[libvirt][ebtables][自分用メモ] ebtablesを削除したらlibvirtdのネットワークが自動起動しなくなり、VMも上がってこなかった。

NetworkUbuntu
Screenshot_2019-04-22 libvirtdがネットワーク設定にebtablesを使うようになってたのでlibvirtのネットワークが起動してなかった - φ(・・ )ゞ ウーン カーネルとか弄ったりのメモ

ちょっとネットワーク周りをいじっていて初めて知ったのでメモ。

ebtables(8) - Linux man page
ebtables is an application program used to set up and maintain the tables of rules (inside the Linux kernel) that inspect Ethernet frames.

そもそもebtablesってbridgeのためのtables管理ツールだったんですね。
使わんからいらんやろ、と思って削除したらlibvirtd配下のVMが上がってこなくなって、何事かと思っていたのですが依存関係があったことを知りませんでした。

確認環境:

$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID:Ubuntu
Description:Ubuntu 14.04.2 LTS
Release:14.04
Codename:trusty

思いっきり参照先と同じerrorログが出てました。

2015-04-12 06:36:13.482+0000: 2577: error : virFirewallValidateBackend:156 : direct firewall backend requested, but /sbin/ebtables is not available: No such file or directory

再インストールしたところ、症状は回復したので一安心。

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。 Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

AD / 広告
いつか、そのとき、あの場所で。rev.2
タイトルとURLをコピーしました