Networkipv6,Youtube

https://japan.zdnet.com/article/20408248/

昨今、IPv4の枯渇が叫ばれていますが、Googleは動画ストリーミングサイト「Youtube」でIPv6での利用を開始したとのことです。

最近はIPv6への移行をしているサイトは徐々にではありますが増加しているそうですが、ISP側が中々対応していないこと、一般ユーザでの認知が殆どされていないことから、このようなユーザの多いサイトから対応されていくと、ISP側も移行に動いてくれるような気がするのですが、どうなんでしょうか?

ただ、ISP側も一気にIPv6へ移行するのかまたはキャリアグレードNATなどを使用し、短期間でもユーザ側にはIPv6を意識させないでIPv4環境を維持することも考えられていますので、今後のIPv6への移行について、その取り組みに注目ですかね。