[自分用メモ][Ubuntu] .localはmDNS(avahi)用ということを知らなかった。

2014/11/21 10:30Microsoft、Windows,Ubuntuavahi,avahi-daemon,dnsmasq,mDNS,ubuntu

知らなかったのでメモ。

うちの自宅環境においては名前解決用に.localを使用していたのですが、何故かUbuntuな端末からは.localなURLでアクセスできないので悩んでいました。

が調べてみると先達があるようで、どうやらmDNS、Ubuntuでいうところのavahi-daemonに予約されているドメインなんですね。。。。 どおりでDNSサーバへ名前解決が行われていないと思った。

手順

ということで解決方法としては・・・

1. そもそも.localを使用しない
2. avahi-daemonサービスを停止する

sudo update-rc.d avahi-daemon stop
sudo service avahi-daemon stop

3. .local以外のものにする。

sudo /etc/avahi/avahi-daemon.conf
-#domain-name=local
+domain-name=.alocal #例えば

sudo service avahi-daemon restart

だそうです。

一番いいのは.localを使わない方法なんでしょうね。でもLAN内でのドメインは何が適当なんでしょうか?
このあたりのことをご存じの方はご教示頂けると助かります。

Ubuntu nslookup works ping doesn’t | Stuart Feeser /
http://stuartfeeser.com/?p=214

2019年7月27日:追記

今さらながらの追記。

MacOSX 10.3以降を使用している環境では、.localを使用していると動作に支障が出ることが明示されています。

Microsoftのドキュメントには

ネットワーク上にOS X 10.3以降を搭載したMacintoshコンピュータを使用している場合は、.local以外の内部ドメインにAD DS名拡張子を指定する必要があります。 OS X 10.3以降を搭載したMacintoshコンピュータのランデブーサービスは、.localを使用してネットワーク上の他のコンピュータを検出します。別のAD DS名拡張子を指定せずにインストールを続行する場合は、MicrosoftのWebサイト(http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=39689)にある「Macintosh OS X 10.3以降のクライアントをWindows Small Business Server 2003ネットワークに接続する」で説明されている回避策を実行する必要があります。

https://docs.microsoft.com/en-us/previous-versions/windows/it-pro/windows-server-essentials-sbs/cc626155(v=ws.10)

ピクチャーコード様の情報によると、以下の2パターンしかなさそうです。

CAUTION

ただ、Windowsが絡むような環境(Active Directory環境も含む)が考えられる場合は、強く「正式ドメイン+サブドメイン」の形で環境構築する方が良いようです。

この記事を書いた人
kometchtech

kometchtech
うつ病を患いながら、IT業界の末席にいるおっさんエンジニア。科学計算をしたことがないのに、HPC分野にお邪魔している。興味のある分野で学習したことをblogにまとめつつ、うつ病の経過症状のメモも置いておく日々。じつはRouterboard User Group JPの中の人でもある。
Amazon欲しいものリスト / Arm板を恵んでくれる人募集中