Ubuntu19.04, disco dingo, ubuntu

そろそろ、Ubuntuの最新バージョンである19.04 (disco dingo) もリリースされて4か月経つのと次の19.10も近づいているのもあるので、手元のUbuntu 18.04な環境を19.04へアップグレードしてみました。

UbuntuCanonical, kernel, livepatch, ubuntu

以前に、Canonical Livepatch Serviceについての記事を書きました。

設定にはひと手間いる感じでしたが、どうやら18.04.3からGUIからサクッと設定できるようになってました。

2019-05-11 19:13:22Ubuntu16.04, apt, aws, repository, ubuntu, xenial, レポジトリ

lightsailなイメージでapt updateしようとしたところ、レポジトリエラーになる現象が。

$ sudo apt update
Ign:1 http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial InRelease
Ign:2 http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-updates InRelease
Ign:3 http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-backports InRelease
Err:4 http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial Release
  404  Not Found [IP: 54.168.13.207 80]
Err:5 http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-updates Release
  404  Not Found [IP: 54.168.13.207 80]
Err:6 http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-backports Release
  404  Not Found [IP: 54.168.13.207 80]
Hit:7 http://security.ubuntu.com/ubuntu xenial-security InRelease
Reading package lists... Done                        
E: The repository 'http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial Release' does not have a Release file.
N: Updating from such a repository can't be done securely, and is therefore disabled by default.
N: See apt-secure(8) manpage for repository creation and user configuration details.
E: The repository 'http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-updates Release' does not have a Release file.
N: Updating from such a repository can't be done securely, and is therefore disabled by default.
N: See apt-secure(8) manpage for repository creation and user configuration details.
E: The repository 'http://ap-northeast-1.ec2.archive.ubuntu.com/ubuntu xenial-backports Release' does not have a Release file.
N: Updating from such a repository can't be done securely, and is therefore disabled by default.
N: See apt-secure(8) manpage for repository creation and user configuration details.

なんじゃらほいということで調べてみることにしました。

2019-03-18 10:10:03Security, UbuntuDNS, DNSSEC, DVE, NXDOMAIN, systemd-resolved, ubuntu

pat-krupa-1186996-unsplash.jpg

ちょいと手元のUbuntu bionicをインストールしていたPCのsyslogを確認していたところ、以下のようなメッセージが出力されていました。

Mar 17 18:04:47 xxxxx systemd-resolved[26858]: Server returned error NXDOMAIN, mitigating potential DNS violation DVE-2018-0001, retrying transaction with reduced feature level UDP.

なんじゃらほいと思ったので確認してみました。

どうやら以下のものがそれみたいです。

2019-02-02 14:17:51Ubuntucrda, dpkg, trouble, ubuntu, wireless-regdb, インストール

yusril-permana-ali-482077-unsplash

自宅環境のLinuxのアップデートをしていたところ、以下のようなメッセージが出力されていることに気が付きました。

dpkg: error processing archive /var/cache/apt/archives/armbian-firmware_5.74.190131_all.deb (--unpack):
trying to overwrite '/lib/firmware/regulatory.db', which is also in package wireless-regdb 2018.05.09-0ubuntu1~18.04.1
dpkg-deb: error: paste subprocess was killed by signal (Broken pipe)
Errors were encountered while processing:
/var/cache/apt/archives/armbian-firmware_5.74.190131_all.deb
E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)


apt – dpkg error: “trying to overwrite file, which is also in…” – Ask Ubuntu

gearbest

2018-06-13 10:58:31Ubuntu18.04, Canonical, kernel, Live, live patch, patch, service, snapd, ubuntu

Ubuntu 14.04ぐらいから提供されていたCanonical Livepatch Serviceですが、アナウンスがあったりしたものの、いくつかのWebサイトで取り上げられている割には、あまり適用したという記事を見かけなかったので、ちょっと自分の環境に適用してみました。

まぁ、そもそもプロダクション環境だと、Kernelを上げるだけでも影響が出たりするので、気軽に適用は出来ないと思いますが、まぁ家は実験環境ということでとりあえずトライしてみました。

2018-06-03 11:11:23Ubuntu18.04, config, ipsec, l2tp, linux, networkmanager, ubuntu, vpn

Screenshot from 2018-06-02 22-10-39

ubuntu 14.04、16.04とUbuntu Desktopを使用した際に、L2TP/Ipsecを使用する方法を調べてきましたが、18.04 LTSでも設定方法はあります。しかし、以前と同様に標準ではその手段は用意されておらず、別途導入する形になります。

しかし、以前よりは導入も設定も簡単になっているような気がします。

過去に取り上げた記事は以下の通り。

2018-05-05 10:52:37AIX、UNIX、Linux, Ubuntubonding, config, interface, netplan, network, ubuntu, ネットワーク

netplan.jpg

Ubuntu 18.04を相変わらずいじっているわけですが、netplanになってから、bridgeインターフェースやbondingインターフェースの設定方法がかなり簡単になっています。

今回はbondingインターフェースをbridgeに所属させる方法を試してみました。

とりあえずnetplanのドキュメントは以下になるでしょう。

2018-04-30 10:37:17AIX、UNIX、Linux, Network, UbuntuDNS, netplan, network, resolv.conf, systemd-resolved, ubuntu

Screenshot-2018-4-29 Ubuntu Manpage resolved conf, resolved conf d - Network Name Resolution configuration

この記事を書いてるタイミングで、Twitterの方ではUbuntu 18.04にアップデートしたときの作業を呟いていたのですが、その中でネットワーク周りの設定をNetworkManagerからnetplanに変更していることをお伝えしていました。

色々と設定していくと、localhostで53/tcp,53/udpが開いていることに気が付きました

調べていくのですが一番最初に気にしたのは、何かとよく出てくるdnsmasqなんですが、これは起動していないことを確認。

2017-05-14 12:55:14Ubuntubug, Jumbo Frame, kernel, network, ubuntu, ジャンボフレーム

5fe99d54-0416-4ecc-a429-c2493805f058.png

Bug #1685612 “Unable to set jumbo frames on Intel I218-V e1000e” : Bugs : linux package : Ubuntu

自宅のサーバはUbuntu 16.04.2を使用しているのですが、KernelをHWEにしてアップデートしたところ、ネットワークインターフェースのジャンボフレームが効かなくなりました。

どうやら最新のKernelで起きる問題のようです。