勉強会

東京都内某所にて第10回まっちゃ445勉強会に参加中です。
とりあえず勉強会の内容については後で書くとして、今回のおやつは美味しいです。

091128-153647.jpg

中身は、胡桃のタルトやアップルパイ、京都のワラビ餅があったようです。とりあえずアップルパイを食べましたが物凄く美味しかったです。どうやら皇族の方も買いに来る店だそうで、なんとなく納得しました。

あとさすがに数が数だっただけにお店の商品は買占め状態だったようですが・・・。

雑記

091128-103323.jpg

掲題のとおり。
現在、第10回 まっちゃ445勉強会に参加するべく新幹線で東京へ移動中です。

車窓からたまに見える紅葉がキレイです。特に途中の京都付近はキレイでした。写真を取っておけばよかった。まぁ、来週にでも紅葉を見に行ってこようと思います。

Advanced/W-ZERO3[es]

20091124005525_.jpg

Windows Mobile用「Opera Mobile 10」ベータ版が公開 -INTERNET Watch /
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091119_330018.html

Operaは、11月19日にWindows Mobile用の「Opera Mobile 10」のベータ版を公開しました。
今回の主な更新点は、スピードダイヤル機能が搭載されたり、Opera Turboが搭載されたことにより、随分使い勝手が良くなっています。特にOpera Turboが搭載されたことにより、我が愛機であるアドエスのPHS回線でもWeb閲覧がやや良くなったようにも感じます。これは正式版も楽しみですが、それが出る頃には、HYBRID ZERO3に移行しているのかしれませんが。
あと、バージョン9の時にあった画面をローテートするとアプリが落ちてしまう現象ですが、こちらも今回のバージョンで改善しており、とりあえずの使用にも問題ありません。

アドエス使いの方でOperaに不満があった方は、この機会に是非ベータではありますが、「Opera Mobile 10」を使用してみては如何でしょうか?

Software

窓の杜 – 【NEWS】「Becky!」v2.52.03が公開、送信箱のメールが消えてしまう不具合を修正 /
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20091120_330499.html

Becky!の最新版が公開されたそうです。
今回の更新点は、特定の条件下で送信箱のメールが消えてしまう不具合の修正だそうです。

引用元:窓の杜

 不具合の内容は、送信箱にあるメールを特定の手順で削除・開くなどを繰り返した際にデータの整合性エラーが発生し、その結果送信箱にあるはずのメールが削除されてしまうというもの。
 またそのほか、特定のファイルが添付されたメールを結合できない不具合、クエリー検索の結果画面からメールを移動した際にメール一覧が更新されない不具合なども修正されている。


Becky!のユーザさんは、大事なメールが消えないようにすぐに更新した方が良いかもしれません。

Software

ポピュラーソフト、メールソフトに依存しない誤送信防止ツール – Enterprise Watch /
http://enterprise.watch.impress.co.jp/docs/news/20091118_329747.html

ポピュラーソフト株式会社というところが、メールソフトに依存しない誤送信防止ツール「Popular MailChecker」というのを発売したそうです。

引用元:ポピュラーソフト、メールソフトに依存しない誤送信防止ツール – Enterprise Watch

 Popular MailCheckerは、メール送信時のケアレスミスによる情報漏えいを防止するツール。送信直後に確認画面が起動し、「TO/CC/BCCの間違いやアドレスの入力ミス」「添付ファイルの添付漏れ・間違い・暗号化のし忘れ」「作成中、件名未入力」など、送信内容の確認を促す。例えば、外部ドメインを赤色で、CC/BCCに自動追加されたアドレスを紫色で表示し、これらすべてのチェックがなされるまで送信が保留される仕組み。
 加えて、添付ファイルの自動圧縮・暗号化(ZIP形式)をワンクリックで行える付加機能も搭載する。別途、圧縮・暗号化ツールは不要。事前に設定すれば圧縮・暗号化を自動化することも可能で、各社のセキュリティポリシーに則ったルールを設定できる。


