[Linux] reset SuperSpeed Gen 1 USB device numberと出力されたときの対処方法。

AIX、UNIX、Linuxlinux, UAS, USBドライバ

はじめに

以下のようにメッセージが断続的に出力されていることを確認。

[27701.321203] usb 5-1: reset SuperSpeed Gen 1 USB device number 2 using xhci-hcd
[27864.400538] usb 5-1: reset SuperSpeed Gen 1 USB device number 2 using xhci-hcd
[28129.350272] usb 5-1: reset SuperSpeed Gen 1 USB device number 2 using xhci-hcd
[28604.688703] usb 5-1: reset SuperSpeed Gen 1 USB device number 2 using xhci-hcd

調べてみると、Raspberry Piなどでも問題が発生する場合があるらしく、Webなどを確認する限りではUSBとして接続されるコントローラーによっては発生する問題のようです。

対処方法としては以下のようにすることが参考先に書かれています。

Linuex Kernel側での対応

対応方法

$ lsusb
Bus 005 Device 002: ID 1f75:0621 Innostor Technology Corporation
Bus 005 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub
Bus 004 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

Vender IDとDevice ID(ここでは1f75:0621)をmodprobeのブラックリストに登録する。

/etc/modprobe.d/blacklist-uas.conf

options usb_storage quirks=1f75:0621:u

そしてkernelをブラックリストを含んだ状態で再構成させる。

$ sudo update-initramfs -u
update-initramfs: Generating /boot/initrd.img-5.3.0-rc4-rockchip64
update-initramfs: Converting to u-boot format

参考

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。

興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。

じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。

Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中