AIX、UNIX、LinuxAnsible, debian, python

最初に

最近はPythonについて、Python 2については今後のアップデートがないため事情がない限りはPython 3を使用することが推奨されていると思います。

とはいえ、Debian 10 (Buster)についてはリリースの関係からpythonのデフォルトは2で設定されており、 python3.x系列を利用したい場合には明示的にpython3を実行する必要があります。

https://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0581

しかしながらAnsibleをDebian 10なマシンに対して実行すると以下のようなメッセージが表示されます。

PLAY [all] *******************************************************************************************************************
 
TASK [apt install packages] **************************************************************************************************
 [WARNING]: Platform linux on host xxx.xxx.xxx.xx2 is using the discovered Python interpreter at /usr/bin/python, but future  
installation of another Python interpreter could change this. See 
https://docs.ansible.com/ansible/2.8/reference_appendices/interpreter_discovery.html for more information.                    
    
ok: [xxx.xxx.xxx.xx2]
 [WARNING]: Platform linux on host xxx.xxx.xxx.xx1 is using the discovered Python interpreter at /usr/bin/python, but future  
installation of another Python interpreter could change this. See
https://docs.ansible.com/ansible/2.8/reference_appendices/interpreter_discovery.html for more information.                    
 
ok: [xxx.xxx.xxx.xx1]   

というわけで実行するPythonのバージョンを指定する方法をメモしておこうと思います。

2019-07-29 09:53:29AIX、UNIX、Linuxapt, debian, OpenMediaVault

先日、以下のような記事を書きました。

その後すぐにTwitterで以下のようなツッコミおよび情報を教えていただきました。

2019-07-19 10:44:29AIX、UNIX、Linuxapt, debian, OpenMediaVault

How-to-configure-apt-in-Debian-Buster-after-release
CAUTION

2019年7月29日

色々と勘違いしておりましたので、その2を書きました。

Debian(Stretch)ベースでOpenMediaVaultを動作させていたサーバから、以下のようなエラーメッセージが出力されているのに気が付きました。

なんじゃらほいということで対応してみることにしました。

2018-12-06 09:37:15ARMarm, Armbian, debian, image, Pine64, RockPro64, ubuntu

Screenshot_2018-12-06 RockPro64 – Armbian

Debian/Ubuntu系のArmイメージとして有名なArmbianですが、開発が続いてたRockPro64向けのイメージが来ていました。

2018-04-29 10:38:51AIX、UNIX、Linux4.15, bug, debian, kernel, l2tp, ubuntu, vpn, xl2tpd

先日、Ubuntu 18.04 LTSが公開になりました。皆様、アップデートされたでしょうか。

さて、自分も使用しているUbuntu 16.04 serverを18.04にアップデートしたところ、xl2tpdのインターフェースが作成されないことに気が付きました。

以下のようなメッセージが出力されています。

2018-02-17 14:18:15AIX、UNIX、LinuxAarch64, build, debian, DNS, dnsdist, dpkg, script, systemd, ubuntu, ロードバランサー

DNSサーバー向けのフィルターだったり、ロードバランサーだったり、最近だとquad9に使われているとか、などのdnsdistですが1.2.1が公開になりました。.1ですが、結構更新点あるようです。

2018-01-03 10:43:00AIX、UNIX、Linuxcron, debian, script, ubuntu

cronは*nixを使用している方ならば当たり前に使用していると思いますが、ズボラしてcron.dailyにscriptを置いて動作させようと思った時にハマったのでご紹介。