SSD、HDD、Storage

https://enterprise.watch.impress.co.jp/docs/news/346944.html

HDDのデータ復旧を行っている日本データテクノロジーが、同社へ持ち込まれたHDDについて、メーカーなどで分類しその傾向について公表しました。

引用元:「2008年製はハズレ?」、日本データテクノロジーがHDDのデータ復旧統計を発表 – Enterprise Watch

 それによると、まず、データ復旧依頼で持ち込まれた機器の内訳は、デスクトップパソコンが21.3%、ノートパソコンが19.7%、外付けHDDが32.3%、ユーザー自身が機器から取り外して持ち込んだHDD本体が26.2%、DVDレコーダーなどの録画機器が0.4%。また、HDDのサイズは、3.5型が64.2%、2.5型が34.2%、その他が1.6%となった。
 メーカー別では、3.5型は、Western Digitalが31.5%ともっとも高く、Seagateが22.3%、SAMSUNGが16.7%の順。2.5型は、東芝が32.1%、日立が29.8%、富士通が16.8%となっている。


同社によるとWesternDegital、Seagate、SAMSUNGの2008年製のHDDについて、前年度のものよりも持ち込まれる数量が多いようで、そのことから2008年度製は注意が必要とのことです。ただし、その原因については不明とのことなので、一概に危険とは言い難いようですが・・・。
いつぞやには稼働時の環境との因果関係について、Googleからデータが公表されたこともありましたが、このことと比較してみるのも面白いかもしれません。

2010/02/09 8:56:追記

PC、Gadget,SSD、HDD、StorageHDD,WesternDigital,速度低下

https://skyline798.blog.fc2.com/blog-entry-2175.html
http://nueda.main.jp/blog/archives/004848.html

記事によると、低発熱や省電力性が売りで、且つ手ごろな価格の大容量のWesternDegital製のHDDに、速度が極端に低下する問題が発生しているようです。

2010/01/07 00:52AIX、UNIX、Linux,SSD、HDD、Storagefile system,FreeBSD,FreeNAS,ZFS,ファイルシステム

カテゴリはLinuxとかになってますが、実際は自宅にあるFreeNAS 0.7におけるZFSについてのメモです。

去年、不完全とはいえFreeNASにZFSが取り込まれたことで、Software RAIDからZFSに組み替えたのですが、その時はWDC WD10EADSを3本でRAID-Zで組み替えました。

2009/12/04 01:14SSD、HDD、Storage

インテルX25-M SSD 34nm版に新ファームウェア&アップデータ公開、不具合を修正 /
http://japanese.engadget.com/2009/12/02/x25-m-ssd-34nm/

いつか、そのとき、あの場所で。 Intel、SSD X25-Mの不具合についての経過報告。 /
http://kometchtech.blog45.fc2.com/blog-entry-636.html

いつぞやに起動が不可能になる不具合を抱えて出荷停止などになっていたIntel X25-Mですが、ようやく諸問題を解決した新ファームウェア&アップデータが公開されたようです。
すぐに当てて不具合を解消しましょうとは、今までの経緯を考えると言えないので、よく情報を確認・収集した上で適用してみては如何でしょうか? ファームウェアを適用などは自己責任でお願いします。
しかし、データの保存性などに関わり大きな影響があるので、このような問題は確実に対処して欲しいところです。

2009/11/11 23:59SSD、HDD、Storage

SSDのススメ:インテルか、東芝か――次世代の最新SSDを徹底検証 (1/2) – ITmedia +D PC USER /
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0911/11/news071.html

SSDのススメ:インテルか、東芝か――次世代の最新SSDを徹底検証 (2/2) – ITmedia +D PC USER /
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0911/11/news071_2.html

SSDといえばIntelが主流になりつつありますが、記事によるとOEM市場では東芝が人気だそうで、その両者のSSDをベンチマークテストなどを行いながら性能比較、またHDDとの違いからの有用な使用方法までが書かれています。
最近はストレージにもSSDが搭載されるようになってきていますが、私は未だにSSDのデータの保持性能については半信半疑なので、もうちょっと様子を見ようかと思います。もう少し価格が下がれば試してみたいこともあるのですが・・・。

SSDを購入する目安にしてみるのはいかがでしょうか。

2009/11/09 01:41SSD、HDD、Storage

インテル、34nm版 X25-M SSDの不具合について経過報告 /
http://japanese.engadget.com/2009/11/06/34nm-x25-m-ssd/

先日、速度が向上するとしていたX25-M向けの新ファームですが、どうやら起動が不可能になる問題を抱えていたそうです。Watchできていなくて申し訳ありませんでした。
どうやら、Intelが把握している問題については以下の通りだそうです。

引用元:インテル、34nm版 X25-M SSDの不具合について経過報告

問題の再現には成功した。修正に向けて作業中。
影響を受けるのはWindows 7 64bit 環境。
アップグレードツールを落としただけで適用していなかった場合、今後の告知があるまで見送ることを勧める。
アップグレードツール(v1.3)を使ってすでに02HAへのアップグレードに成功している場合、不具合の報告は受けていない。


影響を受ける環境としてはWindows 7 x64という限定的なものですが、アップグレードしてから普通に認識している場合はこのままでも使用できるとのことですが、認識しなくなっている方については、もう少し修正ファームウェアが公開されるのを待つしかないようです。

追記:2009/11/10

インテル製SSD「X25-M」のファームウェアに不具合――同社は火急の対応を約束 : ストレージ革命 – Computerworld.jp /
http://www.computerworld.jp/topics/storage/167029.html

2009/10/28 00:19SSD、HDD、Storage

インテルX25-M G2 に最大40%高速化&Trim対応の新ファーム、最適化ツール公開 /
http://japanese.engadget.com/2009/10/26/x25-m-g2-40-trim/

インテルは、高速性が謳われるSSD X25-M G2 (34nm版)の新ファームウェアを公開したようです。
今回の主な更新点は、Windows 7でサポートされるTrimコマンドへの対応、ならびにシーケンシャルライト高速化だそうです。実際に適用した結果ではシーケンシャルライトが40%程高速化したとの報告もあるそうです。
また、同時に公開された最適化ツールは、接続されたドライブについて詳細情報の取得や診断スキャンなどが行えるそうです。Trimコマンドに対応しないXP/Vistaに対しても最適化を行うIntel SSD Optimizerを実行すると、購入時のパフォーマンスまで戻るともされているようです。
このSSDを所有されている方は、是非適用することとツールを使用してみては如何でしょうか?