2019-02-11 09:55:32AIX、UNIX、Linuxin-memory, redis, unbound

Unbound logo

DNSのキャッシュサーバとして有名なUnboundですが(最近はコンテンツサーバ的な機能を実装しているみたいですが)、今さらながらバックエンドにredisなどを指定できるようになっていたこと知りました・・・

Changelogを確認する限り、1.7.1からみたいですね。

2016-02-20 09:53:25zabbixunbound, unixtime, zabbix, 統計情報

https://www.zabbix.com/documentation/3.0/manpages/zabbix_sender

自宅環境で、Zabbix3.0を使用しているわけですが、Unboundの統計情報をZabbixに送信しようとしてうまく遅れていないことに気が付きました。

manページを見る限り、それに言及する言葉はないようにみえるのですが、どうにも添付する際のUnixtimeはint型でなければ駄目のようです。

2014-05-18 10:46:56AIX、UNIX、Linuxcache, DNS, linux, unbound

https://nlnetlabs.nl/projects/unbound/about/

通常unboundのサービスの再起動を伴うと、それまでキャッシュしていたDNSの情報は全て消去されます。
場合によってはDNSキャッシュを持っておいたほうが、反応時間の改善としては良い場合があります。

執筆時点でのUnboundのSVN Revision 3131で、キャッシュのウォームスタートを行うことができるスクリプトが追加されました。
しかしながら作成者がロシアの方なのか、ロシア関連のドメインしか先読みしないようになっています。
ということで自分用に少しinitスクリプトを編集して、キャッシュのウォームスタートが出来るような仕掛けを作ってみました。

検証環境:

2014-04-16 10:27:37AIX、UNIX、Linuxcompile, DNS, linux, unbound, コンパイル

https://nlnetlabs.nl/projects/unbound/about/

Unboundの開発版であるSVN RepositoryのChangelogを見ていると、パフォーマンスの改善や機能実装の追加などが色々と盛り込まれているのを確認したところ、ちょっと試してみたくなったのでコンパイルしてみることにしました。

しかし、コンパイルしようとすると./configureは通るのですが、makeが通らないという問題に直面しました。

2014-03-13 10:39:23AIX、UNIX、LinuxDNS, linux, unbound

Unbound /
http://unbound.net/download.html

高速でBINDに比べても安全と言われているDNSキャッシュサーバ、unboundの1.4.22が公開されました。

2014-02-24 15:37:11ARMarm, armhf, cubietruck, DNS, subversion, svn, unbound

先日ARMボードであるCubietruckを入手したわけですが、現在、DNSのSlaveとして動作させている、Raspberry Piの代わりをさせようかと、DNSキャッシュサーバであるUnboundを導入しようと思っていたのですが、コンパイルが中々通らず四苦八苦していました。

というのもGCCを導入してもなぜかLTO-Wrapperというものが要求され、そのせいでUnboundのコンパイルが通らない状況でした。lto-wrapper自体は以下のパスに存在しているので、なぜ要求されるのかずっと分かりませんでした。

2013-12-04 10:05:27AIX、UNIX、LinuxCentOS, NSD, script, systemd, unbound, スクリプト

上記のような記事を書いてきたわけですが、やはり再起動を繰り返してみるとUnboundおよびNSDの起動に失敗することが分かりました。インターフェースのIPアドレスのアサインまで間に合っていないようです。