PC、Gadget

AsusからWiiヌンチャク風の無線コントローラEee Stick – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/05/30/asus-wii-eee-stick/

ASUSから、どうみてもWiiヌンチャクコントローラーにしか見えない、ワイヤレスリモコン/コントローラが公開されました。

これってどういう動機で開発されたんでしょうね?

PC、Gadget

PSPなどの記録容量を安価に最大16GBまで拡張できるアダプタ登場 – GIGAZINE /
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080530_photofast_cr5400/

昨日は、最速を誇るメモリースティックDuoが発売されるとの記事を取り上げましたが、本日はなんと容量を16GBまで拡張できるアダプタが発売されるとのこと。
実際はMicroSDを2枚挿入することで、1枚のメモリースティックとして認識させるようです。
因みに価格は2,980円とのこと。

最近はMicroSDの値下がりも激しいので非常に低コストで大容量のメモリースティックが作れるのではないでしょうか。
質よりも量という方は購入してみてはいかがでしょうか。

雑記

OLED(有機EL)について知っておくべきこと : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ /
http://www.gizmodo.jp/2008/05/oledel.html

最近、耳にすることの多い製品、有機ELですが、これって何のことだかちゃんと把握している人は少ないのではないでしょうか? まぁ、私自身も、とても薄くて、且つ電圧をかけることで発光する薄膜だということ以外には知りません。

このごろは携帯電話に使用されたり、TVにも採用されたりと注目される製品ですが、ここらへんで正しい知識を仕入れておくのも良いんじゃないのでしょうか。
まぁ、「有機ELってなに?」と質問されたときにサラっと答えて、友人の羨望を浴びるというのも良いかもしれません。

有機エレクトロルミネッセンス – Wikipedia /
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A9%9FEL

Willcom

【WILLCOM FORUM & EXPO 2008】 ウィルコム近氏、現世代PHSの下り3.2Mbps化に言及 /
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/event/40090.html

WILLCOM 03などで盛り上がっている「WILLCOM FORUM & EXPO 2008」ですが、その講演のなかで、次世代PHSに関する最新動向の解説があったようです。
で、気になるのが、現世代PHSである高度化PHS、通称W-OAMの通信速度を1.6Mbpsに、下り速度を3.2Mbpsにする規格を検討中ということを明らかにしたとのこと。

これが実現したらアドエスなどでも1Mbps通信とか可能になるということでしょうか? となると通信端末としての有用性が益々高まるということでしょうか。私としては非常に有り難いことです。
さらに「W-OAM typeG」の多重化を進展させた「W-OAM typeG 16x」や「W-OAM typeAG 8x」、「W-OAM typeAG 32x」などの方式も考案されているとのことで、さらなる高速化に期待が持てそうです。

他にも講演では、次世代PHSの特徴と施策、マイクロセル方式、次世代PHSを視野に入れての基地局回線の光ファイバー化などについて話があったようです。

引用元:Impress k-tai

 同氏は「世界の孤児になってはいけない」と述べて、基本的な要素技術は業界の標準的な取り組みをなぞって「コスト面でのスケールメリットも出していく」という姿勢を示すとともに、「高密度のマイクロセルに自信とプライドを持っている。かならずや来年には次世代PHSをお届けしたい。一生懸命がんばります」と意気込みを語った。

積極的に展開しているウィルコムですが、一ユーザとして応援していきたいです。

PC、Gadget

Blu-rayレコーダーの販売シェアが初の3割超え:マーケティング – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20374341,00.htm

HD-DVDが撤退した後、唯一の次世代メディア(言い方が古い?)であるBlu-rayですが、そのレコーダーの販売シェアが30%を超えたそうです。
とりあえずこの要因に関して、Blu-rayのレンタルが伸びているのがその大きな要因だそうです。

私はPS3などのBlu-ray関連製品を所有していませんが、電気屋さんなどにいって拝見しても非常に画質が良いなぁという印象を持っております。
最近はフルハイビジョンTVの普及も進んでいることを考えると、それに合わせて新調している人も増えていることもあるのではないかと思います。

あとはどの時点でDVDと逆転するかでしょうか。もう少し普及が進んでから購入を考えたいと思います。

gearbest

雑記

プリントゴッコ、6月30日に販売終了–PCやプリンタ普及の波に押され:ニュース – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20374338,00.htm?ref=rss

あの「プリントゴッコ」が販売終了、31年の歴史に幕を下ろす – GIGAZINE /
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080530_riso_print/

