2016/12/23 10:58AIX、UNIX、Linux,Ubuntuapt,CLI,debian,dpkg,shellscript,ubuntu,パッケージ

List your largest installed packages (on Debian/Ubuntu) Using sed, sort

ARM板のimageをゴリゴリしていると、余計なパッケージを削除したくなります。
その際に、パッケージサイズの大きな順に並べ替えをしてリスト化する方法です。

コマンド一発です。以下の通り。

2014/01/06 10:50Ubuntuboot,CLI,grub,linux,text mode,ubuntu

なんらかの理由で、boot時にスプラッシュ画面ではなくテキストモードで起動させステータスを見たい場合、そして、コンソールをテキストモードで起動させたい場合、以下のように設定を変更することで設定を切り替えることが出来ます。

2013/05/03 10:46mikrotikbackup,CLI,Mikrotik,RouterOS,script,バックアップ

Manual:Configuration Management – MikroTik Wiki

configの全体出力方法がよく分からず悩んでいたのですが、上記Wikiを見てようやく出力する方法が分かりました。SSHもしくはTerminalからexportと入力してやるだけで、defaultから変更した値が全て入力形式で出力されます。

[admin@MikroTik] > export
# may/03/2013 03:50:32 by RouterOS 6.0rc14
# software id =
#
/interface ethernetset 0 name=LANset 3 arp=proxy-arp
/interface 6to4add comment="Hurricane Electric IPv6 Tunnel Broker" local-address=xxx.xxx.xxx.xxx mtu=\
  1280 name=sit1 remote-address=xxx.xxx.xxx.xxx
/ip neighbor discoveryset sit1 comment="Hurricane Electric IPv6 Tunnel Broker"
/ip hotspot user profileset [ find default=yes ] idle-timeout=none keepalive-timeout=2m

デフォルトも含むconfigで出力したい場合は<strong>export verboseで全出力が出来るようです。

[admin@MikroTik] > export verbose
# may/03/2013 03:53:53 by RouterOS 6.0rc14
# software id =
#
/interface ethernetset 0 arp=enabled auto-negotiation=yes disabled=no full-duplex=yes l2mtu=1590 \
  mac-address=xx:xx:xx:xx:xx:xx mtu=1500 name=LAN orig-mac-address=xx:xx:xx:xx:xx:xx \
  speed=100Mbps
set 1 arp=enabled auto-negotiation=yes disabled=no full-duplex=yes l2mtu=1590 \
  mac-address=xx:xx:xx:xx:xx:xx mtu=1500 name=ether1 orig-mac-address=\
  xx:xx:xx:xx:xx:xx speed=100Mbps

あとはこれをexport [verbose] file=<ファイル名>の形で、scriptとして出力し、webfigからfileのダウンロードを実行することで手元にファイルとしても置いておくことが出来ます。