Netbook, Mininote_PC

工人舎、Atom搭載・798gののSC、光学ドライブ搭載のSXシリーズを発表 – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/06/23/atom-798g-sc-sx/

記事によると、モバイルノートなどを販売している工人舎から、Atomプロセッサを搭載したモバイルノートが発表されたとのこと。

引用元:工人舎、Atom搭載・798gののSC、光学ドライブ搭載のSXシリーズを発表 – Engadget Japanese

SCシリーズの基本仕様は7型1024 x 600ピクセルのタッチパネルディスプレイ、Atom Z520プロセッサ、1GBメモリ(増設不可)、60GB HDD。3.2時間駆動の標準バッテリー搭載時の重量はGPS・Bluetooth搭載モデルが820g、非搭載モデルが798g。無線接続は802.11b/g 無線LANおよび一部モデルでBluetooth 2.0+EDR、10/100BASE 有線LANも搭載します。

インターフェース類はUSB 2.0 x1、ExpressCard / 34、SD / MMC / MS対応メディアカードスロット、VGA出力、マイク・ヘッドホン端子。130万画素ウェブカメラ。

SXシリーズは8.9型1280 x 768ピクセルのタッチパネルディスプレイにDVDスーパーマルチドライブを載せたモデル。重量は約4.2時間駆動の標準バッテリー装着時で約1250g。Atom Z520 / 1GBメモリ / 60GB HDDの基本仕様や無線系、ワンセグはSCと同等。SXではExpressCard / 34に加え、SDHC対応SD / MMCカードスロットとアダプタなしで挿入できるmicroSDスロット(SDHC対応) 、メモリースティックスロットを独立して搭載します。またSXでは前面に130万画素のメインカメラ、背面に35万画素サブカメラの2カメラを備えます。


昨今のMSI WindとかASUS Eee PCなどで盛り上がっている市場ですが、なかなか面白い製品がまたひとつ出てきたのではないでしょうか。
ただ、OSがMicrosoft Windows Vistaのようなのでどこまでパフォーマンスがでるのかが心配ではありますね。

7型のSCシリーズは89,800円から、8.9型のSXシリーズは109,800円からだそうで、SCは7月上旬、SXは7月下旬の発売予定です。
7月はミニノートPC市場が非常に熱いものとなりそうです。

2008-06-10 01:25:16Netbook, Mininote_PC

【COMPUTEX/WiMAX Expo】台湾各社のEee PC系低価格ノートを比較:ITpro /
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080609/306878/

現在開催中のComputex Taipei 2008ですが、このなかでは今回多くのミニノートPCが発表されました。
その発表されたものが上記の記事でまとめられています。

色々とあったことをまとめたり、今後出るであろう商品を見定めたりするのに、一読してみるのはいかがでしょうか。

2008-06-05 01:27:47Netbook, Mininote_PC

エイサー、「Aspire One」を発表–低価格ミニノートPC市場に参入:ニュース – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20374596,00.htm

【Acer編】8GB SSD搭載で399ドルのAtom搭載ノート「Aspire one」 /
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0604/comp08.htm

Acer Aspire one ミニノート 、北米版は379ドルから – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/06/03/acer-aspire-one-379/

さてさて、これで何社目ですかね。
今度はAcerから低価格ミニノートPCが発表されました。

この商品もWindowsXP搭載モデルとLinux搭載モデルが出るようで、しかもモデルごとにハードウェア仕様からマザーボードの設計まで異なっているとのこと。

引用元:Impress PC

Linuxモデルは、Atom 1.6GHz、メモリ512MB(オンボード)、SSD 8GB(オンボード)を搭載。また、SO-DIMM×1を装備し、1GBのメモリを増設できる。正確な本体サイズの情報は得られなかったが、手元で計測したところ約247×170×30mm(幅×奥行き×高さ)だった。重量は1kgを切る程度という。発売は6月末で、実売価格は399ドル前後となる見込み。


専用にカスタムされたLinuxでしょうが、簡単に持ち歩くことを考慮しても充分に使用できるのではないでしょうか。Eメールソフトも付いているし、オフィススイートも搭載されMicrosoft Office 2003との互換性もあるようです。

