Flash Player、Adobe Reader、Acrobatに脆弱性が存在。Flash Playerは修正版を公開。

Security
Adobe Security Bulletins and Advisories
Adobe Security Bulletins and Advisories
Adobe Security Bulletins and Advisories
Adobe Security Bulletins and Advisories
「Flash Player」脆弱性修正版が公開、「Adobe Reader」も近日中に 

AdobeはFlash Player、Adobe Reader、Acrobatに脆弱性が見つかったとして、その情報を公開しました。また、Flash Playerにおいては脆弱性の修正が行われた最新版が公開されています。

Flash Playerの脆弱性は、Flash Player 10.0.42.34以前およびAdobe AIR 1.5.3.1920以前に影響があり、権限のないクロスドメインリクエストが可能になるというもの。Adobeでは、脆弱性を修正したFlash Player 10.0.45.2およびAdobe AIR 1.5.3.1930を公開しており、ユーザーに対してアップデートを推奨している。

また、Adobe Reader/Acrobatについても、前述のFlash Playerの問題を含む脆弱性が存在しているとして、2月16日に修正版をリリースする予定であることを公表した。Adobe Reader/Acrobatのバージョン9.3および8.2に影響があり、セキュリティアドバイザリも2月16日に公表するとしている

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100212_348668.html


近日中にAdobe ReaderならびにAcrobatの脆弱性が修正された最新版が公開されるそうなので、今回、公開されているFlash Playerの最新版と合わせて適用するようにしましょう。

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。 Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

いつか、そのとき、あの場所で。rev.2
タイトルとURLをコピーしました