Network

OCN、個人のデータ送信量に制限措置–1日30Gバイトまで:ニュース – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20376060,00.htm

NTTコミュニケーションの個人向けISP、OCNが1日のデータ送信量の上限を30GBにすると発表したようです。
これは一部の回線帯域を占有する利用者に対する対抗措置とのことです。

30GBを超えると、OCNから通知した上で、利用状態が改善されなければ契約解除も辞さないとのこと。
まぁ、確かに最近もWinnyやらShareなどで帯域を占有している利用者もまだまだいるのが現状で、それを維持するためだけに設備に投資するわけにも、OCNも行かないのでしょうが、利用者から言わせてもらえばそっちが低価格で提供しておいて、という感じですがね。
こういう事態にももうすこし企業努力で改善していただきたいものです。

Netbook, Mininote_PC

工人舎、Atom搭載・798gののSC、光学ドライブ搭載のSXシリーズを発表 – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/06/23/atom-798g-sc-sx/

記事によると、モバイルノートなどを販売している工人舎から、Atomプロセッサを搭載したモバイルノートが発表されたとのこと。

引用元:工人舎、Atom搭載・798gののSC、光学ドライブ搭載のSXシリーズを発表 – Engadget Japanese

SCシリーズの基本仕様は7型1024 x 600ピクセルのタッチパネルディスプレイ、Atom Z520プロセッサ、1GBメモリ(増設不可)、60GB HDD。3.2時間駆動の標準バッテリー搭載時の重量はGPS・Bluetooth搭載モデルが820g、非搭載モデルが798g。無線接続は802.11b/g 無線LANおよび一部モデルでBluetooth 2.0+EDR、10/100BASE 有線LANも搭載します。

インターフェース類はUSB 2.0 x1、ExpressCard / 34、SD / MMC / MS対応メディアカードスロット、VGA出力、マイク・ヘッドホン端子。130万画素ウェブカメラ。

SXシリーズは8.9型1280 x 768ピクセルのタッチパネルディスプレイにDVDスーパーマルチドライブを載せたモデル。重量は約4.2時間駆動の標準バッテリー装着時で約1250g。Atom Z520 / 1GBメモリ / 60GB HDDの基本仕様や無線系、ワンセグはSCと同等。SXではExpressCard / 34に加え、SDHC対応SD / MMCカードスロットとアダプタなしで挿入できるmicroSDスロット(SDHC対応) 、メモリースティックスロットを独立して搭載します。またSXでは前面に130万画素のメインカメラ、背面に35万画素サブカメラの2カメラを備えます。


昨今のMSI WindとかASUS Eee PCなどで盛り上がっている市場ですが、なかなか面白い製品がまたひとつ出てきたのではないでしょうか。
ただ、OSがMicrosoft Windows Vistaのようなのでどこまでパフォーマンスがでるのかが心配ではありますね。

7型のSCシリーズは89,800円から、8.9型のSXシリーズは109,800円からだそうで、SCは7月上旬、SXは7月下旬の発売予定です。
7月はミニノートPC市場が非常に熱いものとなりそうです。

雑記

松下、パナソニックへの社名変更を正式決定–10月1日から:ニュース – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20376071,00.htm

2008年10月1日をもって松下電器産業はパナソニック株式会社へ社名を変更することが決定したとのこと。

海外でのパナソニックの方が、一般的になってきているとはいえ、創業者の名前を冠した会社名が消えるというのは残念なものです。
あの世の松下幸之助はどんな気持ちなんでしょうね。

PC、Gadget

世界のPC台数が10億台を突破–ガートナー調査:マーケティング – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20375911,00.htm

記事によると、世界で利用されているPCの台数が10億台の大台を突破したとのことです。しかも、2014年までには、倍になると予想もされているとのことで、主に発展途上国での増加が見込まれているとのことです。

主な要因としては、PCの価格の低下とインターネットアクセスの改善とのことで、今後も益々増えていきそうです。

引用元:CNET

 今日、PCの58%を所有しているのは、米国、欧州諸国、日本のユーザーだ。
 Gartnerによると、現在使われているPCのうち、16%に相当する約1億8000万台のPCが2008年中に引退する見込みだという。


