Parallels、Windows XPからWindows 7への移行ツールを発表。

Software,仮想化Paralles,windows7

Mac OS上でWindows OSを動作させる仮想化ソフトウェアで有名なParallelsですが、その仮想化を粉宇技術を応用して、Windows XPからWindows 7への以降を容易にするツールを開発したとのこと。

このソフトウェアは、Windows XPまたはWindow Vistaを稼働するPC上にあるファイルやプログラムを取り出してまとめ、新規のPCまたはWindows 7にアップグレード予定の既存PCでの利用を可能にする。Windows 7との互換性がないプログラムも、仮想化技術を利用してWindows 7上で稼働できるようにする

http://japan.zdnet.com/news/software/story/0,2000056195,20411809,00.htm

ただOSをアップグレードさせるわけではなく、Windows XP上で動作していたアプリケーションなどを仮想化し、それをWindows 7上で動作させる、VMwareでいうところのThinAppみたいなものになるのでしょうか?

もしこれがホストOSがWindowsのものにも対応しているとなれば、現状どうしてもアプリケーションの関係などでWindows 7へ移行を断念していた方にとっては朗報かもしれません。

<修正:2010/04/09 21:31>Thanks nanaka!

この記事を書いた人
kometchtech

kometchtech
うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。
Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

Buy Me A Coffee