2019-06-06 10:09:56Container, zabbixAlpine, container, docker, font, zabbix, フォント, 文字化け, 日本語

皆様、インフラの監視頑張っておりますでしょうか。nagios使っていたり、zabbixを使っていたり、datadogなどを使っていたりするのでしょうか。自分のところは伝統的にzabbixを使用しています。

さらにうちではdockerの上に公式のcontainerイメージによるzabbixを構築し、それを使用しています。

https://github.com/zabbix/zabbix-docker

公式のcontainerイメージについては、日本語環境で使用する場合、そのままではグラフにおいて豆腐と呼ばれる状態で表示されることになり、フォントの置き換えが必要です。このことについてはWeb各所でそれ関係の記事を見かけることがあります。

http://www.zabbix.jp/node/4663
https://qiita.com/sikkim/items/5533dd55f28f2cc41cdd

が、alpineイメージのtag 4.2.2については設定が変わってしまったのか、以前までのフォントの置き換えでは日本語が有効になりません。

2019-05-31 10:47:09AIX、UNIX、Linux, ContainerAlpine, botan, build, container, DHCP, DHCPd, docker, isc, Kea, log4cplus

気が付いたらISCのDHCPv4/v6 serverなKeaの1.6.0-betaがリリースされていました。まぁまだ開発版の扱いですが、色々と新機能が増えそうです。

試してみようかとbuildしようとしたんですがちょっと手間取りました。

2019-04-22 10:37:41AIX、UNIX、Linux, ARMAlpine, DHCP, DHCPv4, dhcpv6, isc, Kea, log4cplus, server

Screenshot_2019-04-21 Kea DHCP server Internet Systems Consortium

LinuxのDHCPdなツールといえば、最近まではISC DHCPdのほぼ一択の状況でしたが、最近はISCが新たに書き直したKea DHCP serverが推奨されているようです。

早速、テスト環境で構築してみているのですが問題が発生しております。

gearbest

2018-11-25 14:09:25AIX、UNIX、LinuxAlpine, bind, build, container, DNS, python

気が付いたらBIND 9.13.4がリリースされていましたね。

いつも通りcontainerイメージを作成したところ躓いたのでメモ。

2018-08-06 10:48:53AIX、UNIX、Linux, ARMAlpine, arm, container, docker, glibc, linux, musl, userspace-rcu

以前、上記のような記事を書いておりました。当時はAlpine:edgeで試していたわけですが、6月にAlpine 3.8が公開になってから試していなかったので、改めて試してみました。

2018-05-20 19:28:07AIX、UNIX、Linux, ARMAlpine, build, DNS, gcc, gdb, knot, linux, Segmentation fault, セグフォ

Screenshot-2018-5-20 musl libc

Aarch64環境でDocker使ってbuildするおじさんです。

今度は実験場にknot DNSを追加するために、alpineベースでKnot DNS用のDockerfileを書いておりました。
まぁbuildはうまくいくんですよ・・・

Knot DNSのbuild自体はドキュメントに沿ったつもりですが、一部公式のDockerfileを参考にしているところがあります。