だた、200年度中に引退するPCのうち約3500万台が、有害物質を含んでいるかどうか考慮されないまま廃棄されるとのこと。

利用される台数が増えるとともに、廃棄に関しては環境に配慮した処理の仕方も考えていかなければならないでしょうね。

2008-06-23 00:32:32Web_browser

タブブラウザ「Lunascape」の最新版、日本語と英語で同時公開–Gecko1.9対応版も近日公開:ニュース – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20375716,00.htm

タブブラウザ RSSリーダー付ブラウザ Lunascape(フリーソフト) /
http://www.lunascape.jp/

IEのTridentエンジンと、MozillaなどのGeckoエンジンの両方を切り替えることの出来るタブブラウザ「Lunascape」がバージョンアップしているようです。
更新点は以下の通り。

引用元:Lunascape4 – Lunapedia

セキュリティ
 ・Geckoエンジンのバージョンを更新(Firefox2.0.0.14相当)し、Geckoエンジン利用時のセキュリティを向上
[編集]新機能・改善
 ・32ビットのWindows XP用アイコンが透過するように改善
[編集]品質向上レポート
 ・特定の条件で起動時に強制終了することがある不具合を修正
 ・特定の条件で起動中に強制終了することがある不具合を修正
[編集]不具合修正
 ・長時間の起動により蓄積されたハンドルを適切に開放するよう修正
 ・デザインスキン切替によりサイドバーの表示幅が0ピクセルになってしまう事がある不具合を修正

gearbest

PC、Gadget

BenQ E2200HDA 21.5型フルHDディスプレイ – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/06/21/benq-e2200hda-21-5-hd/

最近はフルHD対応の液晶ディスプレイも安くなってきましたが、BenQから面白いディスプレイが発売されるようです。
フルHD対応なのは最近のトレンドですが、気になるのはサイズでして、なんと21.5型とか。ただ完全な16:9アスペクト比を実現できているようでBlu-rayやPS3などの映像完璧に表示できるようです。

引用元:BenQ E2200HDA 21.5型フルHDディスプレイ – Engadget Japanese

仕様は21.5ワイド1920 x 1080、輝度300cd/m^2、コントラスト比1000:1 (ダイナミックコントラスト使用時は10000:1)、応答速度 5ms (GtG 2ms)。映像入力はD-Sub、DVI-D (HDCP対応)、HDMI 1.3。アナログ音声入力とヘッドホン出力、2 x 1Wのスピーカーも搭載します。

今年のQ3に発売予定ですが、価格に関する情報はないようです。

最近の24インチ以上は大きすぎてデスクに置けないという方は、この製品の購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

PC、Gadget

(2008/06/26訂正)

Sun,ドイツで46.6テラFLOPS,ブラジルで23.2テラFLOPSのスパコンを構築:ITpro /
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080620/308846/

先日、IBMがテラFLOPSスパコン、RoadRunnerを構築したことをお伝えしましたが、今度はSun MicrosystemsがテラFLOPSスパコンを構築すると発表したようです。
先日のIBMスパコンはペタFLOPSでした。
内容は、ドイツで46.6テラFLOPS、ブラジルで23.2テラFLOPSだそうで、なんか演算スケールが大きくなりすぎてよく分からない世界になっていますね。
ちなみにドイツのスパコンは航空機の設計に必要な数値シミュレーション向け、ブラジルのはサンパウロ大学向けだそうです。

いつ導入されるかについては言及されていませんが、今後のTop500もさることながら、王者のIBMがどのような対応を取ってくるかも注目ですね。

引用元:ITPro

 Sun Constellation SystemはSunの「Petascale」アーキテクチャを採用し,クアッドコア・プロセサ「AMD Opteron 2347HE Quadcore processor」2個構成のブレード・サーバー「Sun Blade 6220」を768台を組み合わせることで,演算コア数合計6144個のシステムとする

