[IYH][HP][PC] メインPCをHP Z230 workstationに変更した。

PC、Gadget
Screenshot_2018-10-14 HP Z230 Desktop Workstation HP® Official Site

今までメインPCとしてはHPのML110 G6を使用していたのですが、さすがに10年落ちに近いものがあり、パフォーマンスに難を抱えていました。

CPUとしては同じ世代のXeon L3426を搭載し、メモリは16GB、GPUは1050Ti、電源も交換済みではありましたが、さすがにwebブラウジングにも問題が出ていました。

ということで物色していたところ、HP Z230に遭遇したのでこれに切り替えることにしました。

詳細なスペック等の情報は以下からどうぞ。

Z2 Tower Workstation - High Performance Desktop PC
The HP Z2 Tower lets you experience server-grade power in a desktop workstation with impressive expandability.

ML110G6もいいサーバだとは思いますがさすがに世代が厳しくなり過ぎました。鼻毛サーバと一世を風靡したサーバも我が家では引退です。
ベンチマークは取得していませんが、以前よりもレスポンスは向上しストレスは下がりました。
CPU比較についてはIntelの公式サイトをどうぞ。

LGA1156 – Wikipedia
Haswellマイクロアーキテクチャ – Wikipedia
インテル® 製品の仕様情報 – 比較

あと地味に嬉しかったのは消費電力ですね。基本的にML110G6に積んでいたストレージやGPUなどはそのまま移植しています。

でその結果は以下の通り。

Screenshot_2018-10-14.png
zabbixでの消費電力のグラフ

以前は170W前後消費していましたが、現在は130W前後と電球一個分ぐらい削減できています(PDUのメーターなので若干の誤差はあると思います)。さすがに最近の製品は省電力化が進んだことの現れでしょうね。あと騒音も少ないです。ML110G6はサーバであったこともありますが、ワークステーションは静かのはありがたいです。ML100G6を使用していた方は分かるかと思いますが、ML110G6はboot時にファンが強制的に高回転で稼働するので騒音がありました。

あとネットワーク周りはIntel I217-LMです。ML110G6はbroadcomでした。好みや良しあしはあるでしょうが、まぁIntelの方が信頼度は高いと思います。以前はオフロードしていても、性能の低さゆえにCPUにまで来ていましたので。

後々、LANの10GbE化とメモリを32GBぐらいにしてあげようかと思います。

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。 Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

AD / 広告
いつか、そのとき、あの場所で。rev.2
タイトルとURLをコピーしました