2019/12/23 10:41AIX、UNIX、LinuxAnsible,debian,python

最初に

最近はPythonについて、Python 2については今後のアップデートがないため事情がない限りはPython 3を使用することが推奨されていると思います。

とはいえ、Debian 10 (Buster)についてはリリースの関係からpythonのデフォルトは2で設定されており、 python3.x系列を利用したい場合には明示的にpython3を実行する必要があります。

https://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0581

しかしながらAnsibleをDebian 10なマシンに対して実行すると以下のようなメッセージが表示されます。

2019/11/23 13:29AIX、UNIX、Linux,SoftwareAnsible,OS,アーキテクチャ,判定実行

筆者宅ではARMのシングルボードコンピュータなど含めていくつかあるのですが、管理のためにAnsibleなどを活用しています。

複数のARM SBCへAnsibleを実行する際に、x86_64やAArch64、Armhfな環境が混じるためにOSおよびアーキテクチャを判別して実行するにはどうすれば良いのかちょっと調べたことをメモしておきます。

2018/04/13 16:44AIX、UNIX、LinuxAnsible,ARM,dmi-decode,Gathering Facts,linux

最近、ansible 2.5が公開になりました。
早速、ansibleを実行してみるとエラーになりました。

2016/10/15 11:23AIX、UNIX、LinuxAnsible,random,ランダム,乱数

Screenshot_2019-04-15 How to assign a random number to a variable in ansible

AnsibleのPlaybook中で乱数を使いたい場合ってありません?
自分はconfig中に乱数を設定する必要があったため、ちょっと調べてみました。

結論から言うと「set_fact」構文を使う模様。

2015/09/11 09:32AIX、UNIX、LinuxAnsible,linux,構成管理

http://toenobu.name/blog/2013/09/08/ansible%E3%81%A7nginx%E3%82%92%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%89%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB/

localhostに対して、ansible-playbookを実行するには、以下のパラメータを付与しておくとよい。

-K, --ask-sudo-pass
Prompt for the password to use with --sudo, if any
-c CONNECTION, --connection=CONNECTION
Connection type to use. Possible options are paramiko (SSH), ssh, and local.  local is
mostly useful for crontab or kickstarts.

以下の様な感じ。

$ ansible-playbook nsd4.yml --connection=local --ask-sudo-pass