[Microsoft][セキュリティ][自分用メモ]2020年1月のセキュリティ更新プログラム (月例) 

2020-01-21 16:25:48Microsoft、Windows, SecurityKB4528760, Microsoft, Windows, windows7, アドバイザリ, セキュリティ情報, セキュリティ更新

一週間遅れの情報となりますが。 Microsoft恒例のWindows Updateの日が来てました。当日はChromium版Microsoft Edge (stable版)の公開日でもありました。

2020年1月のセキュリティ更新プログラム

注意点

  • 2020 年 1 月の定例リリースで公開した CVE-2020-0601 の脆弱性に関しまして、MSRC が追加の情報をブログに公開しています。
  • 2020 年 1 月 14 日 (米国時間) を持ちまして、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008 のサポートが終了となります。1 月の定例リリースで公開した最新のセキュリティ更新プログラムを適用するとともに (なお 1 月のセキュリティ更新プログラムに関するサポートについては公開から 30 日間受けることができます)、これらのバージョンの Windows を利用している場合は、サポートされているバージョンの Windows への移行をお勧めします。また Windows 7 の拡張セキュリティプログラム (ESU) に関する詳しい情報はサポート技術情報 4527878 をご参照ください。

2020 年 1 月のセキュリティ更新プログラム

製品ファミリ最大深刻度最も大きな影響関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ
Windows 10 v1909、v1903、v1809、v1803、v1709緊急リモートでコードが実行されるWindows 10 v1903 および Windows 10 v1909: 4528760、Windows 10 v1809: 4534273、Windows 10 v1803: 4534293、Windows 10 v1709: 4534276
Windows Server 2019、Windows Server 2016、Server Core インストール (2019、2016、v1909、v1903、v1803)緊急リモートでコードが実行されるWindows Server v1903 および Windows Server v1909: 4528760、Windows Server 2019: 4534273、Windows Server 2016: 4534271、Windows Server v1803: 4534293
Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008緊急リモートでコードが実行されるWindows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows RT 8.1 マンスリー ロールアップ: 4534297、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 セキュリティのみ: 4534309、Windows Server 2012 マンスリー ロールアップ: 4534283、Windows Server 2012 セキュリティのみ: 4534288、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 マンスリー ロールアップ: 4534310、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 セキュリティのみ: 4534314、Windows Server 2008 マンスリー ロールアップ: 4534303、Windows Server 2008 セキュリティのみ: 4534312
Internet Explorer緊急リモートでコードが実行されるInternet Explorer の累積的な更新プログラム: 4534251
Microsoft Office 関連のソフトウェア重要リモートでコードが実行されるOffice に関連するサポート技術情報: 4484217448424344842344484223448422144842364484227
.NET Framework 関連のソフトウェア緊急リモートでコードが実行される.NET Framework に関連するサポート技術情報: 4535102453497645351044534978453510345349774532936453293545329334535101453293845351054534979453427145343064534293
Microsoft Dynamics 365 Field Service (オンプレミス)重要なりすましMicrosoft Dynamics Field Service の更新プログラムの詳細については、https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/field-service/user-guide を参照してください。
Microsoft OneDrive for Android             重要セキュリティ機能のバイパスMicrosoft OneDrive for Android の更新プログラムの詳細については、https://portal.msrc.microsoft.com/ja-jp/security-guidance を参照してください

新規のセキュリティ アドバイザリの公開

次回のセキュリティ更新プログラムのリリース

次回は2020年02月12日(日本時間)。

コメント

CAUTION

今のところ一番影響が大きいのは以下の脆弱性対応でしょうね。

Windows 10およびWindows Server 2016/2019、Microsoft Edge

最大深刻度は“緊急”。米国家安全保障局(NSA)が警告する暗号化機能の致命的な脆弱性や「リモート デスクトップ接続」クライアントで任意のコードが実行される脆弱性(CVE-2020-0611)が対策されている。

Windows 10 バージョン 1909:KB4528760
Windows 10 バージョン 1903:KB4528760
Windows 10 バージョン 1809:KB4534273
Windows 10 バージョン 1803:KB4534293
Windows Server 2019:KB4534273
Windows Server 2016:KB4534271

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1229224.html

参考

追記

その1

どうやら2020年1月に配布されている更新プログラム、 Windows10 v1903およびv1909用KB4528760にて、 『0x800f0982』や『0x800f0988』 が発生し正常にインストールできない問題が発生しているようです。

その2

以前から発生している、Windows10環境で、新規にPCをセットアップ時、日本語IME(および中国語、韓国語IME)を有効にしているとローカルアカウントが作成できない場合がある不具合、について現在も問題は継続しているようです。

2020年1月30日:追記

Dリリースと呼ばれるスケジュールにて 「Windows 10 バージョン 1903/1909」向けのオプション更新プログラム「KB4532695」が公開されました。現在、“Windows Update”より手動での適用が可能だそうです。

このパッチで修正された問題は以下の通り。「Windows 10 バージョン 1909」で報告されていた「エクスプローラー」で検索ボックスが反応しなくなる不具合も解決されているようだ。

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1231943.html
この記事を書いた人
kometchtech

kometchtech
うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。
Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中