[ARM][Docker][DNS] Knot DNSをAlpine Linux (AArch64)でbuildしたらセグフォする件、Alpine3.8で解消してた

AIX、UNIX、LinuxARM

以前、上記のような記事を書いておりました。当時はAlpine:edgeで試していたわけですが、6月にAlpine 3.8が公開になってから試していなかったので、改めて試してみました。

# cat /etc/alpine-release
3.8.0
# knot knotc -V
knotc (Knot DNS), version 2.7.0

おや、動作する・・・

今確認すると、<code>/lib/ld-musl-aarch64.so.1</code>1.1.19-r10みたい。当時はedgeでやっていたので、たぶん1.1.18-r3辺りではないかなーと推測されます。(当時のバージョンを忘れてしまいました)

1.1.19とほんの少しだけバージョンアップしているので、これが改善の結果なのかなと。
userspace-rcu-devについては、当時は0.10.0-r0でしたが、3.8では0.10.1-r0と、こちらも少しだけバージョンアップしています。

ということで、Alpine自体のバージョンアップで解決してしまいました。

分かるまでは、Alpineでglibcをbuildしたものを使って入れ替える、というイメージを公開している方が何人かいらっしゃるようで、そちらを参考に、今回のKnot DNSのbuildを検証しようと思ったのですが、ことごとくx86_64しかなかったため、結局AArch64環境で検証するために、glibcのbuildから行わなくてはならず、そこまでscratchするのはなー、とちょっとしり込みしているところでした。

ちなみに参考しようと思っていた、Dockerでglibcの人たちは以下のようなところになります。

sgerrand/alpine-pkg-glibc: A glibc compatibility layer package for Alpine Linux
frol/docker-alpine-glibc: Carefully crafted Alpine Docker image with glibc (~12MB)

自力解決は出来ませんでしたが、とりあえず問題が解消して良かったです。

POINT

今考えると、alpine:edgeだけでなく、3.7やそれ未満のバージョンでも確認するべきでしたね。

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。 Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

AD / 広告
いつか、そのとき、あの場所で。rev.2
タイトルとURLをコピーしました