2018/10/15 11:16PC、Gadgetdesktop,E3-1271V3,HP,hpe,Intel,IYH,L3426,ML110G6,workstation,Xeon

今までメインPCとしてはHPのML110 G6を使用していたのですが、さすがに10年落ちに近いものがあり、パフォーマンスに難を抱えていました。

CPUとしては同じ世代のXeon L3426を搭載し、メモリは16GB、GPUは1050Ti、電源も交換済みではありましたが、さすがにwebブラウジングにも問題が出ていました。

ということで物色していたところ、HP Z230に遭遇したのでこれに切り替えることにしました。

詳細なスペック等の情報は以下からどうぞ。

https://www8.hp.com/us/en/workstations/z230.html

PC、GadgetHP,hpe,iLO3,ML110G7

以前、iLOのファームウェアを1.50に上げた際に日本語パックの適用出来なくなったと書きましたが、今確認したら2012年11月26日付けで日本語パックが出ていました。

https://support.hpe.com/hpesc/public/km/product/5294355/Product#t=DriversandSoftware&sort=relevancy

ということで該当のファイルをダウンロードして、[管理]-[アクセス設定]-[言語]から、日本語パックのアップロードを実行してやることで、iLOが日本語化出来ると思います。

PC、GadgetHP,hpe,iLO3,ML110G7,ファームウェア

https://support.hpe.com/hpesc/public/km/product/5294355/Product#t=DriversandSoftware&sort=relevancy

何気にhpのWebサイトを確認していたら、iLO3ことIntegrated Lights-Out 3の最新ファームウェア1.50が公開されていたので適用してみました。

変更内容及び修正内容については、同梱のREADME.TXTを見るのが手っ取り早いですが、結構内容が盛りだくさんのようです。

ファームウェアの適用自体は問題なく行えたのですが、さらに日本語言語パックを適用しようとしたところ、最新の1.26のuploadには成功するのですが、なぜか適用できていません。LogにもUpload自体が失敗したようなメッセージは出ていないので、言語パック自体が最新のファームウェアに対応していないのかなと思います。

PC、Gadgetfirmware,hpe,Lights-Out 100,ML110G6

https://support.hpe.com/hpesc/public/km/product/3984627/Product#t=DriversandSoftware&sort=relevancy

2012年3月6日でLights-Out 100のFirmwareがupdateされていました。ML110 G6の場合はBIOS(O27)のものが対象のようです。
また対象はML110 G6だけでなくG6/G7世代の幾つかのシリーズが対象のようです。

修正内容としては以下の通りで、VLANの取り扱いに関して修正が入ったり、497日間でシステムがダウンする、といったことなどに対しての修正が入ったようです。

Enhancements/New Features:

Added the capability to support longer DNS name lengths as specified in the DNS specification for remote Keyboard, Video, Mouse Switch (KVMS) functionality when not using the Lights-Out 100 DHCP DNS services.

Problems Fixed:

Resolved an issue where the full range of VLAN IDs could not be configured. The higher IDs were not allowed.

Resolved an issue where a false fan failure event could potentially power down systems that had been on for 497 days. This was a rare circumstance only seen on some systems.

Resolved an issue, which was caused by a memory leak, that could result in the Lights-Out 100 becoming unresponsive.

Known Issues:

It is possible for the user to disable all user accounts from the user administration screen.

SSD、HDD、Storagehpe,microserver,ストレージ

【構築にあたって】

現在、自宅環境にあるESXiサーバのデータストアとして Thecus N4100Proを使用しているが、古いということで性能が出ないこともあって、別のストレージへの移行を検討している。
とりあえず現状で考えている構成案に覚え書きとして残しておく。

ベース:hp Microserver 【購入済み】

https://ja.wikipedia.org/wiki/MicroServer

OS:NexentaStor 3.1.1

https://nexenta.com/

Mem: pqi DDR3-1333 4GB*2【購入済み】

NIC: Intel PRO/1000 PT Dual Port Server Adapter (Low Profile)【購入済み】

https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark/products/50494/intel-pro-1000-pt-dual-port-server-adapter.html

HDD: HITACHI HDS721050CLA362 500GB 16MB【購入検討】

Deskstar 7K1000.C /
http://www.hitachigst.com/portal/site/jp/products/deskstar/7K1000.C/

ザックリと。

  • NexentaStorが3.1.0でVAAIに対応したこと
    • →ただし、ESXiでVAAIが使用できるのは、EssentialかEssential Plus以上とのこと。家庭で使う分には関係ありませんでした。
  • ZFSが使用できること
  • Dual Port NICを使用することで、iSCSIに本体、NIC各々から1ポートずつ割り当てることで、マルチパスで構成
  • 残りの1ポートはService系に接続し、管理用とする
  • いずれはSSDを搭載することで、ZILないしL2ARCを使用することができ、パフォーマンスの向上を図ることが出来る

2011/08/22 21:42PC、Gadgethpe,IYH,ML110G6

今更ですが、あることに使用したくてHP ML110G6をもう一台入手しました。