[自分用メモ][ARM] Banana Pi M64で動作を安定させる設定。

ARMarm, Armbian, Banana pi, sinovoip

Screenshot_2019-07-12-BPI-M64
Banana Pi M64

自分用メモ。

Banana Pi M64をArmbianで使用するとき、デフォルトのままだとkernelエラーで再起動がかかる時がある。

たしかベースクロックが200MHz台のはずなので、648M(648000)Hzなどにあげておくとkernelエラーで再起動がかかりにくい。

$ cat /etc/armbian-release 
# PLEASE DO NOT EDIT THIS FILE
BOARD=bananapim64
BOARD_NAME="Banana Pi M64"
BOARDFAMILY=sun50iw1
BUILD_REPOSITORY_URL=https://github.com/armbian/build
BUILD_REPOSITORY_COMMIT=605a7b81
VERSION=5.90
LINUXFAMILY=sunxi64
BRANCH=next
ARCH=arm64
IMAGE_TYPE=stable
BOARD_TYPE=conf
INITRD_ARCH=arm64
KERNEL_IMAGE_TYPE=Image
$ cat /etc/default/cpufrequtils 
# WARNING: this file will be replaced on board support package (linux-root-...) upgrade
ENABLE=true
MIN_SPEED=648000
MAX_SPEED=1008000
GOVERNOR=ondemand

というのもARM SBCは、MicroSDのR/Wがベースクロックに関連するため、熱的に問題ない程度まで上げておくのが良さそう。

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。

興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。

じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。

Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

ARMarm, Armbian, Banana pi, sinovoip