AIX、UNIX、Linux

nlnetlabs.nl :: Name Server Daemon (NSD) :: /
http://www.nlnetlabs.nl/projects/nsd/

10月29日付ですが、NSD4の正式版に当たる4.0.0が公開されました。

FEATURES:
– – documented in doc/NSD-4-features. Change configuration without
restart, direct nameserver control with nsd-control, support a
higher number of zones. Higher performance (compared to NSD3).
– – nsdc is gone. Use kill -HUP for reload (also checks if zonefiles
have changed and rereads them), and kill -TERM for quit. Or use
nsd-control for detailed control.
– – cron job for nsdcpatch is gone. nsd-control write creates zonefiles.
– – nsd.db has a new format that compacts itself when it is changed,
thus nsdc patch is no longer necessary.
– – nsd.db is memory mapped, NSD needs (part of) that mmap in ram.
– – tcp-count can go above 1000; epoll/kqueue support with libevent.
– – nsd-control reconfig for updates with no restart (zones, keys, ..)
– – nsd-control-setup to create keys for nsd-control (enable nsd-control
with remote-control: yes in nsd.conf).

FEATURES (incremental from BETA5):
– – configure –disable-recvmmsg for compat with older Linux kernels,
by default it autodetects support in the kernel on the buildmachine.
– – Fix time at 2038, uint32s changed to time_t, support 64bit time_t.
– – Fix use of 32bit time, for 2038, thanks to Theo de Raadt for patch.
BUG FIXES (incremental from BETA5):
– – Bugfix#518 Incorrect RRL prefix length option names in nsd.conf
man page from Ville Mattila.
– – Fix that xfrd, and nsd-control, does not stop responding when reload
errors out. The pid is sent like it should by server_main.
– – Fix that EOF in quoted string error does not cause reload to exit.
– – Fixup errors from the stack code checker.
– – Removed use of random when arc4random is available. Thus, random
and srandom are then not linked with the executable.
– – Fix segfault with no logfile and chroot.
– – Fix IXFR handling, that was discovered in the RC1. More leniently
handle uppercase in RRSIG and NSEC rdata, during IXFRs. There is a
fix as well as more detailed error logging for this case.
– – Print slightly more human friendly TSIG errors and updated the
manual page for the -d option for nsd.
– – Fix (in rc3) where reconfig would not initialise zones that change
from primary to secondary (due to config changes); those zones
did not perform zone transfers right away, and they do now.

パフォーマンスの改善やバグフィックスが大量に入っているので、気になる方はドキュメントを参照の上、導入を検討されては如何でしょうか?

2013-10-16 10:04:10AIX、UNIX、Linuxcompile, linux, log, logroate, コンパイル

https://korokorokoron.hatenadiary.org/entries/2011/08/29

zabbix の2.0.9が出ていることに気がついて、コンパイルして導入したところ、そういえばlogローテーションをしていないことに気が付き、慌ててlogローテーションをするように設定したところ、以下の様なエラーが発生しました。

/var/log/zabbix/zabbix_agentd.log {
  rotate 7
  missingok
  monthly
  notifempty
  compress
  dateext
  create 0664 zabbix zabbix
}

2013-10-15 10:15:27mikrotikMikrotik, ntp, Routerboard, RouterOS, 時刻同期

sntp1.png

通常、RouterOSはSNTP Client機能を標準で提供していますが、RouterBoard自身がNTP Serverとしての機能を提供したいという時もあると思います。

そういう時は、Mikrotik社のWebサイトから「All Packege」ファイルをダウンロードし、その中にあるNTPパッケージをRouterboardにuploadします。uploadする方法については、FTPやSCP、Winboxからのドラッグ・アンド・ドロップでも対応できます。

2013-10-07 10:13:12VMware ESXi

にほんごVMware: 仮想マシンバージョンのロールバック(vmx-09→8) | VMware Communities /
https://communities.vmware.com/people/gowatana/blog/2012/12/23/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-vmx-09-8

vmx-10.png

最新のVMware vSphere Hypervisor 5.5 では仮想マシンバージョンが10になっています。
が、10にアップグレードすると、上記の画像のようにvShpere Clientから設定の編集が行えなくなってしまいます。
ということで仮想マシンバージョンを一時的にでもダウングレードしたい場合、以下の方法を行うことで仮想マシンバージョンのダウングレードが行えます。

gearbest

2013-10-04 10:00:08mikrotikMikrotik, Routerboard, スクリプト

以前にRouterboardのconfigをGmailに送信してバックアップする記事を書きましたが、送信先のメールサーバーのアドレスをIPアドレス直接指定するという、何とも気持ち悪い書き方だったのですが、名前解決する方法が分かったので、修正してみました。

# 修正前
/tool e-mail send server=74.125.143.108
# 修正後
/tool e-mail send server=[:resolv smtp.gmail.com]

この様に記述を変更することで、名前解決が出来るようになりました。勿論RB自体にDNS設定が入っていることが前提ですが。

使用できるグローバルコマンドについては以下を参照してください。

Manual:Scripting – MikroTik Wiki /
http://wiki.mikrotik.com/wiki/Manual:Scripting#Global_commands

2013-10-03 10:16:01mikrotikHE.net, Hurricane Electric, ipv6, Mikrotik, Routerboard

最近巷で流行の兆しが見えてきている、MikroTik社のRouterboardですが、自宅でIPv6を使用したいけど、使用できないという方は、Hurricane Electric IPv6 Tunnel Broker(以下HE.net)というサービスがあります。

ここは無償でIPv6アドレスのTunnelを作り仮想的にIPv6アドレスを払いだしてくれるサービスです。

というわけで、RouterboardでHE.netを利用するコマンドを以下に紹介します。

うつ

名称 色・形・記号 用法 服用タイミング
アモキサンカプセル25mg 淡赤褐:白/赤 1夕食後服用 内服薬    1cap
ジェイゾロトフ錠50mg 白/楕円形 1夕食後服用 内服薬    1錠
ドグマチール錠50mg 白帯/黄白/錠 1夕食後服用 内服薬    1錠
リボトリール錠2mg 白/錠 1夕食後服用 内服薬    1錠

個人的には話し相手が出来て、精神的に安定してきたような気がします。
とりあえず医師からは様子を見ましょうと、相変わらずの返事でしたが、近いうちに薬の量も減らせるのではないかなと思っています。

早く身体を治して色々なことに精力的に取り組んでいきたいです。

mikrotik

自宅ラック勉強会 #15.1 RouterBoard勉強会 Vol.2 – connpass /
http://connpass.com/event/3512/

再びですが、MikroTik社のRouterboardに関する勉強会の第2回を開催することになりました。

今度はベンチマーク勉強会と合同で、テーマは「Mikrotik社のRouterBoard&CCRを色々ハンズオン&ベンチマーク」となります。
MikroTik社のRouterboard製品を多数集めて、色々と性能試験をしてみようという内容になります。
いかにコストパフォーマンスに優れているのか、VPNの性能は?などなど、良くも悪くも分かっていないRouterboard製品をいじり倒す勉強会になりそうです。

Routerboardが気になっている方や、性能はどうなんだろうという疑問をお持ちの方は、是非参加してみてはいかがでしょうか?