[自分用メモ][systemd] systemd-networkdのオプションについて。

AIX、UNIX、Linux

systemd-networkd – ArchWiki

最近Ubuntuのネットワーク設定については、systemd-networkdを使用するようにしています。
こちらについては記述が簡単なので重宝しています。

systemd-networkdのオプションについては、ArchWikiがかなりの情報で掲載されているのですが、英語版にしかない記述もあったりで、かなり困ったのでメモしておきます。

systemdファイル

/etc/systemd/network/wired.network
[Match]
Name=enp1s0

[Network]
DHCP=no
IPv6PrivacyExtensions=false
IPv6AcceptRA=false
Address=10.1.10.9/24
Gateway=10.1.10.1

個人的に多く使用するのは以下のオプションです。

  • DHCP
  • IPv6PrivacyExtensions
  • IPv6AcceptRA

[Network]セクションで良く使用するパラメータ

DHCP

「DHCP」はDHCPの使用の有無です。これについては、ipv4としてするだけで、片方のプロトコルのみDHCPを使用するということが出来ます。

IPv6PrivacyExtensions

IPv6PrivacyExtensions」は俗にいうtemporary addressのことです。Desktopなどを使用しているときは重宝しますが、サーバのときは使用しないので、基本的にはfalseにしてあります。systemd-networkdを使用しているときは、カーネルチューニングの「net.ipv6.conf.default.use_tempaddr」が効かないので、こちらで設定する必要があります。

IPv6AcceptRA

IPv6AcceptRA」は、ipv6 RAを受信するかどうかになります。基本的にIPv6環境を構築しているときはルーターなどからRA広告を受けるような環境が多いと思うのですが、こちらについてもstaticで設定する場合は不要なので、falseにしてあります。

上記と同様にカーネルチューニングの「net.ipv6.conf.all.accept_ra」が効かないので、こちらで設定する必要があります。

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。 Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

AD / 広告
いつか、そのとき、あの場所で。rev.2
タイトルとURLをコピーしました