2014/09/26 15:14勉強会IBM,POWER8

2014年9月25日に晴海にある日本IBMさんにて、「POWER8 徹底解剖! ~インフラエンジニアなら知っておきたいPOWERのイマ~」というイベントが開催されましたので、お邪魔になるかなぁとビクビクしながら参加してきました。
# 誘っていただいた@SRCHACK.orgさん、ありがとうございます!

https://www.facebook.com/events/1472854072992930/1475699179375086/

まず始めにPOWER8は今までのものとはどう違うのかというプレゼンがありました。
とりあえずイキナリ度肝を抜かれたのは、1コア8スレッド(IBMさんは8WAYと説明されていました)、12コアモデルになったということです。この時点で某IntelのHyper-Threadingとか置き去り感があります。

某IntelのHaswall-EPのE5-2699v3で18コア36スレッドなので、その圧倒的ぶりが伺えます。
だいたいこのクラスになると2Socketで使用することが多いのでPOWER8の場合は192スレッドです。クロックも3.02から4.15GHzまであるので充分でしょう。
プレゼン資料にもベンチマークが掲載されていますが、同クラスで比較してもそのパフォーマンスが優位なことが伺えます。