さらに凄いのは、SDカードスロットが付いており、ここのSDカードを挿入するとSSDに組み込まれる形となり、1つのドライブとして使用できるようになるようです。これってLVMの応用なんでしょうか。でも、これで容量不足に悩まされることも少なくなりそうです。

引用元:Impress PC

Windowsモデルは、Atom 1.6GHzと80GBのHDDを搭載。オンボードメモリはなく、SO-DIMM×2を装備し、最大2GBを搭載できる。HDDのスペースを確保するために、底板の手前部分の厚みが若干増すが、本体サイズはLinuxモデルとほとんど変わらない。重量は1.2kg。発売は7月末で、実売価格は499ドル前後(最小構成)となる見込み。ちなみに、写真撮影は許可されなかったが、すでにWindowsが動いている実機もあった。

こちらは取り立てて普通といった感じ。まぁ、充分に使用したい装備がなされているのでいいんじゃないでしょうか。とりあえずオプションで6セルバッテリが用意されており、7時間保つとのこと。これは自分にとって大きなポイントになります。

とりあえず6月、7月はミニノートPCが目白押しです。

2008-06-03 01:18:40Netbook, Mininote_PC

Gigabyte M912 Atom搭載 8.9インチ コンバーチブルタブレット – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/06/01/gigabyte-m912-atom-8-9/

(追記:2008/06/05)
【COMPUTEX/WiMAX Expo】「タブレット付き」のEee PC対抗ミニノート、GIGABYTEが展示:ITpro /
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080604/306337/

今度はギガバイトまでミニノートPCに参入するようです。
とりあえずはComing Soonとの扱いになっているようですが、8.9インチ画面の低価格ノートというのは確実みたいです。
仕様は、

引用元:Gigabyte M912 Atom搭載 8.9インチ コンバーチブルタブレット – Engadget Japanese

8.9インチ WXGA (1280 x 768) LEDバックライト タッチスクリーンディスプレイ
ディスプレイ部が180度回転して画面を外側に閉じられるコンバーチブルノート / タブレット
Intel (Atom) 1.6GHz + 945GSEチップセット
最大1GBメモリ (SO-DIMM x1)
2.5インチ 9.5mm厚 HDD 120~250GB
802.11b/g 無線LAN (mini card接続)、Bluetooth 2.0
USB x3、SDスロット、ステレオスピーカー、1.3Mピクセルウェブカメラ、アナログVGA出力
4400mAhバッテリー、4時間駆動
重さ1.2kg
OSはWindows XP(compliance) 。Linuxもサポート
80鍵キーボード、タッチパッド

ただ、今までのミニノートPCと違って、普通は高額なタブレットPCが低価格で出るとは驚きです。ただ、値段はまだ出ていないので、価格次第でしょうね。安ければ案外に企業さんが買ってくれるようなアイテムになりそうな気がします。


ソニーからOpenBookベースのミニノート登場? – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/06/02/sony-openbook-or-not/

VIAから発売されるOpenBookですが、それをベースにしたミニノートPCがなんとソニーから出るかも、とのこと。
プロパティ表示のところにソニーの名前があったようで、スタッフに尋ねたところ説明を拒否されたようです。
引用元:ソニーからOpenBookベースのミニノート登場? – Engadget Japanese

そこでブースでQuantaのスタッフに尋ねたところ、「すばやくプロパティを閉じて」説明を拒否した、と続いています。OpenBookはVIAが発表したC7-M / VX800ベースミニノートのリファレンスデザイン。Everex CloudBookなど各社から販売されているNanoBookの後継にあたります。

実際はどうなるかは分かりませんが、もしVAIOブランドで出るなら面白いかもしれません。でも、そうなると他の日本のメーカーも参入するということになるんですかね。

(追記:2008/06/04)
ソニーも低価格の超小型ノートPCを発表か?:ニュース – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20374480,00.htm?ref=rss

2008-05-30 01:11:42Netbook, Mininote_PC

デル、Eee PC対抗の低価格ミニノート “mini Inspiron”(仮)を公開 – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/05/29/dell-mini-inspiron/

Acerの低価格ミニノートは「Aspire One」? – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/05/29/acer-aspire-one/

