[mozilla][Firefox][障害]「Firefox」でインストール済みアドオンが利用不能になる問題が発生。対応設定がロールアウト中。

2019-05-04 22:59:53Web_browserFirefox, Mozilla, web extension, アドオン, ブラウザ, 証明書, 障害

Mozilla Firefoxがアドオンに署名される中間証明書の期限切れにより、Firefoxにインストールされているアドオンが旧式扱いになってしまい、使用できなくなる問題が発生しています。

またこの問題により、アドオンの新規インストール、更新も不可能になってしまいました。

Mozillaは懸命に対応作業を実施していましたが、対応のための設定をロールアウトしています。

特にユーザー側で何かする必要はないといわれています。

オプション -> プライバシーとセキュリティ -> Firefox のデータ収集と利用について の項目にある、「Firefox に調査のインストールと実行を許可する」が有効になっていると、 about:studiesにある以下の項目がMozillaから展開され、有効になっているはずです。

  • hotfix-reset-xpi-verification-timestamp-1548973
  • hotfix-update-xpi-signing-intermediate-bug-1548973

これが(Mozillaのblogでは一つですが)有効になっていれば特にユーザー側で何かする必要はないそうです。


10:50 a.m. UTC / 01:50 a.m. PDT: We rolled-out a fix for release, beta and nightly users on Desktop. The fix will be automatically applied in the background within the next few hours, you don’t need to take active steps.
In order to be able to provide this fix on short notice, we are using the Studies system. You can check if you have studies enabled by going to Firefox Preferences -> Privacy & Security -> Allow Firefox to install and run studies.
You can disable studies again after your add-ons have been re-enabled.
We are working on a general fix that doesn’t need to rely on this and will keep you updated.

https://discourse.mozilla.org/t/certificate-issue-causing-add-ons-to-be-disabled-or-fail-to-install/39047

ただ、まだaddons.mozilla.org(AMO)側の対応展開が終わっていないのか、手元の環境では新規インストールや更新がまだ出来ないようでした。

追記:2019年5月5日

Mozilla blogの方に最新情報が掲載されましたね。

ただ筆者の環境ではうまいことアドオンのインストールが元に戻らなかったので、結局環境のリフレッシュを実施し、元に戻しました。

追記:2019年5月8日

本件の問題に対処した66.0.4がリリースされました。