデパケンRは偏頭痛の治療薬としても用いられているようなので、普段の頭痛対策にも効果を期待していたりします。

うつうつ,サインバルタ,リチウム中毒,リモートワーク,体力づくり,散歩,炭酸リチウム

死んだと思ったけど生きてたー
名称色・形・記号用法服用タイミング
サインバルタカプセル20mg淡赤白色 / 微黄白色朝食後服用内服薬 1cap
炭酸リチウム錠200mg「フジナガ」白色夕食後内服薬 3錠
炭酸リチウム錠100mg「アメル」白色夕食後内服薬1錠

前回炭酸リチウムが600mgから800mgに増量になりましたが、医師の懸念通りいきなり200mg増量は体に合わなかったのか服用翌日からリチウム中毒である、”めまい、吐き気、汗を異常にかく、下痢”などの症状が現れ、日常生活に支障をきたすほどだったので思わず処方していただいた薬局に連絡を入れる事態になりました。

もちろん薬剤師さんに薬の増量・減量を判断できるものではないため、とりあえず様子見だが、やはり翌日も同じ症状が続くようであれば病院に連絡してください、ということになりました。まぁ結局はこの2週間は減量もせずに飲み続けたわけですが、本当にめまい、吐き気、発汗は辛かったです。この2週間でも身体は慣れる感じはありませんでした。

で、結局今回医師に相談した結果、700mgへ100mgの減量となりました。これで少しでもリチウム中毒っぽい症状が収まればよいのですが果たしてどうなるやら。しかし、この中毒症状が収まってくれないとおちおち外出にも行けないという・・・

2020/06/24 11:05うつうつ,サインバルタ,リモートワーク,体力づくり,散歩,炭酸リチウム

時期も時期なので近所の紫陽花を
名称色・形・記号用法服用タイミング
サインバルタカプセル20mg淡赤白色 / 微黄白色朝食後服用内服薬 1cap
炭酸リチウム錠200mg「フジナガ」白色夕食後内服薬 4錠

炭酸リチウムが4錠に増えました。これは予定通りの増量なので特にどうのこうの言うことはないのですが、やはり用量が800mgと多いので副作用(眠気、下痢、嘔吐)とリチウム中毒が怖いところです。何かあればすぐに医師と薬剤師さんには連絡を取りたいところ。

サインバルタについては予定通り次回にはなくなる予定です。またそれに合わせて炭酸リチウムについても用量の変化もあるかもしれません。採決も行われる予定なので、血中のリチウム濃度が想定の値になっていることを祈ります。

ちなみに前回から書いている頭痛の件ですが、こちらも医師に確認したところサインバルタの減薬症状というものではない。また現在処方している薬にも副作用として該当するものはない、というコメントを頂きました。ただ、現時点でも頭痛が続いておりかなり辛いものがあります。ロキソニンを服用しても頭痛は全く良くならず、布団などに横になること若干楽になり睡眠を取るのには支障がない、というのが現時点の状況です。天候などでも変化はないので薬の影響だと思うのですが・・・ 少しでも早く頭痛がなくなると助かるんですけどね・・・

2020年6月25日:追記

昨日はリチウムが4錠になってからの1日目でしたが、朝から今までにない大きなめまいおよび頭痛を感じ、ほとんど横になって過ごす一日でした。処方されるときに注意されていたリチウム中毒が怖かったので思わず薬剤師さんに連絡していました。一応2、3日症状が続くようであれば病院の方に連絡しようと思います。