[ubuntu][Network][自分用メモ] NICのbonding彼是。

2015/04/11 10:10Ubuntubonding,linux,network,ネットワーク

Ubuntu 14.04.2 Serverでbondingインターフェイスを作って色々と難儀してしまったのでメモ。

そもそもbondingとはなんぞや、という方は以下を参照。

参考情報

Linux Bonding mode=0の恐怖 – テックセンター – Blog – テックセンター – Dell コミュニティ /
http://ja.community.dell.com/techcenter/b/weblog/archive/2014/05/16/linux-bonding-mode-0

インターフェイス、およびmodeの説明についてはWeb等の資料があるので割愛。

個人的に今更知って関心したのは、Bondingインターフェイスのパラメータは一時的にでもオンラインで変更が可能だったということです。

たとえばxmit_hash_policy
balance-xor及び802.3adのときの送信ポリシーはデフォルトではlayer2(0)が指定されますが、これだと使用NICに偏りができるので、layer2+3(2)にしたい、というときは以下の様な感じで設定するようです。

Ethernet Channel Bonding Driver: v3.7.1 (April 27, 2011)

Bonding Mode: IEEE 802.3ad Dynamic link aggregation
Transmit Hash Policy: layer2 (0)
MII Status: up
MII Polling Interval (ms): 100
Up Delay (ms): 0
Down Delay (ms): 0

802.3ad info
LACP rate: fast
Min links: 0
Aggregator selection policy (ad_select): stable
Active Aggregator Info:
Aggregator ID: 1
Number of ports: 1
Actor Key: 17
Partner Key: 1
Partner Mac Address: 00:00:00:00:00:00

Slave Interface: eth1
MII Status: up
Speed: 1000 Mbps
Duplex: full
Link Failure Count: 0
Permanent HW addr: 60:eb:69:07:d9:a1
Aggregator ID: 1
Slave queue ID: 0

Slave Interface: eth3
MII Status: up
Speed: 1000 Mbps
Duplex: full
Link Failure Count: 0
Permanent HW addr: 00:15:17:48:2c:77
Aggregator ID: 2
Slave queue ID: 0
% echo 2| sudo tee /sys/class/net/bond1/bonding/xmit_hash_policy
2
Ethernet Channel Bonding Driver: v3.7.1 (April 27, 2011)

Bonding Mode: IEEE 802.3ad Dynamic link aggregation
Transmit Hash Policy: layer2+3 (2)
MII Status: up
MII Polling Interval (ms): 100
Up Delay (ms): 0
Down Delay (ms): 0

802.3ad info
LACP rate: fast
Min links: 0
Aggregator selection policy (ad_select): stable
Active Aggregator Info:
Aggregator ID: 1
Number of ports: 1
Actor Key: 17
Partner Key: 1
Partner Mac Address: 00:00:00:00:00:00

Slave Interface: eth1
MII Status: up
Speed: 1000 Mbps
Duplex: full
Link Failure Count: 0
Permanent HW addr: 60:eb:69:07:d9:a1
Aggregator ID: 1
Slave queue ID: 0

Slave Interface: eth3
MII Status: up
Speed: 1000 Mbps
Duplex: full
Link Failure Count: 0
Permanent HW addr: 00:15:17:48:2c:77
Aggregator ID: 2
Slave queue ID: 0

他にもmode、bondingのmasterインターフェイスの指定、miimonの時間の変更なども出来るようです。

頻繁にオンラインで変更することは無いとは思いますが、環境設定時にあれこれするときなんかは覚えておくと便利かもしれません。

この記事を書いた人
kometchtech

kometchtech
うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。
Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

Buy Me A Coffee

2015/04/11 10:10Ubuntubonding,linux,network,ネットワーク