[Server][firmware][自分用メモ] DELL C1100 / C2100 のファームウェアのアップデート方法。

PC、Gadget

諸事情により、DELL C1100とC2100を入手したので、そのBIOSとBMCのファームウェアのアップデート方法をメモしておきます。

この原稿時最新は以下のとおりになります。

  • Get the latest BIOS B23
  • Get the latest BMC 1.82

BIOS編

1.まずはDOS bootが可能なUSBメモリを作成します。

Rufus - The Official Website (Download, New Releases)
Rufus is a small application that creates bootable USB drives, which can then be used to install or run Microsoft Windows, Linux or DOS. In just a few minutes, ...

2.次に各々のファームウェアを入手してきます。

PowerEdge C1100のサポート | ドライバーおよびダウンロード | Dell 日本
お使いのDell PowerEdge C1100のドライバおよびダウンロー&#x3...
PowerEdge C2100のサポート | ドライバーおよびダウンロード | Dell 日本
お使いのDell PowerEdge C2100のドライバおよびダウンロー&#x3...

3.BIOSの場合、C1100についてはPEC1100BIOS3B23.exe、C2100についてはPEC2100BIOS3B23.exeをそれぞれ解凍します。

4.そして解凍した中身を、先ほど作成したDOS bootなUSBメモリにコピーします。

5.サーバを起動し、USBメモリから起動するように選択します。

6.DOSで起動してきたら、以下のようにコマンドを入力します。

AFUDOS <ROM NAME>.ROM /P /B /K /X
CAUTION

適用作業が開始されるので、終わるまで待ちます。間違ってもリセットなどしないようにしましょう。

7.終わってプロンプトが戻ってきたら、Ctrl+ALT+DELで再起動を実施します。

8.BIOS画面に入り、バージョンがB23になっていることを確認します。

BMCファームウェア編

次にBMCのファームウェアのアップデートです。BMCのメニューにもファームウェアのアップデートの項目があるのですが、こちらからは私のやった限りではアップデート出来ませんでした。

1.C1100はPEC1100BMC184.exe、C2100はPEC2100BMC182.exeをそれぞれ解凍します。

2.解凍したら、SOCFLASH>dosflashfirm.binをコピーします。

3.コピーを終えたら、dosflashフォルダを、先ほどDOS boot出来るUSBメモリにコピーします。

4. 再度USBメモリから起動を実施し、以下のようにコマンドを実行します。

socflash cs=2 option=fc if=firm.bin skip=0x200
CAUTION

この際にBMC経由のKVMは切断されるので、コンソールで作業しましょう。

5. プロンプトが返ってきたら、再度Ctrl+ALT+DELで再起動を実施します。何度か再起動が実施されますが、正常に起動するまで何もしないようにしましょう。

参考:動画

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。 Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

いつか、そのとき、あの場所で。rev.2
タイトルとURLをコピーしました