2013-06-12 10:22:47NetworkCPU, Dothan, Intel, Pentium M, Watchguard, x750e

http://ark.intel.com/ja/products/27584/Intel-Pentium-M-Processor-725-2M-Cache-1_60A-GHz-400-MHz-FSB

今更ながら、INTEL Pentium M 725 1.6GHz FSB400MHz L2 2M DothanコアなCPUを購入してみました

購入した理由としては自宅で実験用に使用しているWatchguard X750eのCPUを交換するためです。

X750eは標準ではIntel Celeron M 1.3GHz L2 512KBが搭載されているのですが、2次キャッシュが512KBしかないので、ネットワーク機器としての効率?を上げるためには2次キャッシュを上積みするのと、ある程度クロックを増やした方がいいと思い、今回の換装に至りました。

pfsense_cpu.png

まだパフォーマンスの測定はしていないのですが、温度自体はCeleronと同じ程度のようで標準のヒートシンクの許容範囲内の温度で収まっているようです。
パフォーマンスについては時間のあるときにでも測定してみようかと思います。

2013-05-14 10:07:45PC、GadgetFirewall, Watchguard, x750e, メモリ

IMAG0117.jpg

以前の記事でWatchguard X750eのメモリ交換を実施したが動作しなかった件、実はあれからECC付きのメモリをIYHしたりして調達して試していたのですが、両面実装や片面実装のものでもBootしてきませんでした。

gearbest

2013-05-09 10:28:07Firewall, PC、Gadget300A, fortigate, IYH, Watchguard, x750e, メモリ

UTM系はpolicyなどを書く量にもよりますが、メモリは多めにある方が何かと便利です。
Fortigate 300AはDDR-400 PC3200の256MBが2枚搭載されていますが、これを512MB2枚に交換してみました。

結果としては問題なく動作することを確認しました。

2013-04-25 10:14:46FirewallFirebox, LCD, LCDProc, pfSense, Watchguard, x750e, 液晶

現在自宅でどうにかIPoEの環境で接続できないか試しているのですが、その片手間でWatchguardのFirebox x750eにpfSenseを入れて遊んでいます。

pfSenseはDeveloper版でないと、IPv6に対応していないのでDev版を入れて試しています。

それでなんですが、pfSenseを動かすためにBIOSを改変したところ、筐体に付いているLCDに「booting OS…」と表示されるだけの寂しい状況になっていました。

そこで某方に聞いたところLCDProcなるものがあるということでそのパッケージを導入してみることにしました。

POINT

pfSenseはpackageという形で機能拡張することができます。