Ubuntushutter, ubuntu, キャプチャ

過去の記事

以前に上記などの記事でshutterを最近のバージョンのUbuntuではインストールする手段がないようなことを書いていましたが、どうやら有志がレポジトリで維持しており、そちらからインストールすることが可能でした。

AIX、UNIX、Linux, ARMAlpine, DHCP, DHCPv4, dhcpv6, isc, Kea, log4cplus

以前、ISC Keaのbuildに関して以下のような記事を書いていました。

2019年12月24日にLog4cplusの2.0.5がリリースされているのを確認したので、改めてbuildしてみたところ少し改善するだけで正常に起動できることを確認しました。

AIX、UNIX、LinuxAnsible, debian, python

最初に

最近はPythonについて、Python 2については今後のアップデートがないため事情がない限りはPython 3を使用することが推奨されていると思います。

とはいえ、Debian 10 (Buster)についてはリリースの関係からpythonのデフォルトは2で設定されており、 python3.x系列を利用したい場合には明示的にpython3を実行する必要があります。

https://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0581

しかしながらAnsibleをDebian 10なマシンに対して実行すると以下のようなメッセージが表示されます。

PLAY [all] *******************************************************************************************************************
 
TASK [apt install packages] **************************************************************************************************
 [WARNING]: Platform linux on host xxx.xxx.xxx.xx2 is using the discovered Python interpreter at /usr/bin/python, but future  
installation of another Python interpreter could change this. See 
https://docs.ansible.com/ansible/2.8/reference_appendices/interpreter_discovery.html for more information.                    
    
ok: [xxx.xxx.xxx.xx2]
 [WARNING]: Platform linux on host xxx.xxx.xxx.xx1 is using the discovered Python interpreter at /usr/bin/python, but future  
installation of another Python interpreter could change this. See
https://docs.ansible.com/ansible/2.8/reference_appendices/interpreter_discovery.html for more information.                    
 
ok: [xxx.xxx.xxx.xx1]   

というわけで実行するPythonのバージョンを指定する方法をメモしておこうと思います。

AIX、UNIX、Linuxlinux, UAS, USBドライバ

はじめに

以下のようにメッセージが断続的に出力されていることを確認。

[27701.321203] usb 5-1: reset SuperSpeed Gen 1 USB device number 2 using xhci-hcd
[27864.400538] usb 5-1: reset SuperSpeed Gen 1 USB device number 2 using xhci-hcd
[28129.350272] usb 5-1: reset SuperSpeed Gen 1 USB device number 2 using xhci-hcd
[28604.688703] usb 5-1: reset SuperSpeed Gen 1 USB device number 2 using xhci-hcd

調べてみると、Raspberry Piなどでも問題が発生する場合があるらしく、Webなどを確認する限りではUSBとして接続されるコントローラーによっては発生する問題のようです。

2019-11-23 13:29:00AIX、UNIX、Linux, SoftwareAnsible, OS, アーキテクチャ, 判定実行

筆者宅ではARMのシングルボードコンピュータなど含めていくつかあるのですが、管理のためにAnsibleなどを活用しています。

複数のARM SBCへAnsibleを実行する際に、x86_64やAarch64、Armhfな環境が混じるためにOSおよびアーキテクチャを判別して実行するにはどうすれば良いのかちょっと調べたことをメモしておきます。

Ubuntupower, ThinkPad, TLP, tlpui, ubuntu, 省電力

以前に

かつてUbuntuで省電力設定を行うために「TLP」というツールの紹介をしました。

ただし、このTLP省電力設定を粉うために、多くの設定項目があり、かつconfファイルを直接編集しないといけないため結構手間がかかるのが問題でした。

が、最近改めてUbuntuの環境設定を行っていたところ、TLPにUIから設定を行えるようになるTLPUIというPythonベースのUIが用意されるようになっていたので試してみることにしました。