色々なメーカーから発売されるミニノートPCですが、そこにさらに参入するメーカーがあるようです。
Acerからは昨日のVIAノートチックなPCが出るようです。

引用元:Acerの低価格ミニノートは「Aspire One」? – Engadget Japanese

DigiTimesやUMPC Portalの未確認情報を総合すれば名称は「Aspire One」、8.9インチ画面でOSはWindows XP (写真のUIは謎。キーボードには窓キーあり)、製造はQuanta、価格は299ユーロ前後(Eee PC 900のユーロ価格より100ユーロ安い)など。こちらもComputexでのお披露目が期待できそうです。


48,000円ぐらいですかね? 詳細なスペックは分かりませんし日本で発売されるかも分かりませんが、沢山の商品が出てくるようで選択肢が増えて非常に楽しみです。

引用元:デル、Eee PC対抗の低価格ミニノート “mini Inspiron”(仮)を公開 – Engadget Japanese

仕様についても一切公開されていないものの、事前の未確認情報では8.9インチディスプレイ、Windows XP HomeまたはUbuntu、ディスプレイの上にウェブカメラ、8-in-1メディアカードリーダ、デルの既存ラインナップと同様のダイレクトメディア再生ボタン(OSの起動を待つ必要がないあれ)、「多彩な無線接続オプション」、500ドル以下。

こちらもディスプレイサイズは8.9インチを持つようです。価格は52,000円以下ですか。スペックが分からないので何とも言えませんが、こちらも期待できそうです。

ASUS Eee PCから始まったミニノートPCですが(工人舎などもありますが)、ここまでメーカーが本腰を入れてくるとは思いませんでした。今年末から来年にかけてPC業界の起爆剤となるんでしょうかね?

2008-05-28 01:09:34Netbook, Mininote_PC

VIA、新ミニノートOpenBookのリファレンスデザインを公開、CCライセンス採用 – Engadget Japanese / http://japanese.engadget.com/2008/05/27/via-openbook-cc/

チップセットなどで有名なVIAからミニノートPCが発表されました。
実際にはEverexなどの各社から製品化されているNanoBookの後継にあたる機種のようです。

仕様は以下の通り。
C7M-ULVプロセッサ、8.9インチ1024600のディスプレイを採用。
内蔵通信モジュール、USB2.0
3、4in1カードスロット、200万画素ウェブカメラ、4セルバッテリ(3時間駆動)

さらに取り組みとして、ケースデザインをクリエイティブコモンズを利用することで、無償で公開するとのことです。
デザインは至ってシンプルで自分の好みです。あとは発売時期を価格ぐらいでしょうか。
しかし、この分野は色々な商品が次々と投入されるので、どれを買おうか非常に悩ましいです。

写真は参照記事にありますので、そちらをご覧ください。

(追記:2008/05/29)VIA、C7-M搭載ミニノートPCの新リファレンスデザイン /
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0528/via.htm?ref=rss

2008-05-24 01:15:24Netbook, Mininote_PC

世界最安? 250ドルのLinuxミニノートPC – ITmedia News / http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/22/news043.html

最近ミニノートPCではEee PCやHP-mini、MSI Windなどがありますが、それよりも安い価格で販売されているノートPCがあったようです。
香港のメーカーであるBestlinkから出ているAlpha400という機種ですが、400MHzのCPUと7インチディスプレイを搭載しているのだそうです。

スペックは以下の通り。

Bestlink Alphaには128MバイトのRAM、1G~2Gバイトのフラッシュメモリが内蔵される。ストレージは、SDカードスロットから32Gバイトメモリを追加でき、またUSBで最大160GバイトのHDDを接続できる。7インチの「True Color」(通常24ビット)液晶ディスプレイの解像度は800×480だとBestlinkは説明している。

 イーサネットポート経由で、あるいは2基のUSBポートのうち1基にオプションのWi-Fiドングルをつないで、ブロードバンドインターネットに接続できる。ほかにもUSBポートにはGPRS、CDMA、ADSLのアダプタを接続でき、イヤフォン、マイク、マウスのポートもある。サイズは8.3×5.6×1.3インチ(21×14×3.3センチ)、重さはわずか1.5ポンド(680グラム)。カラーバリエーションは6色。

来月の給与次第で買っても良いかなぁ、という感じですね。
因みに価格は$250だそうです。

しかし、この分野は非常に面白いことになっていて、見ているだけで凄い楽しいです。