2011年を振り返って。

雑記振り返り

年の瀬も押し迫った今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

2011年も振り返ると色々なことがありました。
自分の備忘録として、また来年に向けての下地となるようにこの一年を振り返っておこうと思います。

3月11日について

言うまでもなく、東北福島沖で起きた、東日本大震災です。
ちょうどあの日は東京に出張の予定があったので、新幹線に乗車中でした。品川を通過しまもなく東京ということで下車準備をしていたところ、車内に緊急停止のアナウンスが流れました。座った途端に揺れに襲われましたが、あのような経験は二度とはしたくないものです。
N700系に乗っていたので電源に困ることはなかったので、情報収集にはあまり困りませんでした。また、Twitterが使えていたというのも大きかったと思います。
自社から友人宅への徒歩、帰宅困難者の列、東京駅から西日本へ移動される人の多さに、色々と驚いて帰ったのを覚えています。
また、両親や兄弟が仙台に在住していたため数日間は色々とストレスの貯まる日々でもありました。幸いにして両親や兄弟には何もなかったのですが、地震や津波の被害の映像を見るたびに、何ともやるせない気持ちになりました。

勉強会について

去年の勉強会への参加を皮切りに、今年も色々と多くの勉強会に参加することができました。
自費での東京との往復を考えると、あまり考えたくないぐらいお金を掛けてしまったような気がしますが、お金をかけただけの得るものがあったと思っています。また、勉強会スタッフとして色々と参加する機会も多く得ることができ、運営サイドとして色々と学ぶ機会も多かったです。
また、7月には念願かなって自分自身で勉強会を開く機会を持つことができました。自分自身が学びたいと思っていたipv6に関する勉強会ですが、今のところ経験者の方から教えて頂くという立場の勉強会ですが、来年はハンズオンなどを交えて参加者全員で勉強する場にしていこうと考えています。
また、12月に参加した勉強会初心者の方向けの勉強会では、普段聞くことができない意見や情報もありました。また、ipv6studyへの率直な意見も頂いたので、それを改善できるよう来年は頑張っていこうと思います。

仕事について

今年一年は勉強会を通じて、仕事に対する取り組みについて色々と悩む機会が多かった一年でした。
勉強会では自分と同い年かまた下の年齢の方でも多くの優秀な方と出会うことで、自分自身のキャリアパスについて、真正面から向きあう機会が多く、また悩むことも多かったです。
今までの仕事の取り組み方、または技術習得に対する姿勢についても非常に多く考えさせられる年でもありました。また、幸いにして勉強会でお世話になった方々から色々とご助言を頂くことができ、自分なりに今後の取り組み方が見えたような気がします。
2012年1月をもって今の現場を去り、2月からまた東京に戻ることとなりました。東京以外で取り組まなければいけないことを残しているので、東京に戻った後も色々と取り組んで行こうと思います。

自分自身について

東日本大震災以降、色々と精神的に滅入ることが多くありました。また、TwitterやFacebookを通してのコミュニケーションを取る機会も増え、物理とWebでの二面性より色々と悩んだり、追い詰められることも増えました。色々と対応策や付き合い方について模索しているところですが、解決策が見つかっていません。意外に腹を割って話せる友人が少ないんだなと、今回ぼっちを認識させられました。
とはいえ来年は少し環境も変わるので、それを起点に解決していければと思います。
また、来年は少し機材の購入については自重しようかと考えています。もう少しじっくりと向き合い、また他の技術の習得に邁進していこうと思います。あと、巷で言われている某IYH神は引退します。

それでは皆様良いお年をお迎えください。

雑記振り返り