2015/02/13 14:26AIX、UNIX、LinuxIBM,kernel,linux,z13

https://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=Linux-3.20-s390-IBM-z13

z13のイベントは体調不良のため参加できなかったのが悔しいです。
# もう一回やってくれないですかね。

色々とモンスター級のIBM z Systems z13ですが、KVM対応したりOpenStackが使えたりとLinuxへの親和性を高めているようです。で、LKMLを確認したらどうやらさらに親和性を高めるべく次期Linux Kernel 3.20ではz13の完全対応を目指すようです。

2014/09/26 15:14勉強会IBM,POWER8

2014年9月25日に晴海にある日本IBMさんにて、「POWER8 徹底解剖! ~インフラエンジニアなら知っておきたいPOWERのイマ~」というイベントが開催されましたので、お邪魔になるかなぁとビクビクしながら参加してきました。
# 誘っていただいた@SRCHACK.orgさん、ありがとうございます!

https://www.facebook.com/events/1472854072992930/1475699179375086/

まず始めにPOWER8は今までのものとはどう違うのかというプレゼンがありました。
とりあえずイキナリ度肝を抜かれたのは、1コア8スレッド(IBMさんは8WAYと説明されていました)、12コアモデルになったということです。この時点で某IntelのHyper-Threadingとか置き去り感があります。

某IntelのHaswall-EPのE5-2699v3で18コア36スレッドなので、その圧倒的ぶりが伺えます。
だいたいこのクラスになると2Socketで使用することが多いのでPOWER8の場合は192スレッドです。クロックも3.02から4.15GHzまであるので充分でしょう。
プレゼン資料にもベンチマークが掲載されていますが、同クラスで比較してもそのパフォーマンスが優位なことが伺えます。

2014/03/21 10:25勉強会IBM,power,System z,ミートアップ

いつもお世話になっている、@SRCHACK.orgさんから、「IBM System z Bloggers Meet-up」っていうSystem zを見れるイベントがあるんだけど来ない、と誘われたので、なかなか見る機会がないメインフレームの大御所、IBMのSystem zを見に行ってきました。

会場は晴海にあるIBMの検証センターで行われました。
参加されている方は筋金入りのメインフレーム使いから、果ては小飼弾さんがいらっしゃったりとすごい顔ぶれが勢揃いしており、私のような興味本位だけで来た人間がいてもいいのかと心配になるようなメンツでした。