動作の仕組みが書いていないのでよく分からないのですが、メールプロキシのような動作をすることによって、Popupを出すようになっているのでしょうかね。
しかし、対応OSがWindows 7からWindows 2000SP4までと随分広く、また、対応メールソフトもMico_OutlookからOutlook Express、Becky、Shuriken、Thunderbird、秀丸メール、Eudora、Sylpheed、Windows Mailとメジャーどころが殆ど対応していることには驚かされます。

引用元:ポピュラーソフト、メールソフトに依存しない誤送信防止ツール – Enterprise Watch

 対応OSは、Windows 7/Vista SP1以降/XP SP2以降/2000 SP4以降。動作確認済みメールソフトは、Outlook/Outlook Express/Becky/Shuriken/Thunderbird/秀丸メール/Eudora/Sylpheed/Windows Mailなど、「既存のメールソフトのすべてに対応している」(須田氏)という。ただしWebメールは対象外。


惜しまれるのは価格設定でしょうか。とりあえず1クライアント4,980円はちょっと高いと感じてしまうのは私だけでしょうか? 2,010年3月までは半額だそうなのですが、それぐらいが丁度良いような気もします。

自社でもよくメールの誤送信が問題になります。個人情報などもこういうところから漏洩することもあるので、一度自社でも上申してみようかなぁと思います。

gearbest

勉強会

第10回 まっちゃ445勉強会 (まっちゃ445勉強会) /
http://matcha445.techtalk.jp/saturday-workshop/10th-workshop

一週間前になったので、とりあえず。
今回のテーマは「仮想化技術大全」ということで、MicrosoftやOracle、VMware、Citrixなど、仮想化技術大手の方々が来られるそうで、各社の技術を比較しながら考えられそうです。
あとはSun Microsystemsが来れば、仮想化屋さんが一通り揃っちゃいますね(実際はOracleが参加しているので、Sunが含まれているといえば言えるかもしれませんが)。
現在の常駐先でもデスクトップ仮想化のプロジェクトが試験的にスタートしており、VMware ViewとSun Virtualboxを比較しているところなので、是非とも参考になる情報を聞き出してきたいと思います。

とりあえず私的には交通費をどう工面しようか思案中です。年の瀬が近いというのは色々キツいです。次回は是非大阪でも検討していただきたいところです。

あと、今回のおやつは何だろう?

Microsoft、Windows

Windows 7にゼロデイ脆弱性が発覚 : セキュリティ・マネジメント – Computerworld.jp /
http://www.computerworld.jp/topics/vs/167669.html

Windows 7 / Windows Server 2008 R2 Remote SMB Exploit (セキュリティホール memo)

Microsoft Security Advisory (977544): Vulnerability in SMB Could Allow Denial of Service /
http://www.microsoft.com/technet/security/advisory/977544.mspx

マイクロソフトは、Windows 7と2008 R2にゼロデイ脆弱性があることを発表しました。
どうやらファイルやプリンタ共有に使われるプロトコル、SMBに関係するモノらしいのですが、Windows 2000やWindows XP、2003、Vistaには含まれてはいないようです。
次回、12月のセキュリティ情報の際に修正パッチが公開されるとのことですが、それまではTCPの138番と445番をファイアウォールなどで閉じるなどの対処をしておきましょう。

Smartphone

Dell、スマートフォン「Mini 3」を発表――当初は中国とブラジルで展開 : モバイル&ワイヤレス – Computerworld.jp /
http://www.computerworld.jp/news/mw/167649.html

Dellは、Andoroidベースとなるスマートフォン「Mini 3」を発表したそうです。
今までにも噂などはありましたが、どうやら最初はブラジルと中国で展開する予定だそうです。
ただ、発売日やスペックなどは一切公表されていないことから、なんとも判断できませんが、アメリカや日本での販売はあるのでしょうか?

