ARMAarch64, arm, FriendlyARM, IYH, NanoPC, NanoPC-T3 Plus, S5P6818, Samsung

NanoPC-T3 Plus

先日以下のような記事を書きましたが、搭載されているメモリが少ないことから自分の使い方だとSwapしかしなかったため、結局メモリを増量したNanoPC-T3 PlusをIYHしてしまいました。

AIX、UNIX、Linux, ARMAarch64, arm, FriendlyARM, NanoPC, NanoPC-T3, S5P6818, Samsung

以前に上記のような記事を書いていましたが、その時に用意されたOSイメージは ARMv7 でコンパイルされていたため、ほとんど使用せずお蔵入りのような状態になっていました。

が、気が付いたらOSイメージがAarch64でbuildされるようになっていました。

AIX、UNIX、Linux, ARMAarch64, arm, arm64, cqueue, gdb, kernel, knot, knot resolver, lua, luajit, luaossl, Segmentation fault

1回、2回と続いてきたこのシリーズ。

この問題はluajitがAarch64に対応していないことに起因する問題なわけですが、luajitの開発は少なくとも現在は活発ではないようで、commitなどをほとんどされていないように見えます。

しかしながら最近はAarch64の環境が増えてきたことから、この手の問題で困っている人が増えてきているようで、luajitを含めてlua関連ライブラリのところでは困っている書き込みが良くあります。

knot resolverについても結局は関連するライブラリ側で対応してもらうことになったようです。

2019-07-12 10:31:10AIX、UNIX、Linux, ARMAarch64, arm, arm64, gdb, kernel, knot, knot resolver, lua, luajit, Segmentation fault

6424e1f11032ff2686c026544f1391d6

過去に以下のような記事を書いていました。

先日4.1.0が公開されたのですが、その中でこの問題に対応されたような記述がありました。

2019-01-18 10:14:47ARMAarch64, arm, Armbian, NVMe, Pine64, rk3399, RockPro64

IMG_20190117_164058

RockPro64は、RK3399を搭載したArm SBCなわけですが、どちらかというと開発ボードとしての側面が強い製品です。

で、一応PCIe x4なスロットが搭載されているわけで、かつ公式からはPCIe – NVMe変換ボードやPCIe – SATA変換ボードが販売されています。

Arm SBCは総じてmicroSDもしくはeMMCしかないため、ディスクを多用する場合は弱点となりがちですが、NVMeなどが使用できれば、この弱点を克服することができます。

ということで、今回はNVMeを使用してみることにしました。

ちなみにこの辺りの情報については、海外の方がいくつか情報を出していらっしゃいます。

gearbest

2018-11-22 10:41:18AIX、UNIX、Linux, ContainerAarch64, arm, container, docker, linux, parallel, 並列処理

fancycrave-151127-unsplash.jpg

Docker Engine 18.09リリース、BuildKitの搭載でコンテナビルドのスピードを最大9倍以上に高速化 - Publickey

上記の記事のようにDocker 18.09からBuildKitと呼ばれる、Dockerfileからcontainerを作成するエンジンが正式版になったようです。

今更ながら調べてみると、Experimentalとはいえ、18.06から提供になっていたんですね。知りませんでした。

2018-07-12 21:32:09AIX、UNIX、Linux, ContainerAarch64, arm64, container, CoreDNS, DNS, docker, k8s, kubernetes

https://coredns.io/

k8s(kubernetes)にも採用されているDNSコンポーネントであるCoreDNSが1.2.0にアップデートしました。

以前まではArm64なcontainerイメージを作ろうと思ったら、自分でgo buildするか、Githubで公開されているArm64向けバイナリを、自分でcontainerイメージにする必要がありました。

が、気が付いたらどうやら1.2.0からはオフィシャルでArm64向けのcontainerイメージを作っているようです。

coredns/coredns – Docker Hub

タグとしては「coredns/coredns:coredns-arm64」みたいですね。
これで自分で作る必要が無くなりました。(それにオフィシャルの方がサイズが小さかったです。)

2018-06-14 10:54:16ARMAarch64, arm, arm64, ayufan, Pine64, rk3399, RockPro64

Screenshot-2018-6-10 ROCKPro64 – PINE64

PINE64コミュニティから販売されたRock64の強化版に当たるRockPro64を購入してみました。

詳細は以下の通り。

2018-06-10 10:40:55ARMAarch64, arm, Armbian, H3, Libre, Trutium

Screenshot-2018-6-9 ALL-H3-CC (Tritium)

Libre ComputerがKickstarterで募集していた、Tritium H3シリーズが手元に届いたので開封してみました。

https://libre.computer/products/boards/all-h3-cc/

2018-05-14 10:53:16AIX、UNIX、Linux, ContainerAarch64, arm, container, docker, layer, linux, ubuntu, volume

Screenshot-2018-5-13 docker-compose readlink var lib docker overlay2 invalid argument · Issue #1667 · docker for-mac

相変わらずARM板でDockerしているわけですが、調子が悪くなってしまったので、再度環境を入れなおしておりました。
起動しなくなったり、途中でハングしたりするようになって、まったくうまくいっていないのですが、なんとかKernelの入れ替え等で対応してきました。

そして、Dockerですが、途中から以下のようなエラーが出るようになってしまいました。

ちなみに実行していた環境は以下の通り。