2019-07-07 10:26:21AIX、UNIX、Linux, Softwaremariadb, mysql

手元にあるZabbixサーバを確認していたところ、あるタイミングでデータベースの更新が止まっているのに気が付きました。そのデータベースではストアドプロシージャを実行してパーティショニングしているのですが、どうやらうまく動作していない様子。

2016-10-01 13:39:21AIX、UNIX、Linuxlinux, mysql, Percona, xtrabackup, バックアップ, リストア

https://qiita.com/takemotto/items/ab78b692bca8e9838de8

Zabbixのデータベースのバックアップを取ろうとしたところ、lost connectionになってしまい、取れなかったので、xtrabackupを使用してみました。

検証環境:

  • CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)
  • mysql Ver 15.1 Distrib 10.1.18-MariaDB, for Linux (x86_64) using readline 5.1
  • percona-xtrabackup-2.3.5-1.el7.x86_64
  • lz4がインストールされていること

2016-09-17 10:44:24zabbixmysql, zabbix, アップグレード, 失敗

https://support.zabbix.com/browse/ZBX-11203

Zabbix 3.2が公開になりましたねー というわけで速攻既存環境のCentOS 7で稼働させていた3.0をアップグレードしてみたところ失敗しました。

確認環境:

2015-05-20 10:43:14AIX、UNIX、Linux, zabbixmariadb, my.cnf, mysql, tuning, zabbix

すったもんだあった自宅環境のZabbixサーバのiowaitが高い問題があったわけですが、MariaDB 10.0がGAになったのに合わせてやっぱり切り替えてみることにしました。

gearbest

2014-06-16 10:44:51zabbixmariadb, mysql, zabbix

以前上記のような記事を書いたのですが、実はMigrationを行った後大きな問題が、自宅環境では発生していました。
それはなぜかiowaitが高止まりするという現象です。

パラメーターチューニングなどは色々なWebサイトを参考に行ってみたものの、ほとんど効果を感じることができず、またファイルシステムやKernelの入れ替えも試してみたのですがダメでした。

2014-05-03 10:55:59AIX、UNIX、Linuxmariadb, mysql, zabbix

mariadb.png

何番煎じか分かりませんが、自宅環境で使用しているZabbixのデータベースをMySQL 5.6からMariaDB 10.0.10に移行してみました。

特に理由は無いのですが、職場でMariaDBが~という話が聞こえてきていたので気になったので入れ替えてみることにしました。

2013-12-10 10:08:36AIX、UNIX、LinuxCentOS, my.cnf, mysql

How To Find and Optimize Fragmented Tables in a MySQL Database | kmsm /
http://kmsm.ca/2010/how-to-find-and-optimize-fragmented-tables-in-a-mysql-database/

検証環境:

# cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.5 (Final)
# mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.6.15, for Linux (x86_64) using  EditLine wrapper
https://github.com/major/MySQLTuner-perl

MySQLのチューニング指標に使用することができる、MySQLTunerですが、こちらを使用して自宅環境のMySQLについて調査してみたところ、気になる点が幾つか出ました。

2013-12-09 10:40:01AIX、UNIX、Linux, zabbixcache, io wait, linux, mysql, tuning, zabbix, キャッシュ, チューニング

zabbix_iowait0.png

先日よりZabbix 2.2が公開されたわけですが、私の環境では常にiowaitが20~30%台をうろつく負荷状態でした。精神衛生上良くないので、自分でMySQLのチューニングなどを調べながらしてみたわけですが一向に改善せず、Twitterで呟いたところ、Zabbixではおなじみのくりゅー先生からアドバイスを頂けました。

InnoDBへの圧縮は入れていましたが、対象のテーブルに対して圧縮を掛ける必要があるのは知りませんでした。早速くりゅー先生謹製の下記資料を読んで圧縮の設定を入れてみることにしました。