ARMarm, Armbian, Banana pi, sinovoip

Screenshot_2019-07-12-BPI-M64
Banana Pi M64

自分用メモ。

Banana Pi M64をArmbianで使用するとき、デフォルトのままだとkernelエラーで再起動がかかる時がある。

ARM, PC、Gadgetarm, AXP803, Pine64, 昇天, 燃える, 燃焼, 電源

PINE64

ARM Cortex A53(4core)が搭載された格安のARMボード、PINE64を所有していたのですが、電源を投入したところ、煙を吹いて昇天することに・・・

2019-04-22 10:37:41AIX、UNIX、Linux, ARMAlpine, DHCP, DHCPv4, dhcpv6, isc, Kea, log4cplus, server

Screenshot_2019-04-21 Kea DHCP server Internet Systems Consortium

LinuxのDHCPdなツールといえば、最近まではISC DHCPdのほぼ一択の状況でしたが、最近はISCが新たに書き直したKea DHCP serverが推奨されているようです。

早速、テスト環境で構築してみているのですが問題が発生しております。

2019-04-15 13:51:34AIX、UNIX、Linux, ARMarm, chrony, ntp, RTC, SBC, single board computer, 時刻合わせ

Screenshot_2019-04-15 Chrony time synchronization on huge time diff

所謂シングルボードコンピュータ、SBCを触っていると、どうしても時刻がずれます。

というのもRTC(リアルタイムクロック)がほとんど搭載されていないからなのですが、その場合、ntpdやchronyを使用して時間を合わせることになると思いますが、スタートアップの段階で強制的に時刻合わせをするにはどうするのかなと思ったのでメモ。

gearbest

2019-03-01 09:22:10AIX、UNIX、Linux, ARM, Containerarm, container, docker, k3s, k8s, kubernetes, rancher

20190301090311215

最近、もっぱらインフラ関連はkubernetesで盛り上がっていますが、その中でも大きな役割を果たしている企業の一つであるRancher Labsから、必要機能に絞ったうえで軽量化したk8s環境を構築できる、k3sがリリースされました。

米Rancher Labs、エッジ向けKubernetes「k3s」を発表 | OSDN MagazineIntroducing k3s: The Lightweight Kubernetes Distribution Built for the Edge
わざわざ”Optimized for ARM”と書かれている点や、Arm向けにbinaryが用意されていますので、自分の手元の環境のArm板で導入してみました。

2019-01-18 10:14:47ARMAarch64, arm, Armbian, NVMe, Pine64, rk3399, RockPro64

IMG_20190117_164058

ROCKPro64 2GB Single Board Computer – PINE64

RockPro64は、RK3399を搭載したArm SBCなわけですが、どちらかというと開発ボードとしての側面が強い製品です。

で、一応PCIe x4なスロットが搭載されているわけで、かつ公式からはPCIe – NVMe変換ボードやPCIe – SATA変換ボードが販売されています。
Arm SBCは総じてmicroSDもしくはeMMCしかないため、ディスクを多用する場合は弱点となりがちですが、NVMeなどが使用できれば、この弱点を克服することができます。
ということで、今回はNVMeを使用してみることにしました。

ちなみにこの辺りの情報については、海外の方がいくつか情報を出していらっしゃいます。

2018-12-06 09:37:15ARMarm, Armbian, debian, image, Pine64, RockPro64, ubuntu

Screenshot_2018-12-06 RockPro64 – Armbian

Debian/Ubuntu系のArmイメージとして有名なArmbianですが、開発が続いてたRockPro64向けのイメージが来ていました。

2018-12-03 12:12:56AIX、UNIX、Linux, ARM, Container, Networkconfig, DNS, linux, load balance, nginx

2018120311253213c

だいぶ前から、最近は採用がとても多いproxyソフトウェアであるNginxでUDPのproxyが出来るようになっていました。
また公式にも一応DNSのロードバランスについて記事があったので、自分の環境でも試してみました。

Load Balancing DNS Traffic with NGINX and NGINX Plus
NGINX Docs | TCP and UDP Load Balancing
ぶっちゃけ公式の通りにやるだけです。

2018-11-01 14:14:41AIX、UNIX、Linux, ARMarm, irq, irqbalance, linux, 最適化, 負荷分散

20181030161620fb2

記事名通りなんですが。
最近はラズパイを始めとして、Orange PiだったりBanana PiだったりとARM板は非常に入手しやすくなっています。
またイメージについても各種ARM板の販売元はもとより、Armbian、Diet Piなどイメージが多く出されています。

今回は私も使用しているArmbianを中心にしますが、その中でirqbalanceをちゃんと使用しましょう、ということです。

そもirqbalanceとは何ぞや、という人は公式を確認してください。

広告