Software

月額300円でATOKが利用可能に、ジャストシステムが月額課金を初採用:ITpro /
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080618/308543/

月額300円でいつも最新ATOKに–ジャストシステム、「ATOK定額制サービス」開始:ニュース – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20375561,00.htm

一太郎などで有名なジャストシステムですが、なにやら面白いサービスを始めるようです。
ATOKといえば、日本語変換に定評のあるアプリケーションですが、そのアプリケーションで新しいバージョンが出た際に、プログラムや辞書・辞典などをオンラインで更新することで、常に最新のATOKを利用できるようになるというものです。
ちなみクレジットカード利用のみで月額300円だそうで、9月2日より開始。

毎年バージョンアップしているようなユーザならば、年間あたりの金額もパッケージ版よりも格段に安いし、自動的にバージョンアップしてくれることで非常に使い勝手が良いんじゃないでしょうか。

ただ、オンラインで有効期間を認証する仕組みにするらしく、週に一度程度はインターネットに接続する必要があるようで、ここらへんは仕方がないところですかね。

日頃から愛用しているけど、バージョンアップを忘れがちなんだよねという方は、利用してみるのはいかがでしょうか。

Willcom

ウィルコム、タッチパネルを採用した「WILLCOM 03」を6月27日より発売:モバイルチャンネル – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20375553,00.htm

WILLCOM 03発売日決定!6月27日 – 伊藤浩一のW-ZERO3応援団 /
http://d.hatena.ne.jp/itokoichi/20080618/p5

WILLCOM 03は6月27日発売、6月20日より予約開始 – Engadget Japanese /
http://japanese.engadget.com/2008/06/18/willcom-03-6-27-6-20/

ついにWILLCOM 03の発売日が決定したようです。
発売日は2008年6月27日のようで、予約は6月20日より全国のウィルコムプラザ、ウィルコムショップなどで開始されるようです。
Windows Mobile 6.1日本語版を搭載した初のスマートフォンだけに色々と期待できそうです。

価格は、W-VALUE SELECTで新規一括購入した場合は63,120円、分割のW-VALUEだと1,650円が毎月割り引かれるそうです。

デザインなどは格段に良いので早く機種変更したいですが、去年の12月に購入したばかりなので、とりあえず1年ぐらいは指を咥えて見ているしかなさそうです。

Web_browser

200806200049.jpg

Firefox 3、ついにダウンロード開始:ニュース – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20375519,00.htm

Mozillaが最新版Webブラウザ「Firefox 3」を公開,ダウンロード件数は順調に増加:ITpro /
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080618/308537/

「Firefox 3」、リリース後24時間で830万件のダウンロードを記録:マーケティング – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20375599,00.htm

2008年6月18日、Mozilla Firefox 3が正式にリリースされました。
主な新機能については、先日の記事を参照してください。

旧版のFirefox 2と比べてWebページの表示速度が2~3倍速くなったことや、15,000件以上の修正を施したこと、メモリーの消費量が減少したことが主な変更点です。
他にも、マルウェア侵入やフィッシングサイトへのアクセスが行われた際の警告機能などが追加されています。

因みに現在のダウンロード状況ですが、全世界で11,700,000件のダウンロードがあったようです。

ちょっと使用した感じですが、確かにレンダリング速度などは格段に向上しており、非常にWebページの閲覧にストレスを感じることは少なく、良いものに仕上がっていると思います。
ただ、Firefox 2にバージョンアップしたときに比べると、アドオンの対応状況が思わしくないのか、今まで使用していたアドオンが私の場合は殆ど使用できない状態です。これは久しぶりにアドオンの入れ替え作業を行わなければなぁ、といった感じです。

ただ、手放しでリリースを喜べない状況にもなっております。

「Firefox 3」、正式リリース後5時間で初の脆弱性が見つかる:ニュース – CNET Japan /
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20375606,00.htm

詳細は分かっていませんが、Firefox 2にも存在する脆弱性のようで、速く改善されることを希望しています。