[ownCloud][nginx] ownCloud+apache2をownCloud+Nginx+php-fpmに変更する(ただし色々問題あり)

AIX、UNIX、Linux
ownCloud on nginx - Qiita
最近でもストックしてもらえるので需要がある様子。 公式ドキュメント(Ver9.2)のURLが変わってしまったのでリンク先を修正しました (2016/09/27) 環境 Mac Book (Early2008) OS:Lubunt...

上記のとおりなんですが・・・
自分のメモとして残しておきます。

CAUTION

この方法だとownCloudのアップデートに失敗します。nginxを使用した環境の場合は、素の状態からの導入がいいみたいです。

Setup ownCloud 7 with Nginx on Ubuntu 14.0.4.1 – surject.com /
http://www.surject.com/setup-owncloud-7-server-nginx-ubuntu/

環境:

  • Distributor ID:Ubuntu
  • Description:Ubuntu 14.04.1 LTS
  • Release:14.04
  • Codename:trusty

手順

1. Nginxの導入

deb http://nginx.org/packages/mainline/ubuntu/ codename nginx
deb-src http://nginx.org/packages/mainline/ubuntu/ codename nginx
sudo apt-get update
sudo apt-get install nginx

2. php関連パッケージの道入

sudo apt-get install php5-common php5-fpm php5-cli php5-json 
php5-mysql php5-curl php5-intl php5-mcrypt php5-memcache php-xml-parser php-pear

3. apache2の停止

sudo service apache2 stop

4. nginx設定ファイルの修正

sudo cp /etc/nginx/conf.d/default.conf /etc/nginx/conf.d/default.conf.backup
sudo vi /etc/nginx/conf.d/default.conf
upstream php-handler {
  #server 127.0.0.1:9000;
  server unix:/var/run/php5-fpm.sock;
}

server {
  listen 80;
  server_name cloud.example.com;
  # enforce https
  return 301 https://$server_name$request_uri;
}

server {
  listen 443 ssl;
  server_name cloud.example.com;

  ssl_certificate /etc/ssl/nginx/cloud.example.com.crt;
  ssl_certificate_key /etc/ssl/nginx/cloud.example.com.key;

  # Path to the root of your installation
  root /var/www/owncloud/;
  # set max upload size
  client_max_body_size 10G;
  fastcgi_buffers 64 4K;

  rewrite ^/caldav(.*)$ /remote.php/caldav$1 redirect;
  rewrite ^/carddav(.*)$ /remote.php/carddav$1 redirect;
  rewrite ^/webdav(.*)$ /remote.php/webdav$1 redirect;

  index index.php;
  error_page 403 /core/templates/403.php;
  error_page 404 /core/templates/404.php;

  location = /robots.txt {
    allow all;
    log_not_found off;
    access_log off;
  }

  location ~ ^/(?:.htaccess|data|config|db_structure.xml|README){
    deny all;
  }

  location / {
    # The following 2 rules are only needed with webfinger
    rewrite ^/.well-known/host-meta /public.php?service=host-meta last;
    rewrite ^/.well-known/host-meta.json /public.php?service=host-meta-json last;

    rewrite ^/.well-known/carddav /remote.php/carddav/ redirect;
    rewrite ^/.well-known/caldav /remote.php/caldav/ redirect;

    rewrite ^(/core/doc/[^/]+/)$ $1/index.html;

    try_files $uri $uri/ /index.php;
  }

  location ~ .php(?:$|/) {
    fastcgi_split_path_info ^(.+.php)(/.+)$;
    include fastcgi_params;
    fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
    fastcgi_param PATH_INFO $fastcgi_path_info;
    fastcgi_param HTTPS on;
    fastcgi_pass php-handler;
  }

  # Optional: set long EXPIRES header on static assets
  location ~* .(?:jpg|jpeg|gif|bmp|ico|png|css|js|swf)$ {
    expires 30d;
    # Optional: Don't log access to assets
    access_log off;
  }

}

ちなみに上記の設定ファイルは公式ドキュメントのものです。
http://doc.owncloud.org/server/7.0/admin_manual/installation/configuration_nginx.html

5. オレオレ証明書をコピーする。

sudo mkdir /etc/nginx/ssl
sudo cp /usr/local/ssl* /etc/nginx/ssl

6. php-fpmのオーナーを変更する。

listen.owner = nginx
listen.group = nginx

7. サービスを起動する。

sudo service php5-fpm restart && sudo service nginx restart

たぶんアクセスするURLがhttps://xxx.xxx.xxx.xxx/ に変わっているはずです。適宜configを修正してください。

あと・・・

また、uploadサイズがdefaultに戻っているはずなので、必要な場合は修正してください。

memory_limit = 2048M
post_max_size = 2048M
upload_max_filesize = 2048M

External StorageとしてDropboxを接続するときは、defaultのままだとconnection reset by peerまたは502 bad gatewayになる可能性が高いので、以下を変更する。

request_terminate_timeout = 60

最初にも書きましたが、このままだとownCloudからのupdateが出来ないので、ソースからの道入を試みたほうがいいと思います。

間違い等あればご指摘ください。

この記事を書いた人

kometchtech

うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。 Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

いつか、そのとき、あの場所で。rev.2
タイトルとURLをコピーしました