[Microsoft][セキュリティ][自分用メモ]2019年9月のセキュリティ更新プログラム (月例)

Microsoft、Windows, Securityアドバイザリ, セキュリティ情報, セキュリティ更新, 脆弱性

注意事項

新規のセキュリティ アドバイザリ 1 件の公開、既存のセキュリティ アドバイザリ 3 件の更新、既存の脆弱性情報 5 件の更新を行いました。なお、今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」は、新規の更新はありません。

https://msrc-blog.microsoft.com/2019/09/10/201909-security-updates/

注意点

  • 2019 年 8 月の定例リリースに公開された Windows のセキュリティ更新プログラムを適用後に確認されていた、VB6/VBA/VBScript でエラーが発生する問題を解決する修正が公開されており、9月の月例セキュリティ更新プログラムにも含まれています。詳細は、弊社のサポート フォーラムをご参照ください。
  • 2019 年 8 月の定例リリースに公開された Windows のセキュリティ更新プログラムを適用後に確認されていた、IA64 または x64 の EFI ブートの Windows 7/Windows Server 2008 R2 環境において OS が正常に起動しない問題については、回避策をご案内しています。詳細は、弊社のサポート フォーラムをご参照ください。
  • UAC が有効になっているサーバー上で、Exchange 向けの更新プログラムを標準モード (管理者権限ではなく) で手動でインストールした際に、いくつかのファイルが正しく更新されず、OWA や ECP が正常に動作しない可能性があります。管理者権限で更新プログラムをインストールすることをお勧めします。詳細は、サポート技術情報 4515832 をご参照ください。
  • 2019 年 8 月の定例リリースで公開された CVE-2019-1183 は、同日に公開された CVE-2019-1194 で対応していることが確認されたため、各脆弱性情報を更新しました。これは情報のみの更新で、追加のアクションは必要ありません。

2019年9月のセキュリティ更新プログラム

製品ファミリ最大深刻度最も大きな影響関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ
Windows 10 v1903、v1809、v1803、v1709、v1703緊急リモートでコードが実行されるWindows 10 v1903: 4515384、Windows 10 v1809: 4512578、Windows 10 v1803: 4516058、Windows 10 v1709: 4516066、Windows 10 v1703: 4516068
Windows Server 2019、Windows Server 2016、Server Core インストール (2019、2016、v1903、v1803)緊急リモートでコードが実行されるWindows Server Version 1903: 4515384、Windows Server 2019: 4512578、Windows Server 2016: 4516044、Windows Server Version 1803: 4516058
Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008緊急リモートでコードが実行されるWindows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows RT 8.1 マンスリー ロールアップ: 4516067、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 セキュリティのみ: 4516064、Windows Server 2012 マンスリー ロールアップ: 4516055、Windows Server 2012 セキュリティのみ: 4516062、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 セキュリティのみ: 4516033、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 マンスリー ロールアップ: 4516065、Windows Server 2008 マンスリー ロールアップ: 4516026、Windows Server 2008 セキュリティのみ: 4516051
Internet Explorer緊急リモートでコードが実行されるInternet Explorer の累積的な更新プログラム: 4516046。Internet Explorer の更新プログラムは、上記の Windows の更新プログラム パッケージにも含まれています。
Microsoft Office 関連のソフトウェア重要リモートでコードが実行されるMicrosoft Office 関連の更新プログラムに関連するサポート記事: 447557444755664475579447560744755834464566446163144755894464548447561144755914475599 および 4515509
Microsoft SharePoint 関連のソフトウェア緊急リモートでコードが実行されるMicrosoft SharePoint Server 2019: 4475596
Microsoft SharePoint Enterprise Server 2016: 4475590
Microsoft SharePoint Foundation 2010: 4475605
Microsoft Exchange Server重要サービス拒否Microsoft Exchange Server 2016 および 2019 の更新プログラムに関するサポート記事: 4515832
.NET Framework 関連のソフトウェア重要特権の昇格.NET Framework の更新プログラムに関連するサポート記事: 45160444516070451606845146044514599451460345145984516066451605845143544514355451435645143574514601 および 4514359
.NET Core と ASP.NET Core重要特権の昇格詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。https://aka.ms/securityupdates
Visual Studio重要特権の昇格Visual Studio の更新プログラムに関するサポート記事: 4513696。また、次も参照してください。https://aka.ms/vs/16/release/latest
Team Foundation Server と Azure DevOps Server 2019緊急リモートでコードが実行される詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。https://aka.ms/securityupdates
ChakraCore緊急リモートでコードが実行されるChakraCore は Chakra のコア部分であり、HTML/CSS/JS で記述された Microsoft Edge と Windows アプリケーションを強化する高パフォーマンスの JavaScript エンジンです。詳細については、https://github.com/Microsoft/ChakraCore/wiki を参照してください。詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。https://aka.ms/securityupdates
Adobe Flash Player緊急リモートでコードが実行されるAdobe Flash Player のセキュリティ アドバイザリ: ADV190022 Adobe Flash Player のセキュリティ記事: 4516115
Rome SDK 1.4.1重要情報漏えい詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。https://aka.ms/securityupdates
Android 用の Yammer重要セキュリティ機能のバイパス詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。https://aka.ms/securityupdates

既存の脆弱性情報とセキュリティ アドバイザリの更新

次回のセキュリティ更新プログラムのリリース

10月9日 (日本時間) を予定。

個人用メモ

例のCortanaに関連したCPU消費率が急激に上がる事象に関する修正はまだ公開されていない。

追記:

VB6/VBA/VBScript でエラーが発生する問題を解決する修正が入っているみたいですね。

あと、Cortanaに関連した(SearchUI.exe)問題は、窓の杜を見ると解決したようなことが書いてありますが、該当のKBを見てもアップデートがないんですよねぇ・・・

ウイルスセキュリティZERO 1台用 4OS(最新)|Win/Mac/Android/iOS対応
ソースネクスト (2018-04-04)
売り上げランキング: 23