スラッシュドット・ジャパン | プリントゴッコ、6月末で販売終了 /
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/05/30/1058210

年賀状印刷の代名詞でもあったプリントゴッコですが、ついに2008年6月30日をもって販売終了となるようです。
記事にもあるようにPCやプリンターの普及により、需要が著しく減少したためとのことです。

実家でもプリンター印刷を始めるまでは父親がよくプリントゴッコを使用して年末に年賀状を印刷していたのを思い出します。あのランプがピカッと光る瞬間に目を瞑ったりして、兄弟とはしゃいでいたのは良い思い出です。

なお、ランプやインク、マスターなどの消耗品などの販売は当分の間継続するそうです。

未だに所有されている方は、久しぶりに取り出して印刷してみるのはいかがでしょうか。

食べ物

DSCN0797.jpg

今日で参加していたプロジェクトが解散になってゆっくり休めると思ったら、
「来週から○○に行ってくれ。」
と、ちょっと鬱になってます。

とりあえず気を取り直して、冷蔵庫の中のものを片づけるために適当にスープを作ってみました。
菠薐草とベーコンのチキンスープ。調理時間、なんと10分。
こんなに手軽に作れるのを知っていたら、今までに沢山作ったんだけどねぇ。

まぁ、これから食費を削るのに活用していこうと思います。

あとは、これに白いご飯と冷凍焼売、納豆の組み合わせ。飲み会が続いていたから、胃に易しめにしました。

御馳走様。

雑記

“携帯電話”で目覚めるのが主流に–アイシェア調べ:モバイルチャンネル – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20374143,00.htm

記事によると、携帯電話の目覚まし時計を利用する人は64.4%ほどいるようです。
男女別に見ると、男性は55.3%、女性は74.1%と女性の方が遙かに利用する人が多いみたいですね。

ちなみに私は携帯電話と目覚まし時計を併用しているのですが、計3台も使っています。そうでもしないと起きられないほど低血圧なんです。お陰で遅刻も何回かありますし・・・。
もうちょっと生活態度を改めるようにすることにします。

Microsoft、Windows

6月末でWindows XPの一般販売が終了~“ULCPC”には限定でXP Homeを提供 – PC Watch/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0529/hot549.htm

なにかと未だに主流であるWindows XPですが、ついに今年6月30日で一般販売が終了となるようです。例外としてミニノートPCなどの超低価格PCなどへの提供は続けられるとのこと。

サポート期間や今後のXPのライセンスの入手方法については記事を参照して下さい。

しかし、以下に転載する記事の筆者の一文は、皆さんのようなPCユーザの声を代弁していると私は思います。

引用元:Impress PC

それにしても思うのは、Microsoftってすごいな、ということだ。本来、商売の基本は、お客が求めるものを売ることではないかと思うのだが、Windowsに関しては売り手が売りたいものを売るのが当然のことらしい。善し悪しにかかわらず、世の中にはWindows XPを欲する人が大勢いるのに、それはもう売らないから、Windows Vistaを買えという。

いくらWindows Vistaが優れているのだといっても、ユーザのニーズを無視して商売する姿を「殿様商売」と呼ぶのではないでしょうか。実際の需要のことを考えて、もう少し販売期間を延ばすなりの柔軟性はほしいところです。

引用元:Impress PC

もちろんMicrosoftは、Windows Vistaの方が優れているから、と言うのだろう。だが、どちらが優れているかを決めるのも、本来は買い手、あるいは市場なのではないだろうか。この原理が崩れている理由は言うまでもないことなので、やっぱりもう少しMacintoshが売れた方が世の中全体として幸せになるのではないか、と思ってしまう。

Software

会津若松市がOpenOffice.orgを全庁導入へ「順次MS Offceから切り替え,5年間で約1500万円削減」:ITpro /
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080529/304780/

記事によると、福島県会津若松市が全庁的にOpenOffice.orgを導入するとのこと。Microsoft Officeから切り替えることで5年間1,500万円のコスト削減を見込んでいるようです。

決め手は保存や読み込みなどの互換性のようで、ODFが採用していることが決め手になったようです。また、文書を配布する際もMicrosoft Officeを所有していない市民などの負担を軽減できるとも記載されています。
業務上、Microsoft Officeが必要になる場合は併用することで、他との互換性は保つ方向のようです。

積極的にオープンソフトを取り入れることでコストを削減するというようなことは欧米では盛んに行われているようですが、日本でもツールの習熟などをきっちりとサポートしてあげることで、始めるところが今後も増えてくるのではないでしょうか。