[Microsoft][セキュリティ][自分用メモ]2020年7月のセキュリティ更新プログラム (月例)

Microsoft、Windows,SecurityMicrosoft,SIGRed,Windows,Windows Update,アドバイザリ,セキュリティ情報

Microsoft定例のWindows Updateの日が来ていました。今更ですが6月分について記事にできていませんでしたね。

主な注意点

  • 2020 年 7 月の定例リリースにて、早急に対応が必要な Windows DNS Server に関する脆弱性情報 CVE-2020-1350 を公開し、本脆弱性に対応するためのセキュリティ更新プログラムをリリースしています。詳細は脆弱性情報 CVE-2020-1350 ならびにサポート技術情報 4569509関連ブログをご参照ください。
  • 毎月、セキュリティ更新プログラムを適用する前には、必ず最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) を適用しておく必要があります。特に、2020 年 7 月の定例リリースにてリリースした Windows OS 向けのセキュリティ更新プログラムに含まれる、脆弱性情報 CVE-2020-1346 に対応する修正を正しく反映するためには、最新の SSU を適用する必要があります。最新の SSU はアドバイザリ ADV990001 にて確認することができます。
  • 2020 年 7 月の定例リリースに公開した Windows 向けのセキュリティ更新プログラムを適用すると、Hyper-V の脆弱性に対応するために、RemoteFX vGPU の機能が無効となります。詳細はサポート技術情報 4570006 をご参照ください。
  • 2020 年 7 月の定例リリースに公開した SharePoint の PerformancePoint サービス向けのセキュリティ更新プログラムを適用すると、CVE-2020-1439 の脆弱性に対応するために、信頼できるデータソースの場所ならびに信頼できるコンテンツの場所の既定値が変更されます。詳細はサポート技術情報 4571413 をご参照ください。
  • 2020 年 6 月の定例リリースに公開した Windows 向けのセキュリティ更新プログラムを適用後に確認されていた印刷の問題を解決する修正が公開されており、7 月の累積的なセキュリティ更新プログラムならびにマンスリーロールアップにも含まれています。

2020 年 7 月のセキュリティ更新プログラム

製品ファミリ最大深刻度最も大きな影響関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ
Windows 10 v2004、v1909、v1903、v1809、v1803、v1709緊急リモートでコードが実行されるWindows 10 v2004: 4565503 Windows 10 v1903 および Windows 10 v1909: 4565483 Windows 10 v1809: 4558998 Windows 10 v1803: 4565489 Windows 10 v1709: 4565508
Windows Server 2019、Windows Server 2016、Server Core インストール (2019、2016、v2004、v1909、v1903)緊急リモートでコードが実行されるWindows Server 2019: 4558998 Windows Server 2016: 4565511 Windows Server v2004: 4565503 Windows Server v1903 および Windows Server v1909: 4565483
Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012緊急リモートでコードが実行されるWindows 8.1 および Windows Server 2012 R2 マンスリー ロールアップ: 4565541 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 セキュリティのみ: 4565540 Windows Server 2012 マンスリー ロールアップ: 4565537 Windows Server 2012 セキュリティのみ: 4565535
Internet Explorer緊急リモートでコードが実行されるInternet Explorer の累積的な更新プログラム: 4565479
Microsoft Office 関連のソフトウェア緊急リモートでコードが実行されるMicrosoft Office 関連のソフトウェアに関連するサポート技術情報: 4484357448436344843814484382448443344844384484441448444644844504484451448445644844584484463
Microsoft SharePoint 関連のソフトウェア緊急リモートでコードが実行されるMicrosoft SharePoint 関連のソフトウェアに関連するサポート技術情報: 4484348448435344843704484374448441144844364484440448444344844484484451448445244844534484460
Microsoft Lync Server および Skype for Business 緊急特権の昇格Microsoft Lync Server および Skype for Business に関連するサポート技術情報: 457133245713334571334
Microsoft .NET 関連のソフトウェア緊急リモートでコードが実行されるMicrosoft .NET 関連のソフトウェアに関連するサポート技術情報: 456548945655084565511456551345656274565628456563045656314565633456646645664674566468456646945665164566517456651845665194566520
Microsoft Visual Studio 関連のソフトウェア緊急リモートでコードが実行されるVisual Studio のセキュリティ更新プログラムの詳細については、https://portal.msrc.microsoft.com/ja-jp/security-guidance を参照してください。 Visual Studio の更新プログラムの詳細については、https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio を参照してください。
Azure DevOps Server、Team Foundation Server重要なりすましAzure DevOps Server のセキュリティ更新プログラムの詳細については、https://portal.msrc.microsoft.com/ja-jp/security-guidance を参照してください。 Azure DevOps の更新プログラムの詳細については、https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/devops を参照してください。

既存の脆弱性情報とセキュリティ アドバイザリの更新

2020 年の Microsoft Edge (Chromium-based) のセキュリティ情報は、アドバイザリ ADV200002 にて

次回のセキュリティ更新プログラムのリリース

次回は8 月 12 日 (日本時間) の予定(日本時間)

参考情報

その他

SIGRedと呼ばれる脆弱性

Windows Server 2003時代から実は存在していたという脆弱性が見つかっています。

 米Microsoftは7月14日(現地時間)、「Windows Server」のDNSサーバー機能にリモートコード実行(RCE)の脆弱性が存在することを明らかにした(CVE-2020-1350)。同日付けでリリースされた月例のセキュリティ更新プログラムで対処されている。 

 本脆弱性を報告したのは、イスラエルのセキュリティベンダーCheck Pointの研究チーム。19年間も見つからずにいた圧縮・解凍ソフト「WinRAR」のゼロデイ脆弱性を発見したことで知られるが、今回報告されたMicrosoftによるDNS実装の脆弱性も、17年前の「Windows Server 2003」から存在したものであるという。Check Pointのセキュリティチームは、この脆弱性を“SIGRed”と呼称している。

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1265438.html

パッチが何らかの事情ですぐに適用できない場合は、レジストリの編集を伴う回避策が案内されています。

この記事を書いた人
kometchtech

kometchtech
うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。
Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中

Buy Me A Coffee