[追記あり][Zabbix][ActiveCheck] アクティブチェックでステータスが取得不可になった時の、復帰間隔の設定について。

2013/06/24 10:49zabbixActiveCheck,RefreshActiveChecks,zabbix,復帰間隔

ZabbixでNTPのアクティブチェックをするように変更してみたのですが、たまたまサーバを再起動したところ、ステータスが「取得不可」になる事態が発生しました。
該当サーバ上で値が変化するまでは自動的に復帰しないのかなぁと思ったのですが、どうやらちゃんと設定項目が存在するようです。

POINT

デフォルトでは600秒(10分)だったのでとりあえず60秒に、「RefreshActiveChecks」をデフォルトの120秒で様子を見たところ、問題なく復帰してくることを確認しました。

ということで、取得不可の更新間隔と、RefreshActiveChecksの関係は大事だよ、という個人的なメモになってしまいました。

追記:2013年6月24日 20:54

とりあえずZabbix Serverへの負荷も考えて120秒から300秒へ変更してみました。

この記事を書いた人
kometchtech

kometchtech
うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。
Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

Buy Me A Coffee

2013/06/24 10:49zabbixActiveCheck,RefreshActiveChecks,zabbix,復帰間隔