[mikrotik][routerboard] bridge port received packet with own address as source address, probably loopの対応方法

2019-03-02 10:29:02mikrotikbridge, loop, loop problem, Mikrotik, RouterOS, trouble, トラブル

bridge_loop

Routerboardでかつ、RouterOSを使用時に、bridge設定をしていると以下のようなメッセージが出力されたりしたことはないでしょうか。

08:56:14 interface,warning bonding2: bridge port received packet with own address as source address (xx:xx:xx:xx:xx:xx), probably loop

これ以外に根深い問題らしくて、いくつか改善する方法があるので書いておきます。




公式フォーラムの最新の書き込みだとBridgeインターフェースを使用中でかつVLAN設定があると、この問題が発生する、というのが見られます。
対応方法としては、neighbor設定のインターフェースがallになっている場合、bridgeインターフェースに所属しているEther1やwlan1などをNeighborの対象から外す、というのがあります。
また、RSTPからMSTPへ変更する、というのもあるそうです。

ただ、上記の方法でも改善しない場合があります(少なくとも自分の環境ではそうでした)。
この場合の対応は以下のようにします。

新しいbridgeインターフェースを作成し、まったく新しいMACアドレスが生成されそのインターフェースに設定されていることを確認し、今までのbridge portインターフェースを新しいbridgeインターフェースに付け替えるというものです。
routingプロトコル設定やアドレスなどを再設定する必要がありますが、この方が手っ取り早くこの問題を解決できると思います。

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。

興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。

じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。

Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

2019-03-02 10:29:02mikrotikbridge, loop, loop problem, Mikrotik, RouterOS, trouble, トラブル