[Microsoft][自分用メモ] Windows10 20H2がリリースされたのアップデートしてみた。

Microsoft、Windows20H2,October 2020 update,Windows10,不具合

日本時間だと10月21日ごろにWindows 10 20H2 (Windows 10 October 2020 Update) がリリースされたので、手元の環境の1台を犠牲にアップデートしてみました。

公式アナウンス

「May 2020 Update」と「October 2020 Update」は“イネーブルメント パッケージ”と呼ばれる小さなパッチで機能のON/OFFを行っているだけなので、既知の問題は「May 2020 Update」で確認されている不具合と共通です。

大きなアップデートではないので劇的に何か変わるわけではないのですが、以下の機能について大きな注目になっているようです。

  • Webブラウザ「Microsoft Edge」がChroniumベースに移行
  • Edgeで表示中のタブを「Alt+Tab」で移動可能に
  • スタートメニューのデザインを一部変更(よりシンプルな外観に)
  • 「設定」でディスプレイのリフレッシュレートを設定可能に
  • デタッチャブル式2in1 PCにおける「デスクトップモード」と「タブレットモード」の切り替え方法の見直し(通知なしで切り替えるように)

ただ、引き続き2004からの不具合も引き継いでいるとも言えるので、IME問題やネットワークインジケーター問題など結構クリティカルっぽいのが残っているのが気になるところ。

入手先

不具合情報

参考情報

この記事を書いた人
kometchtech

kometchtech
うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。
Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

Buy Me A Coffee