[Docker][Logentries] DockerのlogをLogentriesに投げる設定手順。

AIX、UNIX、LinuxContainer
Screenshot-2018-3-4 Configure logging drivers

今さらながらDockerと戯れています。
といっても情報が溢れているx86_64環境ではなく、AArch64(Arm64)環境に対してですが・・・

Dockerのlog周りを調べていると、色々な出力に対応しているのを知りました。
まぁとはいえ基本的に使用されているのは、「json-file」「fluentd」「awslogs」「splunk」「gcplogs」などだと思います

うちはベアメタル環境のため、デフォルトのjson-fileでも良いんですが、「journald」「syslog」あたりも選択肢になるのですが、今回は以前にちょこっと触ったことのあるLogentriesに投げるようにしてみました。

確認環境:

$ docker info
	Containers: 3
		Running: 3
		Paused: 0
		Stopped: 0
	Images: 16
	Server Version: 18.02.0-ce
	Storage Driver: overlay2
		Backing Filesystem: extfs
		Supports d_type: true
		Native Overlay Diff: true
	Logging Driver: logentries
	Cgroup Driver: cgroupfs
	Plugins:
		Volume: local
		Network: bridge host macvlan null overlay
		Log: awslogs fluentd gcplogs gelf journald json-file logentries splunk syslog
	Swarm: inactive
	Runtimes: runc
	Default Runtime: runc
	Init Binary: docker-init
	containerd version: 9b55aab90508bd389d7654c4baf173a981477d55
	runc version: 9f9c96235cc97674e935002fc3d78361b696a69e
	init version: 949e6fa
	Security Options:
		seccomp
	Profile: default
	Kernel Version: 4.4.77-rk3328
	Operating System: Ubuntu 16.04.4 LTS
	OSType: linux
	Architecture: aarch64
	CPUs: 4
	Total Memory: 3.834GiB
	Name: dns02
	ID:
	Docker Root Dir: /var/lib/docker
	Debug Mode (client): false
	Debug Mode (server): false
	Username: kometchtech
	Registry: https://index.docker.io/v1/
	Labels:
	Experimental: false
	Insecure Registries:
		127.0.0.0/8
	Live Restore Enabled: false

設定手順

Log Management & Analysis Software Made Easy | Logentries
Configure logging drivers | Docker Documentation

Docker

基本的にはDockerとLogentriesのドキュメントを読めば終わりなのですが、とりあえずサラッと。

POINT

  1. Logentriesにログインする。
  2. Add logからManualを選択する。
  3. 「How are the logs sent?」から「Token TCP – logs are identified by a token. 」を選択し、createをクリックすると、API Tokenが発行されるので、それをメモしておく。
  4. Docker Host全体に適用するには、以下のようにする。

{
  "log-driver": "logentries",
  "log-opts": {
    "logentries-token": API_TOKEN_KEY
  }
}

と設定したら、Dockerサービスを再起動します。すでにDockerコンテナが起動している状態でしたら、コンテナ自体も再起動する必要があると思います。
これだけ設定することができれば、たぶんlogがLogentriesに流れてくることを確認できると思います。

Screenshot-2018-3-4 Log Docker Log (dns03) Logentries

ただ、いくつかのダッシュボードの設定がLogentriesでも用意されているので、こちらを利用するともう少し利用しやすくなると思います。

Docker Packs – Log Management Made Easy | Logentries

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。 Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

AD / 広告
いつか、そのとき、あの場所で。rev.2
タイトルとURLをコピーしました