Microsoft、Windows2004,WDDM,Windows,Windows10,マルチモニター,リフレッシュレート

Windowsには昔からマルチモニター環境において、ディスプレイごとにリフレッシュレートが変わって設定され、かつ普通には変更できないためカクツキ(スタッター)やチラツキが発生してしまうことがありました。

ちなみに筆者環境でも同じ問題で悩まされており、特にエクスプローラーの背景などがチラツキによりダークモードなどが反映されない問題が発生しておりました。

で、この問題どうやら先日リリースされたWindows10 2004(20H1)で解消したようです。