2012-04-30 00:03:07NetworkDELL, L2, Netwrork, PowerConnect, switch, スイッチ, パスワード, リカバリ

https://www.dell.com/community/Networking-General/Recover-Admin-Password-on-54XX-without-resetting-to-factory/td-p/3519323
https://www.dell.com/community/Networking-General/Password-Reset-PowerConnect-5424/td-p/3530426

DELLのドキュメントサイトでよく見失うので備忘録代わりに。

2012-04-29 23:44:10Network5424, DELL, PowerConnect, 設定

https://www.dell.com/support/article/jp/ja/jpbsd1/sln297881/dell-networking-x-series-%E5%88%9D%E6%9C%9F%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E6%89%8B%E9%A0%86?lang=ja

VLAN等を設定する場合は、とりあえず器機自体にIPアドレスなどを設定する必要があります。

シリアルケーブルを接続し、コンフィグが未投入の段階ではブート時に初期設定ウィザードが走るのでそこから設定自体も可能ですが、普通に設定を行う場合の手順を記載しておく。

2012-04-27 11:54:14Network5424, DELL, IYH, PowerConnect

_4270762
https://www.dell.com/ja-jp/work/shop/cty/pdp/spd/powerconnect-5424
https://www.dell.com/support/home/jp/ja/jpbsd1/product-support/product/powerconnect-5424/overview

自宅の検証機材用に購入してみました。一応インテリジェントL2スイッチというカテゴリになるんでしょうか。

2012-04-26 13:07:38AndroidAndroid, gps.conf

https://forum.xda-developers.com/showthread.php?p=17081413#post17081413

カスタムROMを使用していると、結局は中身は海外向けであるためGPSなどは日本で使用する分には最適化されていません。そのため所謂”GPSの掴みが悪い”です。

ということで関連ファイルであるgps.confを編集することにしました。設定内容については、上記Webサイトのものをそのまま有りがたく使用させて頂きました。

SmartphoneAPN, IIJ mio, 格安SIM

https://www.iijmio.jp/

通信速度は128kbpsしか出ないけど月額945円(税込)、でもクーポンを購入すると下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsまで使用できるようになるIIJmio高速モバイル/Dを契約してみました。

ちなみに今回は標準SIMサイズのもので申し込んでみました。

先週の木曜日頃にWebにて申し込み、本日水曜日にSIM自体が到着しました(届いたSIMを見ましたが普通のdocomoSIMでした)。一週間程度で手元に届いたということで十分に早い対応だと思います。

gearbest

ニュースgoogle, Google Drive

Google Drive /
https://drive.google.com/start?authuser=0#home

Twitterで見かけたので確認していたら、噂のGoogle DriveのWebサイトが公開されていました。サービス自体の提供はまだのようですが、サービスメニューは公開されていました。

引用元:Google Drive

Google ドライブは次の端末でご利用いただけます:
Windows と Mac
iPhone and iPad (coming soon)
Android 搭載端末

  • 5GB:無料
  • 25GB:$2.49/月(DriveとPicasaの合計)
  • 100GB:$4.99/月(DriveとPicasaの合計)

100GBのプランでも、現在のレートだと大体月400円程度の出費ですね。アリといえばアリなような気もします。

後は実際にサービスインしてからの使い勝手次第でしょうか。

2012年4月25日 9:45現在

ユーザーによってはGoogle Driveが使用できるようになっているようです。私はまだ準備中のステータスから変わっていないので、使用できるようになってから改めてレポートでもしようかと思います。
因みに所有しているAndroid端末には自動的に「ドライブ」というGoogle Driveのアプリがダウンロードされていました。

WiMAXAterm, WiMAX, WM3600R

先程確認していたところ、Aterm WM3600Rの最新ファームウェアである1.1.0が公開されていました。

http://www.aterm.jp/support/verup/wm3600r/fw.html

引用元:AtermWM3600R|ソフトウェア|ダウンロード|AtermStation

更新内容

・公衆無線LAN(Wi2プレミアム)に対応しました。
・公衆無線LANを設定するときに入力できるパスワードの桁数を、1桁以上に変更しました。(従来は6桁以上)
・休止状態からの復旧中にクレードルへの挿抜を行ったとき、機器の状態が変化しないことがある件に対応しました。
・弱電界でご利用中に、ウェイティング状態から復帰しないことがある件に対応しました。

気になるのは下2つでしょうか。状態復帰しないことに関しては幾つか思い当たるフシがあるので、適用を実施し様子を見てみようかと思います。

2012-04-21 10:43:03AIX、UNIX、Linuxgithub, linux

githubからファイルをダウンロードする方法が分からなかったのでメモ。tarとかをダウンロードするのもいいけど、こういう方法もあるよと自分が分からなかったので備忘録代わりとする。

AndroidAndroid, フォント

Android 4.0環境を手に入れたので備忘録代わり。
手順としては下記参考Webサイトどおり。

Android4.0(Ice Cream Sandwich)でのフォント変更方法 | NexusDays /
http://nexusdays.com/2011/11/ics_font_change.html

CAUTION

今回の作業はRoot済みの端末で実施しています。

1. 使いたいフォントを用意する。自分はモトヤLマルベリ3等幅を使いました。
2. DroidSansJapanese.ttfにリネームする。
3. DroidSansJapanese.ttf/system/fontに移動する。自分はRoot Explorerを使用しました。
4. /system/etc/fallback_fonts.xmlを以下のように編集する。<familyset>というタグの直下から編集すると良い。これは上から順に判定されるからのようです。

<family>
	<fileset>
		<file>DroidSansJapanese.ttf</file>
	</fileset>
</family>

5. 端末を再起動する。

以上で入れ替えたフォントが反映されるはずです。

VMware ESXi

VMware KB: VMware ESXi 5.0 Patch Release /
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2015460

VMware KB: VMware ESXi 5.0 Patch ESXi500-201204401-BG: Updates tools-light /
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2015461

2012年4月12日付けでBuild Number: 653509が公開されていました。
今回はvShield Endpointに関するバグフィックスのようで、XP/2003で通常より多くのメモリを使用することがある、また、システムやサービスが応答しなくなる、という事象に対するモノのようです。

引用元:VMware KB: VMware ESXi 5.0 Patch ESXi500-201204401-BG: Updates tools-light

This patch updates the vShield Endpoint Thin Agent drivers to resolve the following issues:

After installation of Thin Agent drivers in vShield Endpoint 5.0 on Windows XP/2003 guests, overall memory usage of the guest virtual machine might increase substantially with all processes consuming higher amounts of memory than usual. This behavior is not observed in Windows Vista and later. It results from a combination of the way the Thin Agent reads a file during its scan and Windows internal behavior.

The vShield Endpoint Thin Agent 5.0 might cause a service or the operating system to become unresponsive. This happens because the Thin Agent fails to correctly detect remote named pipe or mailslot connections opened by a software running in a guest virtual machine and instead treats these connections as files.