[備忘録][処方箋] 137回目の投薬。下げ止まった感とこの後の流れ。

うつ
modern-affliction-713211-unsplash.jpg
名称色・形・記号用法服用タイミング
イフェクサーSR 37.5mg灰紅カプセル夕食後服用内服薬 4cap
リフレックス錠15mg黄色錠剤就寝前1錠

リフレックス錠は定量の1錠になりました。これは今のところ気分の下がりが少なくなったこと、今週一週間は外出するのもあまり苦ではないと感じたことを伝えたところ、先生から今回からリフレックス錠を1錠にして下げ止まったかを確認することになりました。

下げ止まったことを確認出来たら、少し時間をおいてそれでも動けるようだったら、投薬治療とともにリワークを行ってみたらどうだろうかと勧められました。

日本うつ病リワーク協会
うつ病などで休職する方の職場への復職支援を行う全国の医療機関の集まり。うつ病の復職支援に関する研究活動や啓発活動を行っています。

リワークはそのまま復職支援ですね。投薬治療などをすすめていき、いきなり業務に復帰するのではなく、まずは通勤するというリズムを作ること、それが出来たら事務作業やほかの人と一緒に作業進めていくグループワークを行う、などにより、仕事を行う、というリズムを作っていく、というものです。また、それだけではなく治療の一環として、どういう状況で気分が下がってしまうのか、またそのようなときはどのような対応をするのが良いか、普段からの考え方の転換、などを行うものです。

私の場合は、このような状態になるのは2回目なので、やはり再発防止という意味でもリワークに取り組むことは悪いことではない、と強く勧められました。職場とも相談することになりますが、個人的には投薬以外だと結局は自宅に引きこもるだけになってしまうので、外に出るきっかけにするとともに、リズムづくりなどができるのであれば積極的に利用しようかなと考えています。

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。 Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

kometchtechをフォローする
いつか、そのとき、あの場所で。rev.2
タイトルとURLをコピーしました