仮想化

ヴイエムウェア、デスクトップ仮想製品の最新版「VMware View 4」 – Enterprise Watch /
http://enterprise.watch.impress.co.jp/docs/news/20091109_327715.html

ヴイエムウェア、デスクトップ仮想製品の最新版「VMware View 4」 – Enterprise Watch(情報元のブックマーク数) – まっちゃだいふくの日記★とれんどふりーく★ /
http://d.hatena.ne.jp/ripjyr/20091112/1257961373

ヴイエムウェア株式会社は、デスクトップ仮想化専用ソリューションの最新版「VMware View 4」を11月20日より販売を開始すると発表しました。
デスクトップ仮想化とは、クライアントPCのデスクトップ環境をデータセンター側で仮想的に一元管理するもので、「VMware View 4」では転送プロトコル「PCoIP」を採用することにより高品質なデスクトップ環境を提供できるとしているようです。

引用元:ヴイエムウェア、デスクトップ仮想製品の最新版「VMware View 4」 – Enterprise Watch

 同社ストラテジックアライアンス テクニカルアライアンスマネージャの名倉丈雄氏は、「PCoIPの特長は、プログレッシブなグラフィックス表示機能。転送する画面情報を判断し、低帯域使用時には低解像度イメージを、高帯域使用時には高解像度イメージを表示することができる。また、テキスト情報に関しては、低帯域でも読みやすいように高解像度で表示するなど、人間が不自然に感じないように帯域幅にあわせて最適化している」と、低帯域でも利用者に違和感を感じさせない画面転送を実現している点を紹介。また、オプションのハードウェアアクセラレーションを利用することで、3D CADなどグラフィックを多用するアプリケーションにも対応できると述べた。


現在、私は常駐している現場では頻繁に部署が変更になることと、物理的に事務所が変更される機会が大変多いため、毎回バカにならないぐらいのPC移動のために経費を計上している問題があるため、デスクトップの仮想化やシンクライアント化がそれを解消するものと期待されているところがあります。VMware Viewなどを導入すればPC移動が発生する回数も少なくなるので、導入されれば良いなぁと思っています。たぶん、来月ぐらいから製品評価する機会もあるのかなと。

個人的にはオプションで用意されるハードウェアアクセラレーションが気になっていて、これが私が考えているとおりの機能を提供してくれるのならば自宅のテスクトップ環境を統合できるのに・・・。

Microsoft、Windows

アプリケーションは「数より質を目指す」–マイクロソフト、Windows Mobile 6.5発表:モバイル – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20403521,00.htm

Microsoftは11月12日、Microsoft Windows Mobile 6.5 日本語版を正式公開しました。また、併せてアプリケーション配信サービス「Windows Marketplace for Mobile」を12月上旬より開始すると発表しています。
国内ではWillcomのHYBRID W-ZERO3などに搭載されることはすでに発表されていますが、今回の更新点は、スタイラスを使用しないでも操作できるように改良されていることと、InternetExplorer Mobile 6を標準搭載していることによる、Webブラウジングの閲覧性を向上させていることのようです。

引用元:CNET

 さらに、スマートフォンに保存した連絡先、予定表、写真などのデータをクラウド上に同期し、容量200Mバイトの範囲でバックアップできる無償サービス「Microsoft My Phone」も特長の1つだ。


Windows Mobileは完全にiPhoneの陰に霞んでいますが、Windows Marketplace for Mobileによってコンテンツが充実し、iPhoneでいうところのApple Storeのようになれば、Windows Mobileの未来は明るくなるような気がします。

Windows Mobile 7 は来年Q3発表? /
http://japanese.engadget.com/2009/11/11/windows-mobile-7-q3/

早くとも次のWindows Mobile 7が来年に出るかもという噂があるようです。
現在までにリークされている情報だと、画面構成が変更されPCのWindowsのようにタスクバーが上から下へ変更になっているようですが、基本的には画面を指で操作しやすい形にもっていくようです。
噂通りに来年に発売されるとしたら、HYBRID W-ZERO3などの6.5搭載機種もアップデートできるのでしょうか?