Flash Player、Adobe Reader、Acrobatに脆弱性が存在。Flash Playerは修正版を公開。

SecurityAcrobat,adobe,Flash,reader,修正プログラム

AdobeはFlash Player、Adobe Reader、Acrobatに脆弱性が見つかったとして、その情報を公開しました。また、Flash Playerにおいては脆弱性の修正が行われた最新版が公開されています。

Flash Playerの脆弱性は、Flash Player 10.0.42.34以前およびAdobe AIR 1.5.3.1920以前に影響があり、権限のないクロスドメインリクエストが可能になるというもの。Adobeでは、脆弱性を修正したFlash Player 10.0.45.2およびAdobe AIR 1.5.3.1930を公開しており、ユーザーに対してアップデートを推奨している。

また、Adobe Reader/Acrobatについても、前述のFlash Playerの問題を含む脆弱性が存在しているとして、2月16日に修正版をリリースする予定であることを公表した。Adobe Reader/Acrobatのバージョン9.3および8.2に影響があり、セキュリティアドバイザリも2月16日に公表するとしている

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100212_348668.html


近日中にAdobe ReaderならびにAcrobatの脆弱性が修正された最新版が公開されるそうなので、今回、公開されているFlash Playerの最新版と合わせて適用するようにしましょう。

この記事を書いた人
kometchtech

kometchtech
うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。
Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

Buy Me A Coffee